マーシャルサウンドの出るオーバードライブ/ディストーション

オーバードライブ, ディストーションMARSHALL, マーシャル, 特集

目次

マーシャル系ペダル

ロック創世記から多くのギタリストに愛されてきたマーシャルアンプサウンドの出るオーバードライブ/ディストーションを一挙紹介。

マーシャルと言ってもそのサウンドは様々で、JTM/1962をはじめプレキシサウンドと呼ばれる初期の名機から、ジミー・ペイジやヴァン・ヘイレンでおなじみの1959/1987、ハイゲインサウンドの名機JCM/DSLシリーズなど様々です。まずはマーシャルサウンドを語る上で欠かせないアンプの種類/用語から見てみましょう。

✔こちらで紹介しているエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、Youtube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。

マーシャル系ペダル特集


✅マーシャルアンプの種類/用語集

マーシャル系エフェクターの前にマーシャルアンプについて少し勉強してみましょう。

JTM45

マーシャル初のアンプJTM45。Fenderの人気アンプBassmanをもとに開発。ピート・タウンゼントやリッチー・ブラックモア、エリック・クラプトン等も愛用した伝説のアンプ。

1962

マーシャルのコンボアンプ1962。JTM45のヘッドと4×12のキャビネットを使用していたエリック・クラプトンが2×12のコンボで制作を依頼したのがはじまり。

Plexi/プレキシ

Plexiとはシルバーのコントロールパネルの表面に、黄色いプレキシグラス(アクリル樹脂)が貼られていた60年代までのマーシャル・アンプの総称。この時期のマーシャルアンプは特に音が良かったことから70年代以降のマーシャルと区別するためにプレキシ・マーシャルと呼ばれています。特にエリック・ジョンソンはプレキシ・マーシャルの大ファンです。

1959/1987

ロックなアンプの代表機種1959(100w)。70s~80s前半のハード・ロック/ヘヴィー・メタルにはほぼこのアンプが使われていたと言っても良いでしょう。1987は1959の50w仕様。

ブラウンサウンド

70年代後期~80年代初期のエディー・ヴァン・ヘイレン・サウンドの総称。1959の電圧を定格の117vではなく89vに下げてドライブさせていたとか。

JCM800

80年代以降のハード・ロック/ヘヴィー・メタル系ギタリストのほとんどが愛用していたアンプで1959や1987に比べ歪みを得やすくストレートなロックサウンドが特徴。


✅MARSHALL ( マーシャル )

BB-2 THE BLUESBREAKER II

BB-2 THE BLUESBREAKER II

ブルースブレイカーIIは、クリーンブーストとウォームドライブ、2つのモードを搭載。ブルース・ブレイカーの名の通り、ブルージィなオールドマーシャル・サウンドをシミュレート。

✍メモ:
JTM45、プレキシ系のヴィンテージ・マーシャル・サウンド。ゲインブースターとしても優秀です。

🖥ショップでチェック📲

➡ BB-2 THE BLUESBREAKER II 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MARSHALL BB-2 (動画)


GV-2 THE GUVNOR PLUS

GV-2 THE GUVNOR PLUS

ガバナープラスは、オリジナル・ガバナーに強力になったゲインコントロールと、図太いサウンドを生み出すディープ・コントロールを装備。

✍メモ:
BB-2に比べハイゲインで80年代以降のロックなサウンドにおすすめ。

🖥ショップでチェック📲

➡ GV-2 THE GUVNOR PLUS 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MARSHALL GV-2 (動画)


JH-1 THE JACKHAMMER

JH-1 THE JACKHAMMER

マーシャルJCM800のようなクランチと、JCM2000のようなハイゲインディストーションの2モードを搭載。ミッドレンジに劇的に変化を与えるコンツアーコントロールを装備。

🖥ショップでチェック📲

➡ JH-1 THE JACKHAMMER 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MARSHALL JH-1 (動画)
MARSHALLの歪みエフェクター一覧


✅Animals Pedal ( アニマルズペダル )

Major Overdrive

Major Overdrive

Major Overdriveは、プレキシ・マーシャルアンプ・サウンドとヴァン・ヘイレンでおなじみのブラウンサウンドのエッセンスを持ち合せたオーバードライブペダル。

✍メモ:
荒々しくも柔らかなVHサウンドが素晴らしい。

🖥ショップでチェック📲

Major Overdrive 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Animals Pedal Major Overdrive (動画)


✅BOSS ( ボス )

ST-2 ( Power Stack パワースタック )

ST-2

ビンテージのスタック・アンプ特有のサウンドと、幅の広いドライブサウンドをシミュレート。スタックならではの箱鳴り感と低域を創出します。

色々な歪みペダルとの組み合わせも試したいところです。

🖥ショップでチェック📲

ST-2 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – BOSS ST-2 (動画)
BOSSの歪みエフェクター一覧


✅BOGNER ( ボグナー )

Ecstasy Blue

Ecstasy Blue

EcstacyアンプのBlueチャンネルが究極のPlexiトーンを備えていることはギタープレイヤーなら誰もが知っていることですが、セッティング次第でBlueはよりハードなサウンドを放つこともできます。

Bognerアンプの設計者、ラインホルドは、Ecstacy Blueペダルをデザインする際にオペアンプやダイオードクリッピングは使わず、4つのディスクリート・クラスAゲインステージを使用して、Ecstacyアンプのブルーチャンネルを完璧に再現しました。

トゥルーバイパス

小さくなったEcstasy Blue Miniも発売。

EcstacyアンプのRedチャンネル(ハイゲインチャンネル)を再現したEcstasy Redも好評です。

🖥ショップでチェック📲

Ecstasy Blue 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – BOGNER Ecstasy Blue (動画)


La Grange

La Grange はマーシャル・プレキシ・アンプのトーンを再現する ように設計されたオーバードライブ/ディストーション。

60年代や70年代のクランチサウンドから80年代と90 年代のホットなサウンドまで有名なロックサウンドを提供します。

67~69年の4インプットプレキシアンプの2つのチャンネルを再現するCH.BLEND(チャンネルブレンド/チャンネルリンク機能) 搭載。

* 左に回し切ると100%ブライトチャンネル “T”、右に回し切ると100%ノーマルチャンネル “B”になり、センターポジションは2つのチャンネルが “50/50”ミックスされたサウンドになります。

エクスプレッションペダルを接続すればゲインのレベルを変化させることが可能です。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – BOGNER La Grange (動画)
BOGNERの歪みエフェクター一覧


✅CARL MARTIN ( カールマーチン )

PLEXITONE

PLEXITONE
PLEXITONE
PLEXITONE
PLEXITONE

Plexi Tone / プレキシトーンは、プレキシの名の通り、初期のマーシャルアンプのトーンを再現したペダル。2ch+20dBのゲインブーストを装備(上)。

その他、プレキシトーンの"High Gain"チャンネルを抜き出し、シングルチャンネル仕様にした PLEXITONE SINGLE CHANNEL 、ローゲインチャンネルを抜き出したPLEXITONE SINGLE CHANNEL / LO-GAINもラインナップ。

PLEXITONEを元に開発されたグレッグ・ハウ・シグネチャーGREG HOWE’S LICK BOXも好評です。GREG HOWE’S LICK BOXは、2つのオーバードライブを切り替えて使うのではなく、独立したオン/オフが可能になってます。

🖥ショップでチェック📲

➡ PLEXITONE【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – CARL MARTIN PLEXITONE (動画)
CARL MARTINの歪みエフェクター一覧


✅CATALINBREAD ( カタリンブレッド )

New Dirty Little Secret

内部DIPスイッチによりスーパーリードモードスーパーベースモードの切り替え可能なマーシャル系ペダルNew Dirty Little Secret。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Catalinbread New Dirty Little Secret (動画)


✅FLYING TEAPOT ( フライングティーポット )

59 Preamp

59 pre amp は、4インプットのあの名器を意識したプリアンプペダル。オールドマーシャルでおなじみのチャンネルリンクにも対応。

コントロール
MASTER、LOUDNESS1、LOUDNESS2、TREBLE、MIDDLE、BASS

チャンネル1はTREBLE強めの歪み、チャンネル2は低音域が強めの歪みをカバー。チャンネルリンク時はこの2つのゲイン(LOUDNESS)を調整して音域のバランスを作ります。その上で3BAND EQで微調整を行うようなイメージです。

JCとの相性も良く、普通にJCのinputに繋いでも、リターンに繋いで本格的なプリアンプのように使うことも出来ます。(リターンに繋ぐ使い方は、アンプのリターンの入力レベルにも依りますのでご了承ください)

*フットスイッチはありません。常にONで使うようなプリアンプです。もしON-OFFを行う場合はスイッチャーなどをご利用ください。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Flying Teapot 59 Preamp (動画)


Jubilee Preamp

Jubilee Preampは、Marshallアンプの Silver Jubilee/シルバー・ジュビリーサウンドを再現したプリアンプ・ペダル。

扱いやすいCrunchチャンネルと、ダイオードクリッピングのLeadチャンネルを搭載し、フットスイッチで切り替え可能。

*常にどちらかのチャンネルがONになりますので、バイパスする場合はスイッチャーなどをご使用ください。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Flying Teapot Jubilee Preamp (動画)
FLYING TEAPOTの歪みエフェクター一覧


✅FREE THE TONE ( フリーザトーン )

FIRE MIST [FM-1V]

プレキシ期のマーシャルサウンド再現したアンプライクなオーバードライブペダル FIRE MIST。

新開発のバッファー HTS(Holistic Tonal Solution) 回路搭載。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – FREE THE TONE FIRE MIST (動画)
FREE THE TONEの歪みエフェクター一覧


✅FRIEDMAN ( フリードマン )

BE-OD


BE-ODは、改造マーシャル系サウンドで人気のフリードマンアンプのフラッグシップモデルBE-100の極上のトーンを再現したオーバードライブ・ペダル。

ギターのボリュームに対する反応も早く、軽いオーバードライブからクランチトーン、ミッドの効いた倍音豊かなゲイントーンまで。

BE-OD DELUXEは、BE-ODのデュアル・チャンネル仕様。上段のチャンネル1はBE-ODペダルと同じ回路を採用し、下段のチャンネル2にはローゲイン回路を搭載。 そして、新たに実用的なミッドレンジコントロールが追加され、正にデラックスの名に相応しい多彩なサウンドメイクが可能になりました。

トゥルーバイパス、9v~18vまでの駆動に対応(電源アダプターのみ)

✍メモ:
ヴァン・ヘイレン以降の流れをくむマーシャル系ブラウンサウンドのオーバードライブですね👍

🖥ショップでチェック📲

BE-OD 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – FRIEDMAN BE-OD (動画)


✅J ROCKETT AUDIO DESIGNS ( ジェイ・ロケット・オーディオ・デザインズ )

Majestic

Majestic ( マジェスティック ) は70 s ロックのトーンにインスパイアされてデザインしたドライブペダルです。

59年製のレスポールをマーシャルアンプ ( JTM45 ) で鳴らしたようなサウンドが得られます。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – J Rockett Audio Designs Majestic (動画)


.45 Caliber

.45 Caliber(フォーティーファイブキャリバー)は、マーシャル 1962 / JTM 45 のサウンドを再現したモデル。

AC/DCのマルコム・ヤングやThe Whoのピート・タウンゼントのリズム・サウンドに肉薄しており、名器の再現と呼ばれるにふさわしいドライブ・サウンドを実現しています。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – J Rockett Audio Designs 45 Caliber (動画)


ANIMAL

ANIMALは1968 “Plexi“のトーンを再現したオーバードライブペダルです 。

ミッドレンジのバイト感やピッキングニュアンス、ギター本体のボリュームコントロールに極めて良く反応します。クラシックロックやロックンロールに最適で、シンプルな操作感で素晴らしいドライブサウンドが得られるでしょう。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – J Rockett Audio Designs ANIMAL (動画)
J ROCKETT AUDIO DESIGNSの歪みエフェクター一覧


✅JHS Pedals ( JHSペダル )

Charlie Brown


マーシャルJTM45サウンドのJHS Charlie Brown。

太くて艷やかで色気が合って、JHSペダルのラインナップ中では一番好みかもしれません。

1960年代~1970年代のクラシックロック・サウンド。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS Charlie Brown (動画)


Angry Charlie

JCM800のアンプライクなサウンド/トーンを求めるユーザーにオススメのAngry Charlie。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS Pedals Angry Charlie (動画)
JHS Pedalsの歪みエフェクター一覧


✅MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )

LOUD’N PROUD

ヴィンテージの4インプット仕様のマーシャルを再現したペダル。

ペダルの内部構造はアンプ回路を精巧にシミュレートしておりプリアンプ部分に限らず、位相反転やプッシュプル、そして出力トランスまでを含むパワーアンプ部分が生み出すサウンドも再現しています。

Loud’n Proudは、ヴィンテージのマーシャルのような程よい量のゲインに、最大13dBのブースト機能ファズ機能を追加しピンスイッチでセレクトできるようになっています。

さらに、Loud’n Proudには2種類の音色/キャラクターを切り替えるスイッチを搭載。

左側ではタイトな低音とわずかにコンプ感のあるサウンド、右側では広がりのある低音とダイナミクスレンジの広いサウンドを得ることができます。

🖥ショップでチェック📲

➡ LOUD N PROUD 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – LOUD’N PROUD (動画)


1

70年代後期~80年代初期にかけて、世界中に衝撃を与えたエディー・ヴァン・ヘイレンの“ブラウンサウンド”をクリーンアンプで作るためのディストーション

Brownコントロールノブで歪みの強さと共にディストーションの倍音成分の強さを調整、さらにPresenceコントロールノブを組み合わせることで、様々なピックアップやアンプでも“あの音”を作り出します。

リバーブも回路も搭載し、内部トリムポットで リバーブのディケイタイム(Time)、 リバーブの暖かさ、音色の明るさ(Tone)を調整可能です。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Mad Professor 1 (動画)
MAD PROFESSORの歪みエフェクター一覧


✅Manlay Sound ( マンライサウンド )

The Sound

1968年当時のMarshall Plexi系アンプをフルアップした時のあの往年のロックサウンドが、FETトランジスタによるハーモニクスにより蘇る。

このThe Soundはピッキングのニュアンスをどのペダルより伝えてくれます。ピックのアタックや強弱によりサウンドは刻銘に繊細にそれを表現するのです。TS9やOCDをペダルボードから追い出してしまうほどのインパクトがこのThe Soundにはあります。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Manlay Sound The Sound (動画)


M-200

Manlay Sound M-200は、初期の3ノブタイプのMarshall Major(The Pig)のサウンドを細部まで再現。

『The Pig』の愛称で知られるMarshall Majorは200Wの個性的なアンプで、多くの伝説的ロック・ギタリストが使用した名機で、そのサウンドはどの時期のマーシャルと比較しても異なる、独自のサウンドを持っていました。

✍メモ:
Marshall Majorといえばリッチー・ブラックモア。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Manlay Sound M-200 (動画)
Manlay Soundの歪みエフェクター一覧


✅MXR

EVH5150 OVERDRIVE

EVH5150 Overdrive

初期のブラウンサウンドから近年のEVHサウンドまでを再現する、EVHシグネチャー・オーバードライブ。

3バンドEQに、ブーストSW、ノイズゲート搭載。トゥルーバイパス。

🖥ショップでチェック📲

➡ EVH5150 Overdrive 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EVH5150 OVERDRIVE (動画)
MXRの歪みエフェクター一覧


✅One Control ( ワンコントロール )

Purple Plexifier

Purple Plexifier

ヴィンテージ・プレキシ・サウンドを作るオーバードライブ/ディストーションペダル。シンプルな3ノブとサイドにはMidrangeトリムポットを搭載。

ブリティッシュなクリーン、ブルージーなクランチ、伸びやかなオーバードライブ、HR/HMなハイゲインまで、どんなゲインセッティングでもその音色を好みに合わせてバランスさせることが可能です。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ Purple Plexifier 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Purple Plexifier (動画)
One Controlの歪みエフェクター一覧


✅RADIAL ( ラジアル )

TONEBONE PLEXITUBE

12AX7A真空管のウォームなサウンドとマルチステージ・ソリッドステート回路によるサチュレーションを特長とする2チャンネル真空管ディストーション。

本体にあるパッシブ・トーンコントロールとの組み合わせにより、1台のペダルで4世代ものMarshallトーンを実現します。

リードチャンネルにはディレイ等を追加するためのエフェクトループを搭載。

🖥ショップでチェック📲

Youtube 動画 YouTube – RADIAL TONEBONE PLEXITUBE (動画)
RADIALの歪みエフェクター一覧


✅ROCKBOX ( ロックボックス )

Brown Sugar

マスターボリュームのない時代のアンプ(Marshall 1959?)をドライブさせた、伝説のVHライクなブラウンサウンドを再現。

コントロールはLevel、Drive、Tone、Contour。

ザクザクとハードロックなリフを刻める Rockbox Brown Sugar

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ROCKBOX Brown Sugar (動画)
ROCKBOXの歪みエフェクター一覧


✅SHINOS ( シノズ )

NAUGHTY BRAIN

2006年に発足した国産ハイエンドアンプメーカー、 SHINOS のマーシャル系ペダルNAUGHTY BRAIN。

トグルスイッチによりTIGHT とDEEPを選択可能。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – SHINOS NAUGHTY BRAIN (動画)
SHINOSの歪みエフェクター一覧


✅TECH21 ( テック21 )

Hot-Rod Plexi

Hot-Rod Plexi

ホットロッドプレキシは、"Plexi“と呼ばれたヴィンテージ・マーシャルのサウンドをイメージしたペダル。STOCKモードはヴィンテージのPLEXIサウンド、HOTモードは、ゲイン回路に12AX7(真空管)を1段を追加したホットな歪みを再現。

🖥ショップでチェック📲

➡ Hot-Rod Plexi 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Hot-Rod Plexi (動画)
TECH21の歪みエフェクター一覧


✅TONE CITY ( トーンシティ )

Golden Plexi

Golden Plexi

Carl Martin Plexi ToneタイプのGolden Plexiは、この小さな筐体でクラシックプレキシスタイルのトーンを簡単に作ることができます。ダイナミクスは本物のチューブアンプに限りなく近く、サウンドに濁りはありません。通常のディストーションペダルと異なり、ローゲインなセッティングの際でも、とてもクリアで抜けの良いサウンドです。低ノイズとワイドなレンジの確保のためにポンプチャージを搭載しています。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ Golden Plexi 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TONE CITY Golden Plexi (動画)


MODEL M

MODEL M

ブリティッシュスタックアンプタイプのディストーション/プリアンプ。幅広いダイナミクスを持ちアンプのような使用感が楽しめます。

CRUNCH、HIGH GAINと2種のアンプタイプが切替可能。

STRATはでディストーションのON/OFF、BOOSTはブーストツマミで調整したブーストのON/OFFスイッチ。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ MODEL M 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TONE CITY MODEL M (動画)
TONE CITYの歪みエフェクター一覧


✅VEMURAM ( ベムラム )

Karen

70年代中期~80年代初期のMarshallサウンドを追求したドライブペダル。ボディサイドのトリマーで歪みの深さを調整可能です。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Vemuram Karen (動画)


Rage e

ブリティッシュ系スタック・アンプのサウンドを基調としつつ、リッチな倍音を含んだ立体感のあるドライブ・サウンドを実現。ブーストスイッチにより、更なるゲインアップも可能。

ボディサイドのトリマーで歪みの深さを調整可能です。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Vemuram Rage e (動画)
VEMURAMの歪みエフェクター一覧


✅WAMPLER PEDALS ( ワンプラー・ペダル )

Plexi Drive

Plexi-Driveとは、1960年代中期に製造された名器、JTMシリーズのサウンドを再現したペダル(パネルにプレキシグラス (アクリル) を用いたためPlexi Marshallと呼ばれる。

*ジミ・ヘンドリックスやクリーム、AC/DCなどのサウンドはプレキシマーシャルの代表的サウンド。

“Bass Boost"ミニスイッチの搭載により、フェンダーやヴォックスのコンボ・アンプのようなクリーンで明るいトーンから、ヴィンテージ・マーシャルやメサ・ブギーのような太く哀愁を帯びたトーンまで、極めて広い幅の音創りを実現しています。

音響特性とレスポンスに優れたフィルムコンデンサーと抵抗を使用。トゥルーバイパス。

🖥ショップでチェック📲

Plexi Drive【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – WAMPLER PEDALS Plexi Drive (動画)


Plexi Drive Deluxe

Plexi-Drive Deluxe は、スタンダードなPlexi-Drive (プレキシ・ドライブ) をサイズアップし、Plexi Marshallのサウンドを忠実に再現し、さらなる有用性とフレキシビリティを広げるための様々な機能を追加。

主な仕様;
・高品質フィルムキャパシタ&レジスタがもたらす、ハイグレードなサウンドと秀逸なレスポンス。
・完全トゥルーバイパス仕様。
・オールド・マーシャル・サウンドを再現するために最適化された3バンドアクティブEQ。
・視認性の高い高輝度LEDインジケーター。
・“Bass Boost”と“Bright Boost”スイッチにより、幅広いスタイルと音楽性に対応。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – WAMPLER Plexi Drive Deluxe (動画)


Pantheon Overdrive

Pantheon Overdrive /パンテオン・オーバードライブは、Marshall  Bluesbreaker ペダルにインスパイアされ設計されたオーバードライブ。

ハードクリップ、ソフトクリップ、ミックスの選択可能なGain Levelスイッチと、3ポジションのOver Drive Voiceスイッチの2つのミニスイッチを搭載。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Wampler Pantheon Overdrive (動画)


Pinnacle Standard

1978~80年代にEVHが作り出した"ブラウンサウンド“を徹底追及したペダルです。

マイルドなオーバードライブから超ハイゲインディストーションまで自在に使いこなす、彼のサウンドメイクを再現するため、強力なミドルコンターコントロールにより、最も納得のいく「ブラウンサウンド」を作ることが可能です。

わざわざスタックタイプのマーシャルアンプや5150を用いずともあのサウンドを手に入れられる、究極のEVHデバイスです。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – WAMPLER Pinnacle Standard (動画)
WAMPLER PEDALSの歪みエフェクター一覧


✅XOTIC ( エキゾティック )

SL DRIVE

SL Drive

SL Driveは、どのようなアンプに繋いでもアンプライクで自然なレスポンスを持つぺダルです。内蔵ディップスイッチで、ハイゲインでブライトなSuper Lead、太くウォームなSuper Bass、さらにその他2つのトーン・キャラクターが選択可能。

トゥルー・バイパス

✍メモ:
トランジスターアンプではなくチューブアンプと組み合わせて使いたい👍

🖥ショップでチェック📲

➡ SL Drive 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Xotic SL Drive (動画)
XOTICの歪みエフェクター一覧


✅Z VEX ( ジーベックス )

BOX OF ROCK

BOX OF ROCK

クラシックのマーシャルJTM45(マスター・ボリューム無しのアンプ)をフルテンにしたサウンドを基本に設計。

ギターのボリューム・コントロールでディストーションの量を調節でき、ドライブは少量の設定で非常にクリアでクリーンなサウンドを得られます。

🖥ショップでチェック📲

➡ BOX OF ROCK 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Z.VEX BOX OF ROCK (動画)
Z VEXの歪みエフェクター一覧


特集

サウンドハウス