チューブスクリーマー TS系オーバードライブ

2019年9月17日オーバードライブIBANEZ, MAXON, チューブスクリーマー, 特集

歪ませて良しブーストして良しのオーバードライブ界最強の人気ペダル、チューブスクリーマー/TS系オーバードライブのおすすめモデルをオリジナルからクローンまで一挙紹介。

TS系と称されるそのオーバードライブは、通すだけで中域が豊かで柔らかなサウンドになる魔法のペダルです。決して良く歪むオーバードライブではないですが、ゲインブースターとしても使用できるので、組み合わせるアンプによってはブルージーなサウンドからメタルサウンドにも対応します。

本家アイバニーズのTS808やTS9のリイシューモデルから、チューブスクリーマーのオリジナルモデルMAXONのOD9、チューブスクリーマーを高級エフェクターに昇華させたFULLTONE FULLDRIVEなど、おすすめモデルを見てみましょう。

✔こちらで紹介しているエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、Youtube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。

チューブスクリーマー TS系オーバードライブ特集


目次

チューブスクリーマーとは

1979年に発売され、世界で最も愛用されるオーバードライブが チューブスクリーマー 。スティーヴィー・レイ・ヴォーンをはじめ多くのギタリストが愛用していたことから人気に火が付き、オリジナルのTS808やTS9がリイシューされたほか、数多くのTS系クローンペダルを生み出しました。

チューブスクリーマーは特にチューブアンプとの相性は抜群で、かけっぱなしのオーバードライブとして常時ONでの使用はもちろん、ギターソロの時にのみONにするブースターとしても使えます。

 


✅チューブスクリーマーの使い方 / セッティング

チューブスクリーマーの使い方
オーバードライブとして使う場合は、まずは12時の位置から音作りをはじめてみましょう。歪みが足りない場合はDRIVE(ゲイン)を上げる訳ですが、レベルを上げすぎるとノイズの原因になりますので注意しましょう。歪みの調整はオーバードライブだけで行おうとせずに、アンプの歪みも使いながらうまく調整します(ノイズを抑えるには先にある程度オーバードライブ側で音作りをしておくのがコツです)。

チューブスクリーマーの使い方
アンプの歪みにプラスする、ゲインブースターとして使用する場合は、チューブスクリーマーのDRIVE(ゲイン)は抑えめで、レベルを上げます。この場合もレベルを上げすぎないことが重要です。

写真は3代目チューブスクリーマーTS10


▼おすすめチューブスクリーマー系ドライブペダルはこちらから。

✅IBANEZ ( アイバニーズ )

NTS NU TUBESCREAMER

NTS NU TUBESCREAMER

Ibanez Tube ScreamerとKORG Nutubeのコラボレーションで生まれた新しいチューブスクリーマー/NTS NU TUBESCREAMER。

Nutubeとは
小型で省電力、連続期待寿命30000時間の新しい真空管(12ax7などの平均寿命は5000時間と言われています)。Nutubeは従来の真空管同様のアノードグリッドフィラメント構造を持ち、完全な3極真空管として動作し、豊かな倍音を生み出します。

MIXコントロール
歪み(=オーバードライブ)とクリーンとのミックス・バランスを調節できる機能で、センター(12時の)位置で従来のTube Screamerとほぼ同じバランスとなり、左一杯(CL)でクリーンのみ、右一杯(OD)ではオーバードライブのみとすることが可能です。

IBANEZ NTS Nu Tubescreamerはチューブスクリーマー本家を超えた?

🖥ショップで比較📲

➡ NTS NU TUBESCREAMER 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – NTS NU TUBESCREAMER (動画)


Tube Screamer Mini

TUBE SCREAMER MINI

チューブスクリーマーのサウンドとデザインはそのままに、サイズダウン&低価格で登場。

オペアンプにはJRC4558を使用。 トゥルーバイパス。

アダプターのみで、電池は使えません

🖥ショップで比較📲

➡ TUBE SCREAMER MINI 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Tube Screamer Mini (動画)


TS808 Tube Screamer

TS808

70年代チューブスクリーマーのリイシュー。ミッドに寄った柔らかなサウンドは真空管アンプとの相性抜群です。

🖥ショップで比較📲

➡ TS808 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TS808 (動画)


TS9 Tube Screamer

TS9

TS808の後継機種。こちらもスティーヴィー・レイ・ヴォーンが使っていたことで有名。808より中域はややあっさり気味で扱いやすいと思います。

TS9オペアンプ交換

🖥ショップで比較📲

➡ TS9 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TS9 (動画)

関連リンク

 


✅BEHRINGER ( ベリンガー )

TO800 Vintage Tube Overdrive

TO800

リアルなヴィンテージサウンドを追求し、4558ICチップとMA150ダイオードを採用したTS系オーバードライブ。

🖥ショップで比較📲

TO800 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – BEHRINGER TO800( 動画)

関連リンク

✅BOSS ( ボス )

BD-2 Blues Driver

BD-2

スティーヴィー・レイ・ヴォーンなど、90年代の発売当時に流行っていたブルーズに焦点を当てたペダル、BD-2 ブルースドライバー。チューブスクリーマーやBOSSのSD-1スーパーオーバードライブよりもきらびやかでよく歪みます。

🖥ショップで比較📲

➡ BD-2 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – BOSS BD-2 (動画)


SD-1 Super Overdrive

SD-1

名器OD-1の後継機種BOSS SD-1スーパーオーバードライブ。OD-1にトーンを付け音作りに幅を持たせた非常に使いやすいモデルです。

チューブスクリーマー同様中域を持ち上げるオーバードライブですが、より歪みが強く元気な音が出るのでブルース系はもちろん、(アンプの歪みを生かしたゲインブースターとして)ハードロック~ヘヴィーメタル系ギタリストにも人気のあるペダルです。

チューブスクリーマーと同じようなブルージーな音作りももちろん可能で、例えばIbanez TS-9の全て12時の設定と同じような音を出すには、Level13時、Drive8時、Tone10時とやや抑え目の設定で再現可能。

モードスイッチ搭載の、SD-1W(WAZA CRAFTシリーズ)が発売されました。

エフェクターレビュー:
BOSS SD-1とIBANEZ TS9 おすすめはどっち?

🖥ショップで比較📲

➡ SD-1 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – BOSS SD-1 (動画)

関連リンク

 


✅DANELECTRO ( ダンエレクトロ )

PRIDE OF TEXAS [BP-1]

スティーヴィー・レイ・ヴォーンでおなじみのテキサス・ブルース・サウンドのオーバードライブ。

Treble、Bassの2バンドEQ搭載、トゥルーバイパス。

✍メモ:
価格もサウンドも魅力的なPride of Texas Overdriveは、SRVも愛用したチューブスクリーマー系オーバードライブ。よりキラキラ感の増したBOSSのBD-1にも似ている気がします。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – DANELECTRO PRIDE OF TEXAS (動画)

関連リンク

 


✅EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエイカーデバイセス )

Plumes

Plumes

Plumes/プルームスは3モードスイッチ搭載のTS系オーバードライブ。

Mode1:一番強い歪みが得られるモード。クリーンアンプとの使用では定番のブリティッシュアンプのようなサウンドに。
Mode2:クリーンブースター。信号はクリッピングを通らず直接オペアンプに流れます。
Mode3:非対称のシリコンダイオードを使用した歪み。TS系に最も近い歪み。

✍メモ:
チューブスクリーマーよりも芯のある上品なサウンド。アンプライクなトランスペアレント系っぽくもあります。

🖥ショップで比較📲

➡ Plumes 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER Plumes (動画)


Palisades

Palisades

Palisades/パリセイズはGain AとGain Bの2チャンネル、6種類のオペアンプの選択と5種類のトーンコントロールで最大で480種類のチューブスクリーマー系サウンドを出力

Gain A:Gain Bより少なめの歪みでオープンコード弾き等に最適です。
Gain B:Gain Aより歪みの量が多くタイトな歪みです。ミュートでリズムを刻む場合や、ギターソロ等に最適です。

Normal/Brightスイッチ:Normal時では暖かく丸みの有る音色で、Bright時では生き生きとした、高音にキレの有る音色。

Bufferスイッチ:バッファー使用時には高音がさらに伸びたタイトな音色で、不使用時には柔らか目で若干落ち着きの有る音色になります。

Bandwidthツマミ1~5:このノブでパリセイズ全体の音色を決定します。1で一番細く、歪みの量も一番低く、5で一番太く、歪みの量も最大になります。

Voiceツマミ1~6:
1. No diodes: 一番音色に色付けがなく、歪みの量も一番低い
2. LED: 軽い歪みで高い音量
3. Mosfet: 軽い歪みでリッチな倍音
4. Asymmetrical Silicon: オリジナルのTS808系
5. Symmetrical Silicon: タイトな歪み
6. Schottky Diodes: 若干ファズに近い音色

✍メモ:
デモ動画を見てもどれも素晴らしいチューブスクリーマー系サウンドなのですが、じっくりイジってみないとよく分かりません😅

🖥ショップで比較📲

➡ Palisades 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER Palisades (動画)


Dunes

Dunes/デューンズは人気のチューブスクリーマー系オーバードライブのPalisades(パリセイズ)をコンパクトにまとめたペダル。

808系の回路を元にしたシンプルな3種のGain、Tone、Volume。それらに加えて、パリセイズ同様のNormal/Brightスイッチ、クリッピングのスタイルは当社でお気に入りの3種類の以下を物をチョイス出来ます。

3モードスイッチ:
・MOSFET(タイトなクランチサウンド)
・Silicone(808 系)
・None(通常のクリーンブーストからオペアンプを利用した非常にボリュームの高いブースト)

Bandwidthは2種類(ストックで808系、ベースブーストで分厚くヘヴィー)。

✍メモ:
Palisades/パリセイズはちょっと使いこなせない感じなので私はこれで十分。いなたいTS系サウンドが素敵です。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Dunes (動画)

関連リンク

✅ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス )

East River Drive

East River Drive

チューブスクリーマーでおなじみのIC JRC4558搭載したオーバードライブペダル。サウンドを聴くとTS系オーバードライブと言ってよいでしょう。

ギター本来のトーンを大切にしたままでエッジとゲインを加えます。甘いトーンから枯れたサウンドまで、求めるサウンドをボリュームとドライブで調整でき、どんなにドライブさせてもプレイヤーがコントロールを失うことはありません。

🖥ショップで比較📲

➡ East River Drive【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX East River Drive (動画)

関連リンク

 


✅FLYING TEAPOT ( フライングティーポット )

088 OverDrive

チューブスクリーマー系オーバードライブの088 OverDrive。

ヴィンテージ系TSサウンドの(V)、高域を強調した(B)、低域を強調した(F)の3モードのスイッチを搭載。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Flying Teapot 088 OverDrive (動画)

関連リンク

 


✅FULLTONE ( フルトーン )

FULLDRIVE

FULLDRIVE

ハイエンドなTS系オーバードライブ/ゲインブースターとして評価の高いペダル フルトーン・フルドライブ。

ブーストチャンネルを省いたシンプルな FULL-DRIVE 1 、ブースターではなくDrive1、Drive2の2チャンネルになったFULL-DRIVE 2 V2も発売されました。

トゥルーバイパス。

🖥ショップで比較📲

➡ FULLDRIVE【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – FULLTONE FULLDRIVE(動画)

関連リンク

 


✅JERSEY GIRL ( ジャージーガール )

Fulltender

フルテンダーは、シングルコイルでブルースを決めるには最高の一台。6L6や6V6のチューブアンプをフルテンで鳴らした時のような音というのは決して大げさな表現ではないです。スティーヴィー・レイ・ヴォーンっぽい音で、ストラトキャスターとの相性抜群。

SRVライクなオーバードライブ JERSEY GIRL FULLTENDER

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Jersey Girl Fulltender (動画)

関連リンク

✅JHS Pedals ( JHSペダル )

The Bonsai

9種類のTS系/チューブスクリーマーサウンドが楽しめるThe Bonsai, 9-way Screamer。おすすめ。

  • OD1:
    1977年にリリースされた BOSS OD-1 をベースにしたサウンド
  • 808:
    1979年にリリースされた TS-808 をベースにしたサウンド
  • TS9:
    1982年にリリースされた TS-9 をベースにしたサウンド
  • MSL:
    TS系回路をベースによりメタル的なサウンドにしたモード
  • TS10:
    80年代後半にリリースされた TS-10 をベースに
  • XR:
    Exar(エクサー) OD-1 をベースにしたサウンド
  • TS7:
    TS-7 の Hotモード時のサウンドをベースにしています
  • K:
    Keeley モディファイの Ibanez TS-9 Mod をベースに
  • JHS:
    JHS からリリースしている Ibanez TS-9 Strong Mod モード

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS Pedals The Bonsai (動画)


Moonshine


TS系オーバードライブをもっとハイゲインにし、ブルース、ロック、カントリー、ジャズプレーヤーから、ハードコアやメタルの様なジャンルにも対応できる万能ペダル。

中央のピンスイッチを下側にすることでハイゲインサウンドに切り替わります。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS Moonshine (動画)


Ibanez TS9 Strong Mod + True Bypass

トランスペアレントなスムースで、より広いレンジを持ったチューブスクリーマーにモデファイ。

通常のクリーンブーストはもちろん、2倍のゲインを得ることが可能でありながら、ギターのボリュームを下げた時にはまさにチューブアンプのようなレスポンスで素晴らしいクリーンサウンドを生み出します。

トゥルー・バイパス

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS TS9 Strong Mod + True Bypass (動画)

関連リンク

✅JOYO ( ジョーヨー )

R-05 MAXIMUM

JOYOのRシリース R-05 MAXIMUMはコンプ感のないクリーンなトーンを持つドライブチャンネルと、独立したBOOSTコントロールノブにより、ワイルドなオーバードライブエフェクトとロングサステインが得られるブーストチャンネルのデュアルオーバードライブ。

2つのトグルスイッチは、中周波数の明るさを調整する3モードスイッチHD Clip/Flat/Smothと、MOSFETクリッパーモードとダイオードクリッパーの2モードのスイッチMos/Std。

✍メモ:
TS系オーバードライブのFullToneのFulldriveのようなペダルでしょうか?3モードスイッチはかなり遊べそう。Smothの音が好きです。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JOYO R-05 MAXIMUM (動画)

関連リンク

✅MAXON ( マクソン )

ST9Pro+ Super Tube

ST9Pro+

1980年代に生産されたST9を新回路を搭載し復活!ミッド・ブースト・コントロールはリード・ギターに最適。内部動作電圧を9V、18V選択可。トゥルーバイパス。

🖥ショップで比較📲

➡ ST9Pro+ 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – MAXSON ST9Pro+ Super Tube (動画)


OD9 Overdrive

OD9

マクソンの代表機種。ナチュラルな歪みは真空管アンプと相性ぴったり。オペアンプにJRC4558Dを採用したトゥルー・バイパス仕様。

OD9の伝統を受け継ぎながら、ブースト機能を搭載した OD9Pro+ も。

🖥ショップで比較📲

➡ OD9 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MAXSON OD9 (動画)

関連リンク

 


✅One Control ( ワンコントロール )

Persian Green Screamer

Persian Green Screamer

“TS系”回路の究極形を目指した、Persian Green Screamer。

側面のスイッチでVintage/Modernの切り替え可能。

Vintage
ミッドレンジが強く押し出される、TS-808が持つ、なんとも言えない美しい歪みを作ります。

Modern
完全なクリーンブーストも可能な“トランスペアレント”オーバードライブへと変貌を遂げます。ギターとアンプのサウンドを大きく変えること無く、そこに活を入れる。プリアンプやコンプレッサーのように使うことも出来るオーバードライブです。

18Vまでのアダプターに対応(駆動電圧を高くすると、ヘッドルームが若干広くなり、表現力も高くなります。同時にゲインは少し下がります)。

🖥ショップで比較📲

➡ Persian Green Screamer 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Persian Green Screamer (動画)

関連リンク

 


✅RADIAL ( ラジアル )

Bones Texas

TS9系ペダルのBones Texas。TS9系ヴィンテージトーンからハイゲインまで出力可能。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – RADIAL Bones Texas (動画)

関連リンク

 


✅RYRA ( ロック・ユア・リペアード・アンプ )

The 808

The 808

The808はアイバニーズの名機 チューブスクリーマー系オーバードライブエフェクター。

オリジナルの特徴を活かしつつ、音の解像度をUPさせたことによって、モダン・テイストを感じるサウンドとなっています。

JRC4558Dオペアンプ使用、トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

➡ The 808 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – RYRA The 808(動画)

関連リンク

 


✅TC ELECTRONIC ( TCエレクトロニクス )

EL MOCAMBO OVERDRIVE

EL MOCAMBO OVERDRIVE

El MocaMboは、パンチの効いたミッド・レンジとミックスに埋もれない芯の太い厚みのある音をトーンにより、テキサスブルース、ソウルフルなポップ、バラードからクラシックロックのリフまでの多様性があります。

特別なミッド・レンジの鳴りは、ブルース・ソロに理想的なサウンドを提供し、さらにハードロックでもオーバードライブされたサウンドに付け加えるリード・ブーストとしても機能します。

トゥルー・バイパス

🖥ショップで比較📲

➡ EL MOCAMBO OVERDRIVE 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EL MOCAMBO OVERDRIVE (動画)

関連リンク

 


✅T REX ( T レックス )

ALBERTA

TS系(TS-808)ペダルとして近年人気のALBERTA。ヴィンテージチューブアンプのような、ウォームなオーバードライブを再現します。2ch仕様になったALBERTA IIも。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – T REX ALBERTA (動画)


MOLLER

チューブスクリーマー系のクリーミーなサウンドとクリーンなブースターが一つに。

ブースター部の単独調整も可能なので用途は広い。VOICEスイッチをオンにすると、中低域がブーストされ、迫力のある分厚い歪みを生み出します。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – T REX MOLLER (動画)

関連リンク

 


✅TONE CITY ( トーンシティ )

Kaffir Lime

Kaffir Lime

Xotic BBタイプタイプのKaffir Limeは、プリアンプ/オーバードライブペダルです。30dbのゲインブーストが可能なスムースでコンプの効いたサウンドです。アンプのヘッドルームを損ねる事無く、クランチチャンネルでハイゲインサウンドを得る事ができます。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

➡ Kaffir Lime 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TONE CITY Kaffir Lime (動画)


KING OF BLUES

KING OF BLUES

TS系ペダルのようなミドルレンジにピークを持つENGINE A、クリーンでフラットな特性のトランスペアレント系ENGINE Bと異なるキャラクターを1台に収めたデュアル・オーバードライブ。

そのハイクオリティなサウンドは使い分け、同時使用どちらもおすすめです。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

➡ KING OF BLUES 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TONE CITY KING OF BLUES (動画)

関連リンク

 


✅VOODOO LAB ( ヴードゥーラブ )

SPARKLEDRIVE

SPARKLEDRIVE

“TS-808 Tube Screamer"の歪みを元に、ドライブサウンドと原音のミックス・コントロールを可能にしたドライブ・ペダルです。動画を見るとTS系よりは高域に寄ったサウンドのような気がします。

SPARKLE DRIVEに、新たに3つのカスタム・モードを搭載したSPARKLE DRIVE MODも。

🖥ショップで比較📲

➡ SPARKLEDRIVE 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – voodoo lab SPARKLE DRIVE (動画)

関連リンク

✅WAMPLER PEDALS ( ワンプラー・ペダル )

Clarksdale Overdrive

3バンドEQ、2モードスイッチを搭載し音作りの幅をUPさせたTS系(チューブスクリーマー)ペダル。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Wampler Clarksdale Overdrive (動画)

関連リンク

 


✅WEED ( ウィード )

TS-808 MOD

IBANEZ ( アイバニーズ ) チューブスクリーマーTS808をモデファイ。

ギターのピッキングニュアンスを素早く伝える為にインプットセクションのパーツをグレードアップし、またポイントとなる幾つかのコンデンサーをオーディオグレードに交換する事により本来の808らしさを残しながらノイズレスでファットなサウンドに仕上げました。

このペダルの最大の特徴はLEVELコントロール下に増設されたMidBoost swで、UP/ON(上)する事によりスピーカー口径の小さなアンプでもリアルに低域をブーストしドライブします。

従来の808よりゲインアップされたこのペダルはクランチセッティングしたTube Ampに素晴らしくマッチングします。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – WEED TS-808 MOD (動画)

関連リンク

 


✅XOTIC ( エキゾチック )

BB-Preamp

BB Preamp

アタック感は損なわず、チューブアンプをドライブさせたかのような適度なコンプレッション感が人気のBBプリアンプ。

クリーンからでも適度な歪みが得られるので、JC120などのアンプしかない現場でもチューブライクなサウンドに。

bass、trebleを9~11時前後でチューブスクリーマー風のサウンドに

Xotic BB PreampとAC Boosterの比較
3種のBBサウンドが出せるBBP-COMP 音付きレビュー

🖥ショップで比較📲

➡ BB Preamp 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – xotic BB-Preamp (動画)

関連リンク

 


 

特集