トランスペアレント系オーバードライブ

2019年9月17日オーバードライブTimmy, トランスペアレント, 特集

PAUL COCHRANE Timmy、ELECTRO-HARMONIX Crayonなど、アンプライクなオーバードライブとして人気のトランスペアレント系オーバードライブのおすすめモデルを一挙紹介。

トランスペアレントとは"透明な"という意味で、お気に入りのアンプサウンドに余計な色を付けずにもうひと押ししたい時などに使うと便利なエフェクターです。TS系オーバードライブも非常に優秀なオーバードライブですが、音が変わりすぎてしまうという欠点もあります。そんなときはこのトランスペアレント系オーバードライブがオススメです。

トランスペアレント系オーバードライブ特集

✔こちらで紹介しているエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、Youtube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。


▼おすすめのトランスペアレント系オーバードライブはこちらから。

✅PAUL COCHRANE ( ポールコクレーン )

トランスペアレント系オーバードライブの元祖、Timmy Overdrive

Timmy Overdrive

Timmy Overdrive

Timmy Overdriveは、ギターアンプが本来持っているトーンをスポイルすることなくブースト、オーバードライブさせることが出来るペダル。透明感のあるトランスペアレント系オーバードライブの代表機種。

クリーン/クランチ設定では艶やかに、オーバードライブさせるとブティックアンプのような上品な歪みを得ることが出来ます。

🖥ショップで比較📲

➡ Timmy Overdrive 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – PAUL COCHRANE Timmy(動画)


✅EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエイカーデバイセス )

Westwood


Westwood/ウエストウッドは原音の良さをそのまま歪みに変える、トランスペアレントなオーバードライブ。

真空管アンプの様な心地よい、原音を活かした自然な歪みから、スタックアンプを激しくプッシュする事も可能です。

強力なアクティブイコライザーを搭載しており20dBまでのカットとブーストが可能で、シングルコイルギターの余分な高音部分を抑え滑らかな音色にしたり、ハムバッカーギターの高音に広がりや空気感を与えたり、低音の濁りを取りさらに引き締める等の音作りが可能です。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Westwood (動画)

関連リンク

✅ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニクス )

Crayon

CRAYON

Crayon(クレヨン)は独立したベースとトレブルのコントロールを搭載した、周波数レンジの広い多彩なオーバードライブです。

ミッド帯域に特徴のある 数多のオーバードライブペダルと一線を画した、幅広い音作りを実現しました。粒立ちの荒いクランチサウンド~ディストーションサウンドまで、 単体での使用はもちろん、ブースターとしての使用も可能です。

絵柄の異なるものがありますが、中身は同じもののようです。

トランスペアレント系オーバードライブ ELECTRO-HARMONIX CRAYONはTS系を超えた?

🖥ショップで比較📲

➡ CRAYON 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX Crayon (動画)


HOT WAX

HOT WAX

Hot Wax は、人気の Crayon(クレヨン)と Hot Tubes(ホットチューブス) を1台にまとめたデュアル・オーバードライブ・ペダル。

各セクションを個別で使用することも、両セクションを同時に使用して2つのセクションをスタックしてHot TubesをCrayonでドライブさせることも可能です。

🖥ショップで比較📲

➡ HOT WAX 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX HOT WAX (動画)

関連リンク

✅FLYING TEAPOT ( フライングティーポット )

Omega Drive

フライングティーポットのトランスペアレント系オーバードライブ オメガドライブ。

コントロールはゲイン、ボリューム、ブライト。トグルスイッチでクリッピングのON/OFFが可能でONでスムーズな歪みを、OFFでアタックの鋭いダイナミックなサウンドが得られます。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Flying Teapot Omega Drive (動画)

関連リンク

✅JHS Pedals ( JHSペダル )

Morning Glory


アンプライクなトランスペアレントな(透明感のある)オーバードライブをお探しの方に。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JHS Morning Glory (動画)

関連リンク

✅KEELEY ( キーリー )

Super Phat Mod

Super Phat ModはJFETを使用したオールドチューブアンプの素晴らしい音色をエミュレートしたオーバードライブ。

Super Phat ModのDRIVEコントロールを上げてギターのボリュームを動かしてみれば、その追従性の良さに気づくでしょう。

Flat/Phatのモードスイッチを搭載し、Phatスイッチに切り替えれば、透明感を保ったまま低域をブーストする事ができます。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – KEELEY Super Phat Mod (動画)

関連リンク

✅MAD PROFESSOR ( マッドプロフェッサー )

Royal Blue Overdrive

Royal Blue Overdrive

Royal Blue Overdrive/ ロイヤルブルー・オーバードライブは、最高級のチューブアンプと同等のタッチセンシティビティを実現。低~中程度の歪みにおいて、Royal Blue Overdriveはピッキングの強さやギターのヴォリュームノブの調整で、音の歪み方を自由自在にコントロールできます。

🖥ショップで比較📲

➡ Royal Blue Overdrive 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Royal Blue Overdrive (動画)

関連リンク

✅One Control ( ワンコントロール )

Persian Green Screamer

Persian Green Screamer

“TS系”回路の究極形を目指した、Persian Green Screamer/ ペルシアン・グリーン・スクリーマー。

側面のスイッチでVintage/Modernの切り替え可能。

Vintage
ミッドレンジが強く押し出される、TS-808が持つ、なんとも言えない美しい歪みを作ります。

Modern
完全なクリーンブーストも可能な“トランスペアレント”オーバードライブへと変貌を遂げます。ギターとアンプのサウンドを大きく変えること無く、そこに活を入れる。プリアンプやコンプレッサーのように使うことも出来るオーバードライブです。

18Vまでのアダプターに対応(駆動電圧を高くすると、ヘッドルームが若干広くなり、表現力も高くなります。同時にゲインは少し下がります)。

🖥ショップで比較📲

➡ Persian Green Screamer 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Persian Green Screamer (動画)

関連リンク

✅SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン )

805 Overdrive

805 Overdrive

805オーバードライブは、TS808チューブスクリーマーを意識しながらも、よりワイドレンジでナチュラルなトーンと、優れた使い勝手を目指したオーバードライブです。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

➡ 805 Overdrive 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – SEYMOUR DUNCAN 805 (動画)

関連リンク

✅SHINOS ( シノズ )

The Blast

2006年に発足した国産ハイエンドアンプメーカー、 SHINOS のトランスペアレント系オーバードライブペダル The Blast。

TIGHT / DEEP スイッチによりさらに幅広い音作りを実現。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – SHINOS The Blast (動画)

関連リンク

✅TONE CITY ( トーンシティ )

KING OF BLUES

KING OF BLUES

TS系ペダルのようなミドルレンジにピークを持つENGINE A、クリーンでフラットな特性のトランスペアレント系ENGINE Bと異なるキャラクターを1台に収めたデュアル・オーバードライブ。

そのハイクオリティなサウンドは使い分け、同時使用どちらもおすすめです。

トゥルーバイパス

🖥ショップで比較📲

➡ KING OF BLUES 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TONE CITY KING OF BLUES (動画)

関連リンク

✅VEMURAM ( ベムラム )

Jan Ray

60年代のFenderアンプ(Black Face期)のアンプのつまみを全て6にした俗に言う「マジック6」のサウンドを再現したという極上のドライブペダル ジャンレイ。

Treble、Bassの他、サイドに設けられたサチュレーション・トリマーにより、歪みのハリ/レンジ感をコントロール可能。

動画を見るとクリーミーでTS系っぽいニュアンスもありますね

マイケル・ランドゥも愛用

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Vemuram Jan Ray (動画)


SHANKS ODS-1

SHANKS ODS-1 は、アメリカの超売れっ子音楽プロデューサ ー兼ギタリスト、John Shanks/ ジョンシャンクス氏とのコラボレーショ ンにより生まれたペダル。

オーバードライブとディストーションの要素を絶妙なバラ
ンスで取り入れたアンプライクなトランスペアレント系サウンド。

上部のトリマーで全体のSAT(サチュレーション)の調整をしたり、ギターのピックアップやアンプの個性に合わせた調整が可能。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Vemuram SHANKS ODS-1 (動画)

関連リンク

✅WAY HUGE ( ウェイヒュージ )

Saucy Box

Saucy Box

チューブアンプの自然なオーバードライブ・トーンを再現したSaucy Box。クリーンからオーバードライブへのゲインコントロールを、出力を変化させることなく調節できます。トーンはパッシブを採用してニュアンスを微妙にコントロールできます。

Saucy Box のゲインを高めたSaucy Box HCも。

🖥ショップで比較📲

➡ Saucy Box 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – WAY HUGE Saucy Box (動画)

関連リンク

特集