[BIG MUFF] ビッグマフ系ファズ特集

サンタナが愛したファズ~ BIG MUFF系ファズ特集!

2023年11月24日

ファズフェイスと並び称されるファズの名機 BIG MUFF(ビッグマフ)を本家ELECTRO-HARMONIXからはもちろん、コピーモデル、モディファイ系、ヴィンテージマフを再現したクローンまでを一挙紹介。

[BIG MUFF] ビッグマフ系ファズ特集


おすすめのビッグマフ系ファズはこちらから。

BIG MUFF(ビッグマフ)とは

ファズフェイスと並びファンの多いBIG MUFF /ビッグマフですが、両者は似ているようで全く違うファズと言えるでしょう。

ビッグマフはトーンコントロールが付いているというのもあるのかもしれませんが、チリチリしたハイからブーミーなローまでバランスのよいサウンドが特徴で、ともすればブーミーなサウンドになりがちなファズフェイスとはかなり違う個性を持っています。

BIG MUFF(ビッグマフ)はクリーンなアンプからでもよく歪みますので、ファズ初心者の方にもおすすめです。

以下はBIG MUFFの代表的なモデル “RAM’S HEAD”期のサウンドです。

※RAM’S HEADとは初期のエレクトロハーモニクスで使用されていたの女性の髪型のロゴが羊(Lamb)に似ていたことからそう呼ばれています。

Ram’s Headロゴ

BIG MUFF “RAM’S HEAD” 〜もう一度、ラムズヘッドの音を知る:


ELECTRO-HARMONIX

BIG MUFF

Electro-Harmonix

ファズフェイスと並び称される、ファズペダルの定番ビッグマフ。カルロス・サンタナの使用で一躍有名になりました。

BIG MUFFラインナップ

Big Muff Pi
Big Muff Pi

ジミ・ヘンドリックス、サンタナらの使用で有名なモデルのリイシュー。

オリジナルの良さはそのままにノイズを抑えることに成功。

迷ったらこれ!

Triangle Big Muff Pi
Triangle Big Muff Pi

1969年頃のトライアングル・ビッグマフと呼ばれたバージョン1のオリジナル回路をコンパクトなNanoサイズで忠実に再現。

Big Muff Pi with Tone Wicker
Big Muff Pi with Tone Wicker

Big MuffにWickerというスイッチを付け多彩なトーンバリエーションが可能になったモデル。

Wicker、TONE共にバイパス可能。

Deluxe Big Muff Pi
Deluxe Big Muff Pi

従来のBig Muffサウンドはそのままに、BASS BOOST、ATTACK、GATE(ノイズゲート)、MID BOOSTを搭載

Nano Big Muff Pi
Nano Big Muff PI

Big Muffが小さくなって登場。小さくなっても、リッチでクリーミー、サステインが豊かなサウンドは、今までのモデルと全く同じです。

Little Big Muff Pi
Little Big Muff Pi

コンパクト・サイズのBIG MUFF。

サウンドは現行US Big Muffのサウンドとロシア Big Muffの中間のような70sマフサウンド。

Green Russian Big Muff
Green Russian Big Muff

ビッグマフの中でも特に人気の高い、ロシア製Muffの回路をNanoサイズで復刻。

Sovtek Deluxe Big Muff Pi
Sovtek Deluxe Big Muff Pi

90年台初頭にロシアで製造されていた通称Civil War Big Muffのサウンドに、Deluxe Big Muffの優れたコントロールを加えたモデル。

ミッドコントロール、ノイズゲート搭載。

Op-Amp Big Muff
Op-Amp Big Muff

1970年台後半のオペアンプ仕様のビッグマフをNanoサイズで再現。

Ram’s Head Big Muff Pi
Ram’s Head Big Muff Pi

人気の1973年製のV2と呼ばれる(ラムズヘッド期の)Big Muff PiをNanoサイズで忠実にリイシュー。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – Electro Harmonix BIG MUFF (動画)

Electro Harmonix Big Muff Fuzz Demo:

Tsuneくん

BIG MUFFといえば本家のエレクトロハーモニクス。

色々あって迷うと思いますが、写真のモデルがBig Muff Piという定番のモデルです。


Animals Pedal

Rust Rod Fuzz

Animals Pedal Rust Rod Fuzz

ミッドが強く、メロウなトーンが人気の70年代前半のビッグマフ(ラムズヘッド)のトーンを再現したファズ。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Animals Pedal Rust Rod Fuzz (動画)

Animals Pedal Rust Rod Fuzz:

Tsuneくん
扱いやすそうなファズですね。

FISHING IS AS FUN AS FUZZ

Animals Pedal FISHING IS AS FUN AS FUZZ

Civil Warと呼ばれる初期のBig Muffにインスパイアされたファズペダル。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – FISHING IS AS FUN AS FUZZ (動画)

Ninevolt Pedals: FISHING IS AS FUN AS FUZZ:

Tsuneくん

チリチリした高域とぶっとい低域はまさにビッグマフサウンドです。

トーンの効きも素晴らしい!


FLYING TEAPOT

Rum and Coke

FLYING TEAPOT Rum and Coke

トーンの可変幅が広いため様々なジャンルに対応できるファズディストーション。

青文字はBig Muff ラムズヘッド前期型のサウンドをベースとしたファズで、赤文字はBig Muff ラムズヘッド後期型のサウンドをベースとしたファズとなっています。

 

詳細を見る

posted with カエレバ

 YouTube – Flying Teapot Rum and Coke (動画)

FLYING TEAPOT Rum and Coke Blue Ver.:


FREDRIC EFFECTS

Demon Fuzz

FREDRIC EFFECTS Demon Fuzz

Fredric Effects Demon Fuzzは、70年代後期のクラシックペダル、EHX Muff Fuzzのニューテイク。

素晴らしい音色のミッドゲインファズペダルで、唯一Volumeノブのみを搭載。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Fredric Effects Demon Fuzz (動画)

Fredric Effects Demon Fuzz – Baritone Guitar Demo:

Tsuneくん
ミッドローの帯域が素晴らしい!歪みの微調整はギター側のボリュームで!

Green Russian Muff

FREDRIC EFFECTS Green Russian Muff

Fredric Effects Green Russian Muffは、ロシア製のアーミーグリーンボックスに納められたビッグマフを再現したファズペダル。

この時代の回路は、その後のブラックボックスやそれ以前のアーミーグリーンやUSAモデルと異なっており、今でも特に人気のあるビッグマフです。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Fredric Effects Green Russian Muff (動画)


JHS Pedals

Muffuletta ( Distortion / Fuzz )

JHS Pedals Muffuletta ( Distortion / Fuzz )

クラシックBig Muffの5つのバージョンの回路と、新しくJHSオリジナルバージョンを加えた6モデルからなるファズペダル。

JHS
“2015年製”のJHSマフサウンド

73 Rams Head “1973~1977 V2”
David Gilmour(Pink Floyd)やErnie Isley(Eisly Brothers)、J. Mascis(Dinosaur Jr.)など多くのギタリストに愛された通称:ラムズヘッド期のサウンド。

The Triangle “1696~1970 V1”
通称:Triangle Muff期のサウンド。

The Pi “1977~1987 V3”
Frank Zappa、 Billy Corgan(Smashing Pumpkins)、 Jack White, The Edge(U2)、Beckや Pete Townsend(The Who)らが愛用したPi Muffサウンド。

The Russian “1999~2009 V8”
Dan Auerbach(Black Keys)、Chris Wolstenholme(Muse)、そしてRobin Finck(Nine Inch Nails)らの使用で有名なRussian Muffのサウンド。

The Civil War “1991~1993 V7”
Thurston Moore(Sonic Youth)やJohn Fogerty、Jeff Tweedy(Wilco)、Mike Mills and Peter Buck(REM)といったアーティストらが使用したCivil War Muffサウンド。

 

詳細を見る

イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – JHS Muffuletta (動画)

JHS Pedals Muffuletta:

Tsuneくん

ビッグマフ好きにはたまらないファズですね。

これがあればあの大きなペダルは必要ありません。


CRIMSON 1992 Russia

JHS Pedals CRIMSON 1992 Russia

1990年代のロシア製ビッグマフ“Mike Matthews Red Army Overdrive”を再現。

ゲインと中域がブーストされるModeスイッチをシャーシ側面に搭載。

 

詳細を見る

posted with カエレバ
 YouTube – JHS CRIMSON (動画)

JHS Pedals Crimson: A Russian Rarity:


KarDiaN

VITAMIN C / C6H8O6

KarDiaN VITAMIN C / C6H8O6

VITAMIN C(ビタミンC)/ C6H8O6は、人気のBig Muff系ファズですが、通常用いられる4つのトランジスタではなく、トランジスタとFETからなる5つの素子を搭載。

さらにファズペダルには珍しい2バンドEQを搭載することにより、音作りの幅も広がっています。

トゥルーバイパス

※エフェクトを通した際に生じる原音の減衰を調整/ブレンドすることができるADD CBF搭載モデルも発売されました。

KarDiaN ADD CBF

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – KarDiaN VITAMIN C (動画)

KarDian: C6H806 VITAMIN C Fuzz Distortion:

Tsuneくん
ブーミーにならずにまた、ビッグマフ系にありがちな高音域がチリチリしすぎないファズサウンドがGood!これはジャンルを選ばずに使いやすそう。

Lofi Mind Effects

BIG FOOTZ

Lofi Mind Effects BIG FOOTZ

Lofi Mind Effects BIG FOOTZは、BC239トランジスタと、NOSコンポーネントを使用し、ポイントtoポイントで構築したビッグマフ系ペダルです。

BIG FOOTZは、V2~V3期のラムズヘッドと呼ばれる時期の構造で、デザインは70年代後半のV6からインスピレーションを得ています。

※BIG FOOTZはセンターマイナスDC9Vアダプターで動作します。電池はお使いになれません。

 

詳細を見る

posted with カエレバ
 YouTube – Lofi Mind Effects BIG FOOTZ (動画)

’76 Ram’s head VS 90s Black Russian VS Big Footz Lofimind effects:

Tsuneくん
ラムズヘッドとロシアンマフとの比較です。最もヌケが良いのはBIG FOOTZですね、これは良い👍

MOOER

Triangle Buff

MOOER Triangle Buff

伝説的ファズの最初期モデルのサウンドを実現したTriangle Buff。

激しくウォームなファズトーンを再現します。

トゥルーバイパス

 

詳細を見る

posted with カエレバ
 YouTube – MOOER Triangle Buff (動画)

Electro Harmonix Triangle Big Muff Pi vs. Mooer Triangle Buff [No Talking!]:

Tsuneくん

Triangle Big Muffとの比較動画です。

このサイズで同じ音。


One Control

Baltic Blue Fuzz

Baltic Blue Fuzz

Baltic Blue Fuzz/ バルチックブルー・ファズは、ヴィンテージマフサウンドを作るペダルであると同時に、特に音が前に抜けることも重視しています。

そのため、ヴィンテージBIG MUFFと同等のゲインレンジを持ちながら、少しだけタイトでオリジナルよりも少しだけ低いゲインとなるよう調整しています。

さらにBJFはBaltic Blue Fuzzに、ヴィンテージオリジナルモデルとは比べ物にならないほど扱いやすいToneコントロールを与えました。

トゥルーバイパス

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Baltic Blue Fuzz (動画)

OneControl: Baltic Blue Fuzz:


RYRA

The Tri-Pi Muff

RYRA ( Rock Your Repaired Amp ) The Tri-Pi Muff

RYRA Tri-Pi Muffはビッグマフ系ファズエフェクター。

トゥルーバイパス

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – RYRA The Tri-Pi Muff(動画)

EPIC MUFF FUZZ TONES! RYRA TRI PI demo by Pete Thorn:

Tsuneくん
チリチリとしたオリジナルファズサウンドを再現しながらも、まとまりのある解像度の高いサウンドへとチューンナップさせています。

Wren and Cuff

Caprid

Wren and Cuff Caprid

人気の70年代のラムズヘッド期のBig MuffがWren and Cuffから。

オリジナルを再現した基板パターンから筐体のサイズまでこだわりをもって作られています。

電源スイッチも再現されていますので電池を入れたままでも大丈夫。

Wren and Cuff Capridに搭載されたON/OFFスイッチ

バイオレットと呼ばれる最初期のラムズヘッドに焦点を当て、1973年生のゴールドレッグトランジスタを含む希少なパーツを用いて制作された限定モデルCaprid Blue Violet Special Edition、Caprid Blue Violet Special EditionをさらにコンパクトにしたBlue-Violet Caprid Small Footも。

Wren and Cuff Caprid Blue Violet Special EditionWren and Cuff Blue-Violet Caprid Small Foot

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Wren and Cuff Caprid (動画)

Wren and Cuff – The Caprid:

トゥルーバイパス。


The Good One

Wren and Cuff The Good One

Wren and Cuff The Good Oneは、1972年製のヴィンテージ”トライアングルマフ”(V1、2nd Edition)のとある個体を再現したファズペダル。

The Good Oneは、その素晴らしい”トライアングルマフ”サウンドを100%再現するため、リバースエンジニアリングを行って作られました。

オリジナルユニット同様、セラミックディスクコンデンサ、コンポーネントの値、カーボンコンポジション抵抗を使用しています。

また、Wren and Cuffプレミアムラインの頑丈なスチール筐体と最高峰の品質で作られています。

 

詳細を見る

posted with カエレバ
 YouTube – Wren and Cuff The Good One (動画)

Wren and Cuff The Good One – Pedal Empire:


Tri-Pie 70

Wren and Cuff Tri-Pie 70

1969年から1970年頃のトライアングル・ビッグマフと呼ばれた時期のサウンドを再現したTri-Pie 70’。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Wren and Cuff Tri-Pie 70 (動画)

Wren and Cuff Tri Pie 70:


Caprid Small Foot

Wren and Cuff Caprid Small Foot

人気のラムズヘッド期のBig Muffのサウンドを再現。

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – Wren and Cuff Caprid Small Foot (動画)

Wren and Cuff Small Foot Caprid:

Tsuneくん
きめ細やかなマフサウンドはファズフェイスとはまた違った魅力的な音です。

Tall Font Russian

Wren and Cuff Tall Font Russian

90年代始めにロシアで製造されていたビッグマフの最初期の”トールフォント”、すなわち縦長のロゴが付けられたモデルのサウンドをジャックやパーツ類を見直し、驚異的なノイズレスと高い信頼性を実現し甦らせたモデル。

 

詳細を見る

posted with カエレバ
 YouTube – Wren and Cuff Tall Font Russian (動画)

Wren & Cuff Tall Font Russian vs Electro-Harmonix Green Russian Big Muff:

Tsuneくん
本家Electro-Harmonixとの比較動画です。