[ECHOPLEX] エコープレックス ( テープエコー )系ブースター おすすめはこれ!

2020年8月15日ブースターテープエコー,特集

Maestro Echoplex(エコープレックス)のプリアンプ部のサウンドを再現した人気のブースター、テープエコー系ブースターのおすすめを一挙紹介。

Echoplex ( エコープレックス ) 系ブースター特集


✅エコープレックスとは

Maestro Echoplex
エコープレックス / Echoplex とはテープエコーの代表機種で、テープエコー=文字通り入力された音をテープに録音し瞬時に再生することでエコー(やまびこ)効果を発生させるエフェクター。

今どきのディレイペダルと違い、モーターでテープを回転させるために、回転ムラによる音の揺れ(モジュレーション効果など)や音の濁りや劣化が発生してしまいますが、逆にそれが音の暖かみであったり、柔らかさであったりといった効果が得られるためにテープエコーのサウンドはいまだ人気があります。

Maestro Echoplex EP-3 Solid State Tape Delay:

Youtube動画https://www.youtube.com/watch?v=TKSpGmEfBj8 (動画)

暖かなとても良い音です👍

Youtube動画Maestro Echoplex その他の動画はこちら (動画)


✅テープエコーのもう一つの魅力

アナログならではのナチュラルなディレイサウンドがテープエコーの素晴らしいところですが、テープエコーにはもう一つの魅力があります。

それはブースター/プリアンプとして非常に優秀であるということ。

エコーの使用に関係なく、これらのテープエコーは繋ぐだけでギターの音がナチュラルにブーストされ、音が良くなると70年代~80年代のギタリストの一部で人気がありました。

テープエコーの愛用者には、ブライアン・メイエドワード・ヴァン・ヘイレントミー・ボーリンジミー・ペイジエリック・ジョンソンマイケル・シェンカーチャーなどがいましたが彼らはテープエコーとしての機能もさることながら、ブースター/プリアンプとしての音の良さにも注目して使用していたのかもしれません。

テープエコー系ディレイの特集はこちらから
テープエコー系ディレイ特集

▼おすすめのエコープレックス 系ブースターはこちらから。


✅おすすめのエコープレックス系ブースター

以下で紹介するのはエコー機能のないブースター/プリアンプです。

JIM DUNLOP / Echoplex Preamp

EP101 Echoplex Preamp

Echoplex Preampはそのままズバリ!Maestro(マエストロ)のエコープレックスEP-3のプリアンプ(バッファ)部分を独立させたエフェクター。

FETを使用したそのオリジナル回路レイアウトをそのまま再現し、ゲインを+11dBまでアップ。エコー機能はありません。

同じJIM DUNLOP ( ジム・ダンロップ )から発売のテープエコー部を再現した EP103 Echoplex Delay とペアで使用すればMaestro Echoplex の完成です。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – JIM DUNLOP Echoplex Preamp (動画)


XOTIC / EP BOOSTER

EP Booster

こちらも同じくMaestro Echoplexのプリアンプ部を再現したブースター。

シンプルな1ノブ仕様ながらブーストレベルは最大20dB。内部のディップスイッチでミニマムゲインの調整、ブライトスイッチのON/OFFの調整が可能です

*出荷時は+3dBのゲインON(ツマミ0でも3dbのゲインアップ)と、ブライトスイッチON。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – XOTIC EP BOOSTER (動画)


MXR / M293 Booster Mini

M293 Booster Mini

人気の JIM Dunlop Echoplex Preamp の唯一の欠点であったBoost幅+11dBを、MXRのテクノロジーにより+25dBまでアップ。

さらにトーンコントロールを追加することで幅広いジャンルに対応。

また、内部のトリムポットでEchoplex Preampサーキットのアウトプットをコントロールすることが出来ます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR M293 Booster Mini (動画)


J ROCKETT AUDIO DESIGNS / APE ( Analog Preamp Experiment )

APEは人気のヴィンテージテープエコーMaestro Echoplex(エコープレックス)EP-3のプリアンプ部のサウンドを再現したペダルで、テープ・ヘッドの アナログ・サーキットを通ったようなサウンド・キャラクターを持っています。

APEが他と違うのはエフェクトループ(センド・リターン)を搭載している点。ここにお気に入りのディレイペダル(特に原音を消す事のできるキルドライ機能を持ったディレイ)を接続する事で、テープエコーライクなエコーサウンドに変化させることが可能になります。

もちろんディレイ以外のペダルを接続することもOK。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – J Rockett Audio Designs APE (動画)


STRYMON / DECO

エコープレックスではありませんが、テープデッキの入力レベルを上げることで生まれるテープサチュレーションによるコンプレッションの効いた柔らかなサウンドを再現したブースター/ディレイ。

向かって左側のつまみがテープサチュレーションのシミュレートのコントロールとなっており、SATURATIONツマミを回すことで、クリーンなブースト効果からコンプレッションの効いたオーバードライブ・サウンドまでを出力。

向かって右側のつまみがダブルトラッカー(ディレイ)のコントロールで、テープフランジング、ダブルトラックコーラス、スラップバック、テープエコー(ショートディレイから500msのロングディレイまで)のエフェクトを調整。ステレオで出力すればその効果は倍増します。

エクスプレッション・ペダル対応。

ステレオ入出力(工場出荷時の設定ではモノラル入力設定)、

トゥルーバイパス(出荷時)、バッファードに切り替え可能

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube | STRYMON DECO (動画)


TONE CITY / All Spark

All Spark

良心的価格設定で人気のTONE CTY。ALL SPARKはXotic EP Boosterタイプのペダルです。

クラスA JFETをデザイン採用。17dbまでヴォリュームブーストが可能です。

FATスイッチと BRIGHTスイッチは良いトーンのクリエイトに役立ちます。

トゥルーバイパス

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – TONE CITY All Spark (動画)