スティーヴィー・レイ・ヴォーンの音がするオーバードライブ Jersey Girl Fulltender

2018年11月9日オーバードライブJERSEY GIRL, レビュー

6L6や6V6のチューブアンプをフルテンで鳴らした時のような音で人気のオーバードライブJersey Girl Fulltender。

フェンダーアンプをチューブスクリーマーでドライブさせたような音とでも言いましょうか。ストラトで弾くと誰でもスティーヴィー・レイ・ヴォーンになれますよ。

✔こちらで紹介しているエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、Youtube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。

Jersey Girl Fulltender


✅Fulltenderの音に惚れてしまった

Jersey Girl Fulltenderを実際に弾いてみてびっくり!😮

販売サイトの6L6や6V6のチューブアンプをフルテンで鳴らした時のような音というのは決して大げさな表現ではないです。

まずはJersey Girl Fulltenderを買うきっかけになった動画をどうぞ。

Jersey Girl Fulltender vs Okko Diablo:

Youtube動画 https://www.youtube.com/watch?v=w4gbxreegKI

当初はこの動画で比較しているOKKOのオーバードライブを購入しようと思い調べていたのですが、このJersey Girl Fulltenderの音です。

まるでYoutube動画スティーヴィー・レイ・ヴォーン(動画)の音ではないですか😍

ツマミが少ないのも良いです。ツマミが多いと、どれが正解なのか分からなくなるので😅

スティーヴィー・レイ・ヴォーンの歪みは主にフェンダーアンプ+チューブスクリーマーによるものなので、Jersey Girl Fulltenderはチューブスクリーマー系オーバードライブとも言えるでしょう。

 


✅Fulltender の使い方

フルテンダーのコントロール

FulltenderのコントロールはDRIVEとLEVELとedge、bottomの2つのスイッチ。

クリーンなアンプであってもFulltenderをONにすることで、スティーヴィー・レイ・ヴォーン ライクなスモーキーなトーンが得られます。

edge、bottomの2つのスイッチは、高域と低域を調整するスイッチで、通常のオーバードライブとして使用するにはedge、bottomを両方OFF、ローパワーなストラトキャスターやテレキャスターなどシングルコイルのギターや、口径の小さな小さなコンボアンプ使用時にはedge、bottomを両方ONにすることでふくよかでキラキラしたサウンドが得られます。

 


Fulltenderの中身を見てみましょう。非常にシンプルかつ、丁寧に配線されています。

Fulltenderの内部を見てみましょう

オペアンプは細長いクワッドタイプのLF444CNが使用されています。

クワッドタイプのオペアンプは、BOSSのオーバードライブOD1の初期モデルに使われていましたが、後にデュアルタイプと呼ばれる小さなタイプに変更されます(JRC4558Dなど)。

FulltenderのオペアンプはLF444CN


フルテンダーは、チューブスクリーマー系サウンドのペダルと言って良いと思いますが、チューブスクリーマーは時として音が細いかな??と感じるときもあるのですが、このフルテンダーは2つのスイッチにより非常にぶっとい音も出せるのでオススメです。

見かけたらぜひ一度試奏してみて下さいね。

Jersey Girl Fulltender はまさに、フル10/フルテンだぁ~👍

 


JERSEY GIRL / Fulltender はこちらから

シングルコイルでブルースを決めるには最高の一台フルテンダー。まずはDriveは控えめで、レベルを原音とおなじか、ちょっと足すくらいで使っていただくのがオススメ。お手持ちのギターアンプが化けますよ。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Jersey Girl Fulltender (動画)


関連リンク

 


特集