FRIEDMAN BE-OD

[Van Halen] ブラウンサウンドの出るオーバードライブ/ディストーション3選

EVH,MAD PROFESSOR,MXR,ROCKBOX,オーバードライブ,ディストーション,ヴァンヘイレン,歪みエフェクター図鑑

エディー・ヴァン・ヘイレン(Van Halen)が1978年のデビューから80年代初期に作り上げた"ブラウンサウンド"はロックギタリストの憧れ!そんなヴァン・ヘイレンのブラウンサウンドを出せるエフェクターを厳選。

[Van Halen] ブラウンサウンドの出るオーバードライブ/ディストーション3選


ブラウンサウンドの出るオーバードライブ3選

その1

MXR EVH5150 Overdrive

MXR EVH5150 Overdrive

EVHの名を冠する本家オーバードライブ/ディストーション。3バンドEQとブーストSW、激しい歪みにも対応するノイズゲート搭載し、初期のブラウンサウンドから近年のEVHサウンドまでを再現するEVH5150 Overdrive。

もっとミッドの効いた近年のEVHサウンドのペダルなのかと勝手に想像しておりましたが、動画を見ると、初期のマーシャルライクなEVHサウンドも出せるオーバードライブ。

それにしてもこのおじさん巧すぎる(°д°;;)

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

MXR EVH5150 Overdrive – YouTube(動画)


その2

MAD PROFESSOR 1

MAD PROFESSOR 1

ヴァン・ヘイレンの“ブラウンサウンド”をクリーンアンプから作るためのオーバードライブ/ディストーション。

リバーブ搭載(細かな調整は内部トリムポットで行います)。

完璧なブラウンサウンドですね。てか、これくらい弾けるようになりたいわ😍

MXRとMAD PROFESSORは甲乙つけがたい感じです。3バンドEQを搭載し細かな調整が可能なのはMXRですが、私などはいじりすぎて訳わからなくなりそうなのでこちらのほうがシンプルで良いかも。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ

MAD PROFESSOR 1 – YouTube(動画)


その3

FRIEDMAN BE-OD

FRIEDMAN BE-ODFRIEDMAN BE-OD Deluxe

Eddie Van HalenやSteve Stevensなどのアンプの改造、調整を手がける Dave Friedman/デイブ・フリードマンが制作する歪みエフェクターBE-OD。

BE-ODは、改造マーシャル系サウンドのBE-100アンプのサウンドを再現したオーバードライブです。

Vol、Gainに加え、Bass、Trebleの2バンドEQと、Pres、Tightというアンプライクなつまみで、どんなギターでもVHライクなブラウンサウンドを作ることが出来ます。

BE-OD DELUXEは、BE-ODのデュアル・チャンネル仕様で、上段のチャンネル1はBE-ODペダルと同じ回路を採用、下段のチャンネル2にはローゲイン回路を搭載し、新たに実用的なミッドレンジコントロールが追加され、正にデラックスの名に相応しい多彩なサウンドメイクが可能になったモデルです。

トゥルーバイパス、9v~18vまでの駆動に対応(電源アダプターのみ)。

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

FRIEDMAN BE-OD – YouTube(動画)


以上、勝手に選んだブラウンサウンドの出るオーバードライブ3選でした。

アマチュア・ギタリストは、高いアンプにこだわるよりも、適当なチューブアンプと、これらのペダルで事足りちゃうかもしれませんね。

ブラウンサウンドを堪能するならこのCD

ヴァン・ヘイレンのデビューから大ヒットアルバム1984までの6枚がこの価格で!

Van Halen The Studio Albums 1978-84

関連リンク

2019年11月17日エフェクター

Posted by Tsune