MXR

2020年2月24日オーバードライブ,ディストーション,ファズ,ブースターMXR

MXRのオーバードライブ、ディストーション、ファズ、ブースターの紹介。歪みエフェクター。ランディー・ローズも愛用したディストーション+は歴史的名器

MXR 一覧


✅MXR オーバードライブ

CSP027 TIMMY OVER DRIVE⭐

MXR TIMMY OVER DRIVE

透明なという意味のトランスペアレント系オーバードライブの代表機種 PAUL COCHRANE / Timmy OverdriveがMXRから。

トランスペアレント系オーバードライブ

クリッピングスタイルを変更できる3モードスイッチを搭載。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – MXR Timmy (動画)
トランスペアレント系オーバードライブ一覧


M294 Sugar Drive⭐

Sugar Drive

コンパクトサイズが嬉しい ケンタウルス系オーバードライブSuger Drive。クリーンブーストから真空管アンプのようなオーバードライブ・サウンドまで様々な使い方に対応します。

トゥルーバイパス/バッファードバイパス切替スイッチを側面に搭載。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Sugar Drive (動画)
ケンタウルス系オーバードライブ一覧


M250 Double-Double Overdrive

Double-Double Overdrive

コンパクトなMXRの筐体にHi/Lo 2モードのクラシックなオーバードライブを搭載。

Loローゲインはミッドが特徴のサウンドで、Hiハイゲインはハイとローをブーストしたファットなサウンドです。

Bass、Trebleの2バンド。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Double-Double Overdrive (動画)


CSP035 Shin-Juku Drive

MXRとShin’s Music鈴木氏のコラボ・モデル シンジュクドライブ。

Shin’s Musicの名機 DUMBLOID を彷彿とさせるブティックアンプのようなドライブサウンドを基に、Shin’s Music 独自の2段ゲイン・サーキットにより、ビッグでオープン、かつスピーディーな反応を実現。

DARK スイッチは、倍音とピッキングのアタック音を少しだけマイルドにするスイッチです。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Shin-Juku Drive (動画)


CSP037 RAIJIN DRIVE

MXR RAIJIN DRIVE

MXRとShin’s Music鈴木氏のコラボ・モデル第二弾!

RAIJIN DRIVE/ライジン・雷神ドライブは世界中で愛される日本製の2つの定番オーバードライブとディストーション1つの筐体に収めました。

OD/DIST 切り替えは中央のピンスイッチで行います。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR RAIJIN DRIVE (動画)


EVH5150 OVERDRIVE⭐

EVH5150 Overdrive

初期のブラウンサウンドから近年のEVHサウンドまでを再現する、EVHシグネチャー・オーバードライブ。

3バンドEQに、ブーストSW、ノイズゲート搭載。トゥルーバイパス。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EVH5150 OVERDRIVE (動画)

関連リンク

CSP036 IL Diavolo Overdrive

IL Diavolo Overdrive

MXRとイタリアのペダルデザイナーCarlo Sorasio氏とのコラボレーションモデル。ナチュラルな歪みから、唸るようなフルドライブサウンドにまで対応します。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – IL Diavolo Overdrive (動画)


CSP033 IL Torino Overdrive

IL Torino Overdrive

MXR CSP033 IL TORINO OVERDRIVE (イル・トリノ・オーバードライブ)は、 MOSFETを採用し、クラシックチューブアンプの特性を再現したオーバードライブ。

Boost、ODの2モードで、Boostではナチュラルなコンプレッションとサステイン、オーバードライブではアグレッシブなチューブディストーション・サウンドが得られます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR IL Torino Overdrive (動画)


M77 Custom Badass Modified Over Drive⭐

MXR Custom Badass Modified Over Drive

Custom Badass Modified Over Driveはクラシックなオーバードライブ回路に新たな機能を搭載。

中央のBUMPボタンでlowとLo-midを加えながらブースト、右上の”100Hz”ツマミにより100Hzの帯域(低域)をブースト&カットしバランス良く調整する事が可能になっています。

✍メモ:
ハイ上がりの枯れたサウンドが心地よいオーバードライブ。BUMPボタンを押すとミッドが足されチューブスクリーマーっぽいニュアンスも。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Custom Badass Modified Over Drive (動画)

関連リンク

M264 FET Driver

M264 FET Driver

限定発売されたJoe Bonamassa FET DRIVERがレギュラーモデル化。

FET とオペアンプによる歪みで、ナチュラルでクリーミーなチューブアンプようなトーンが得られます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR FET Driver (動画)


M193 GT-OD Overdrive

M193 GT-OD Overdrive

トラディショナルなクランチドライブからロングサステインのリードトーンまで幅広くサウンドメイキングが可能なカスタムショップ・オーバードライブ。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR GT-OD (動画)


MC402 BOOST OVERDRIVE

MC402 Boost Overdrive

ボブ・ブラッドショーのCUSTOM AUDIO ELECTRONICSとのコラボから生まれたオーバードライブ/クリーンブースター。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR MC-402 (動画)


✅MXR ディストーション

M104 DISTORTION+⭐

M104 DISTORTION+

ランディ・ローズが愛用したディストーションとして有名なDISTORTION+。激しくもカラッとした乾いたサウンドがロックに合います。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR DISTORTION PLUS (動画)


M115 Distortion III⭐

M115 Distortion III

MXR Distortion+にトーンコントロールを追加したモデル。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Distortion III (動画)


M75 Super Badass Distortion

M75 Super Badass Distortion

1970年代のヴィンテージ・オーバードライブ・サウンドから、 現代のスーパー・ハイゲイン・サウンドまで、様々な音像を造ること可能なスーパー・バダス・ディストーション。

BASS / MID / TREBLE の3トーン・アクティブEQでより緻密な音造りが可能です。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Super Badass Distortion (動画)


M78 Custom Badass 78 Distortion

M78 Custom Badass 78 Distortion

巨大アンプの爆裂サウンドと、伝統的な真空管アンプのようなディストーション・サウンドを生み出すCustom Badass ’78 Distortion/ カスタム・バダス78ディストーション。

内部にはクラシックディストーション回路を採用しつつ、音声信号を極端に高めたリッチなトーンを実現。3つのノブと、CRUNCHボタンで歪みの幅も豊かです。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Custom Badass 78 Distortion (動画)


DD11 DIME DISTORTION

DIME Distortion

PanteraのDimebag Darrellがウォームとかビンテージとかいうサウンドではなくて、とにかくヘビーでシャープでアグレッシブなディストーションが欲しい!ということで誕生したDime Distorition。

Gainと3バンドEQの搭載でで究極のディストーション・サウンドを創り上げる事が出来、さらにScoopスイッチで一瞬にソロサウンドに切り替える事が可能になっています。

電源18V:DC18V ACアダプター付属(電池での使用は出来ません)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR DIME DISTORTION (動画)


M116 Fullbore Metal

M116 Fullbore Metal

メタルのために生まれたウルトラハイゲインのディストーション ”フルボアメタル”。

3バンドEQとSCOOPスイッチでサウンドを思いのままにコントロール可能。

ノイズゲート搭載

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Fullbore Metal (動画)


✅MXR ファズ

M236 Super Badass Variac Fuzz⭐

MXR Super Badass Variac Fuzz

シリコンFUZZに回路電圧コントロール(VARIAC)を搭載。電圧は5ボルトから15ボルトまで調節可能で、これにより電圧が低下(電池が消耗)した際に得られる独特のファズサウンドや、電圧を高く設定すれば透明感のあるファズサウンドも得る事が可能です。

✍メモ:
VARIACコントーロールがポイントですね、絞るとローファイなファズサウンド、上げるとヌケの良いディストーションライクなファズサウンドが得られます。これは使えるファズですね👍

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Super Badass Variac Fuzz (動画)

関連リンク

CSP038 Brown Acid

MXR Brown Acid

1970年代のヴィンテージUKシリコン・ファズの回路を基に、よりサウンドセッティングし易く設計。

✍メモ:
ファズフェイス系ですかね。やはりトーンがあると扱いやすくなります。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Brown Acid (動画)


CSP210 Sub Machine

Sub Machine

Sub Machine/ サブマシーンはMXRファズの名機La Machineにサブオクターブを加えたファズ・ペダル。

サブオクターブはミックスレベルをコントロールでき、さらに、フットスイッチでファズをオクターブアップモードにできます。

Seriesスイッチはサブオクターブをファズと直列あるいは並列に切り替えられます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Sub Machine (動画)


M267 OCTAVIO

ジミ・ヘンドリックスでおなじみのOCTAVIOがMXRサイズで登場。OutputとFuzzのシンプルなコントロールにより直感的に音作り可能です。

シリコントランジスタ採用。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – MXR OCTAVIO (動画)


SF01 Slash Octave Fuzz

SF01 Slash Octave Fuzz

Slash/ スラッシュとMXRとの共同制作によるモデル「Slash Octave Fuzz」。

原音のオクターブ上(OCTAVE UP)が得られるヴィンテージ・ファズトーンに、独立したオクターブ下(SUB OCTAVE)を加えて強烈なサウンドが得られます。オクターブ下のみのブレンドもできます。2つのオクターブトーンは独立して調節でき、オクターブ上にはトーンコントロールが効きます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR Slash Octave Fuzz (動画)


M103 BLUE BOX

M103 Blue Box

ファズ+2オクターブ下の音を加えたエフェクター。Blendでエフェクト音のコントロールが可能のブルーボックス・ファズ。原

Led Zeppelinの “Fool in the Rain”で使用されています

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR BLUE BOX (動画)


M173 Classic 108 Fuzz

108 Fuzz
108 Fuzz

Hedrix Fuzz Faceで採用されたBC108シリコントランジスタを使用したファズ。

ワウなどとのカップリング時に発生する発振を抑える働きを持つBufferスイッチを装備

ミニサイズのM296 108 Fuzz Miniも。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR 108 Fuzz (動画)


✅MXR ブースター

M133 MICROAMP⭐

Micro Amp

ジョン・フルシアンテも愛用するブースター/バッファアンプとして定番の人気のマイクロプリアンプ。

音に艶とハリを与えたい時に最適。

マイクロアンプにトーンコントロールを搭載した M233 MICROAMP PLUS も。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR MICROAMP (動画)


M293 Booster Mini⭐

M293 Booster Mini

人気の JIM Dunlop Echoplex Preamp の唯一の欠点であったBoost幅+11dBを、MXRのテクノロジーにより+25dBまでアップ。

さらにトーンコントロールを追加することで幅広いジャンルに対応。

また、内部のトリムポットでEchoplex Preampサーキットのアウトプットをコントロールすることが出来ます。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR M293 Booster Mini (動画)


MC-401 BOOST/LINE DRIVER

MC401 Boost/Line Driver

ボブ・ブラッドショーのCUSTOM AUDIO ELECTRONICSとのコラボから生まれたMC-402からブースターを取り出したモデル。

+20 dBまでのクリーンブーストが可能で、音にハリを与えつつクリーンなまま音量アップが可能です。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – MXR MC-401 (動画)