MARSHALL

2019年6月21日中型チューブアンプ,大型チューブアンプ,小型チューブアンプMARSHALL

ロックの歴史ととも歩んできたマーシャルの真空管アンプを出力別 ( ワット数別 )に紹介。

Marshall 1959
Marshall 1959

JTM45や1962 Bluesbreaker、1959、1987などのナチュラルな歪みのヴィンテージリイシューモデルから、JCM/DSLシリーズアンプのようなモダン/ハイゲインなモデルまで機種は多岐に渡ります。

Marshall DSLシリース
Marshall DSLシリース

このページでは人気のヴィンテージリイシュー・モデルと、マスターボリューム搭載で歪みサウンドを作りやすいモダン系アンプに分類して紹介しています。


✅15w / 小型チューブアンプ

モダンアンプ:

Origin 5 ( 5w / 0.5w )⭐

MARSHALL Origin 5

ヴィンテージマーシャルを踏襲しながらも、ゲインブースト機能、サウンドキャラクターを変化させられるTILTコントロールを搭載し、モダンなオーバードライブ・サウンドも出力可能なMarshall Originシリーズ5wモデル。

Marshall Origin 5のコントロール

*付属の2Wayフットスイッチでゲインブースト機能とエフェクトループ機能のON/OFFが可能です。

✅Originシリーズで採用のPowerstemは、従来のようなパワー管駆動方式(ペントード/トライオード)の切替ではなく、パワーアンプ部の電圧をコントロールして出力レベルを下げます。これによりサウンドの質感への影響は最小限、使用環境に合わせた出力レベルの設定が可能になります。

Originシリーズで採用のPowerstem

エフェクトループ搭載

Spec;
真空管:2 x ECC83、1 x EL84
Speaker :1×8″Celestion Eight-15
重量:466x369x191、9.4kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 Marshall Origin 5 の動画を見てみる

関連リンク

DSL1 ( 1w / 0.1w )

MARSHALL DSL1 CMARSHALL DSL1 H

かつての名機JCM2000シリーズの「DSL(デュアル・スーパー・リード)」のサウンドを継承するシリーズの最小モデル。チャンネルはクラシックゲイン/ウルトラゲインの2チャンネル。

MARSHALL DSL1のコントロール

輝くようなクリーントーンから強烈に歪んだオーバードライブまで簡単にセットアップできます。

リアルなアンプサウンドを再現するエミュレート回路付きヘッドフォン出力と、0.1wまで出力を下げるパワーリダクション機能を搭載。小音量での練習やレコーディングでも素晴らしいサウンドを実現。

MARSHALL DSL5のバックパネル

リバーブ、エフェクトループ(センド/リターン)搭載。

スピーカー搭載のC(コンボ)とH(ヘッド)をラインナップ。

Spec;
真空管:2 x ECC83(12AX7)、1 x ECC82(12AU7)
Speaker :1×8″ Celestion G8C-15″Eight-15″ (15w,16Ω)(コンボのみ)
重量:
360x340x215、7.9kg(コンボ)
360×210×215、5.6kg(ヘッド)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 DSL1 の動画を見てみる


DSL5 ( 5w / 0.5w )

MARSHALL DSL5 C

かつての名機JCM2000シリーズの「DSL(デュアル・スーパー・リード)」のサウンドを継承する5wモデル。チャンネルはクラシックゲイン/ウルトラゲインの2チャンネル。

MARSHALL DSL5のコントロール

リアルなアンプサウンドを再現するエミュレート回路付きヘッドフォン出力と、0.5wまで出力を下げるパワーリダクション機能を搭載。小音量での練習やレコーディングでも素晴らしいサウンドを実現。

MARSHALL DSL5のバックパネル

リバーブ、エフェクトループ(センド/リターン)も搭載しています。

Spec;
真空管:2 x ECC83(12AX7)、1 x 12BH7(ECC99)
Speaker :1×10″Celestion Ten-30×1(30w,16Ω)
重量:455x425x240、12.7kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 DSL5 の動画を見てみる


✅30w / 中型チューブアンプ

ヴィンテージリイシュー:

SV20 ( 20w / 5w )⭐

MARSHALL SV20CMARSHALL SV20H

✅STUDIO VINTAGE:
名器MARSHALL/1959SLPを元に開発された20w/5w切り替え可能なギター用アンプ SV20H (Studio Vintage)。

オリジナル1959同様の4Input入力仕様。マスターボリューム未搭載ですが5wモードがあるので100wモデルよりは歪みも得やすいでしょう。

MARSHALL SV20のコントロール

リアパネルにはエフェクトループ、DIアウト、スピーカーアウト搭載。

MARSHALL SV20のバックパネル

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
スピーカー:1×10″ Celestion V-Type(コンボのみ)
スピーカー出力: × 5 (16Ω×1、8Ω×2、4Ω×2)
真空管:3xECC83 / 2xEL34
重量:
H460xW500xD245、15.85kg(コンボ)
H240xW500xD230、9.25kg(ヘッド)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 SV20 の動画を見てみる

関連リンク

JTM45 2245 ( 30w )

MARSHALL JTM45 2245

マーシャルの歴史はここからはじまった!マーシャル初のアンプJTM45。若き日のピート・タウンゼント、リッチーブラックモア、エリック・クラプトンが愛用したアンプのリイシューモデルです。

MARSHALL JTM45 2245

リイシューされたJTM45/2245もオリジナル同様、整流管にGZ34を搭載したことにより、JTM45の鋭く透明なクリーントーンと滑らかでウォームなサステインを忠実に再現することができました。

Spec;
真空管:3 x ECC83、2 x 5881
重量:665x265x205、14.6kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 JTM45 の動画を見てみる


1962 Bluesbreaker Combo ( 30w )

MARSHALL 1962 Bluesbreaker Combo

JTM45のコンボモデルである1962。

マーシャル初のギターアンプであるJTM45のサウンドを気に入っていたエリック・クラプトンが自身の車のトランクに入るようにとコンボアンプの製作を依頼したのがはじまりだったとか。

エリックがブルース・ブレイカーズ時代に使用した為、ブルースブレイカー・コンボとも呼ばれ、レスポールと1962で奏でる極上サウンドで人気の名機です。

特徴はスタック系のいわゆるドンシャリ系ではなく、中域メインのバランスの良い音。

ハンドワイヤリング仕様もラインナップ。

Spec;
スピーカー:12インチ×2(CELETION G12M-25)
真空管:2 x ECC83、2 x 5881
重量:740x610x265、30.2kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 1962 Bluesbreaker Combo の動画を見てみる

関連リンク

1974X ( 18w )

MARSHALL 1974X

1966年~1968年に製造されたモデルをハンドワイヤリングで復刻。 マーシャル にはめずらしいトレモロが搭載されています。

MARSHALL 1974X

Spec;
スピーカー: 12インチ’×1(CELESTION G12M-20)
真空管:3 x ECC83、2 x EL84
重量:610x535x230、19kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 1974X の動画を見てみる


モダンアンプ:

SC20 ( 20w / 5w )⭐

MARSHALL SC20CMARSHALL SC20H

✅STUDIO CLASSIC:
マスターボリューム搭載のモダンアンプ、80年代の名機 JCM800 2203を元に開発された20w/5w切り替え可能な小型アンプSC20 (Studio Classic)。

MARSHALL SC20のコントロール

エフェクトループ、DIアウト搭載。

MARSHALL SC20のバックパネル

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
スピーカー:1×10″ Celestion V-Type(コンボのみ)
スピーカー出力: × 5 (16Ω×1、8Ω×2、4Ω×2)
真空管:3xECC83 / 2xEL34
重量:
H460xW510xD255、14.55kg(コンボ)
H240xW510xD240、9.4kg(ヘッド)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 SC20 の動画を見てみる

関連リンク

Origin 20 ( 20w )⭐

MARSHALL Origin 20CMARSHALL Origin 20H

ヴィンテージマーシャルを踏襲しながらも、ゲインブースト機能、サウンドキャラクターを変化させられるTILTコントロールを搭載し、モダンなオーバードライブ・サウンドも出力可能なMarshall Originシリーズ20wモデル。

Marshall Origin 20のコントロール

✅Originシリーズで採用のPowerstemは、従来のようなパワー管駆動方式(ペントード/トライオード)の切替ではなく、パワーアンプ部の電圧をコントロールして出力レベルを下げます。これによりサウンドの質感への影響は最小限、使用環境に合わせた出力レベルの設定が可能になります。

Marshall Origin シリーズで採用のPowerstem

3段階のパワーリダクションスイッチを搭載しているので自宅練習にも最適です。

DIアウト、エフェクトループ搭載。アンプヘッドとコンボをラインナップ。

*付属の2Wayフットスイッチでゲインブースト機能とエフェクトループ機能のON/OFFが可能です。

Spec;
真空管: 3 x ECC83、2 x EL34
Speaker :1×10″Celestion V Type×1(コンボのみ)
重量:
(W×H×D): 520×225×220 mm、9.4kg(ヘッド)
(W×H×D):520×420×240 mm、13.9kg(コンボ)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 Marshall Origin 20 の動画を見てみる

関連リンク

DSL20 ( 20w / 10w )⭐

MARSHALL DSL20HMARSHALL DSL20H

かつての名機JCM2000シリーズの「DSL(デュアル・スーパー・リード)」のサウンドを継承するシリーズの20wモデル。チャンネルはクラシックゲイン/ウルトラゲインの2チャンネルで、輝くようなクリーントーンから強烈に歪んだオーバードライブまで出力。

MARSHALL DSL40のコントロール

出力を20wから10wへ下げられる出力切り替えSW搭載で、環境に応じた最適な音量での演奏が可能。

MARSHALL DSL40の出力切り替えスイッチ

バックパネルのエミュレイテッドアウトを使用し、フロントパネルのアウトプットスイッチをStandbyの状態にすればサイレントレコーディングも可能で、ステージはもちろん宅録にも対応。

MARSHALL DSL20のバックパネル

リバーブ、エフェクトループ(センド/リターン)搭載

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
真空管:3 x ECC83(12AX7)、2 x EL34
Speaker :1×12″ Celestion Seventy 80 (80w,16Ω)(コンボのみ)
重量:
500x420x250(W x H x D)、16.3kg(コンボ)
500x250x240(W x H x D)、9.7kg(ヘッド)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 DSL20 の動画を見てみる


2525 MINI JUBILEE ( 20w / 5w )

MARSHALL 2525 MINI JUBILEE CMARSHALL 2525 MINI JUBILEE H

✅STUDIO JUBILEE:
マーシャル25周年と自身の音楽キャリア50年を記念して1987年に作られたシルバージュビリーアンプ“2555 Silver Jubilee”に20wモデルが登場。

2ch仕様で、出力は20w/5w切り替え可能。コンボとヘッドをラインナップ。

MARSHALL 2525 MINI JUBILEEのコントロール

Spec;
真空管:3 x ECC83、2 x EL34
Speaker :CELESTION G12M-25(12インチ)*コンボのみ
重量:
コンボ(W×H×D mm):490 x 475 x 280、19kg
ヘッド(W×H×D):510 x 232 x 220 mm、10kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 2525 MINI JUBILEE の動画を見てみる

関連リンク

✅100w / 大型チューブアンプ

ヴィンテージリイシュー:

1959SLP ( 100w )

MARSHALL 1959SLP

ジミー・ペイジヴァン・ヘイレンなど様々なアーティストに愛用され、ロックの歴史を刻んできたマーシャル1959。

艷やかなクリーンからボリュームを上げる事で得られるオーバードライブ・サウンドは極上!

100wのアンプのボリュームを上げる(フルテンサウンド)環境はほとんどないので、歪ませて使うにはアッテネーターの使用が基本です。

MARSHALL 1959SLP

1959SLPはエフェクトループを搭載しています。

Spec;
真空管:ECC83x3、EL34x4
重量: 750x310x215、20.5kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 1959の動画を見てみる


1987X ( 50w )

MARSHALL 1987X

1959の50w仕様1987。

マイケル・シェンカーイングヴェイ・マルムスティーンなど100wの1959ではなく、50wの1987を愛用するギタリストも数多くいます。

50w仕様の1987は100wの1959よりマイルドで歪みやすいと言われていますが、こちらも歪ませるにはアッテネーターの使用が基本です。

1987XはON/OFF(バイパス)可能なエフェクトループを搭載しています。

Spec;
真空管:ECC83x3、EL34x2
重量:665x265x205、15.3kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 1987の動画を見てみる


モダンアンプ:

Origin 50 ( 50w )⭐

MARSHALL Origin 50CMARSHALL Origin 50H

ヴィンテージマーシャルを踏襲しながらも、ゲインブースト機能、サウンドキャラクターを変化させられるTILTコントロールを搭載し、モダンなオーバードライブ・サウンドも出力可能なMarshall Originシリーズ50wモデル。

Marshall Origin 50のコントロール

3段階のパワーリダクションスイッチを搭載しているので自宅練習にも。

✅Originシリーズで採用のPowerstemは、従来のようなパワー管駆動方式(ペントード/トライオード)の切替ではなく、パワーアンプ部の電圧をコントロールして出力レベルを下げます。これによりサウンドの質感への影響は最小限、使用環境に合わせた出力レベルの設定が可能になります。

Marshall Origin シリーズで採用のPowerstem

エフェクトループ搭載。アンプヘッドとコンボをラインナップ

*付属の2Wayフットスイッチでゲインブースト機能とエフェクトループ機能のON/OFFが可能です。

Spec;
真空管: 3 x ECC83、2 x EL34
Speaker :1×12″Celestion Midnight 60×1(コンボのみ)
重量:
(W×H×D):577×228×225 mm、11.8kg(ヘッド)
(W×H×D):580×480×245 mm、18.2kg(コンボ)

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 Marshall Origin 50 の動画を見てみる


DSL40 ( 40w / 20w )⭐

MARSHALL DSL40

DSL(デュアル・スーパー・リード)シリーズの40wモデル。

チャンネルはクラシックゲイン/ウルトラゲインの2チャンネルにそれぞれクリーン、クランチ/OD1 、OD2の2モードを搭載。

MARSHALL DSL40のコントロール

プリアンプ部のアップデートにより、名機JCM2000に近いサウンドニュアンスを獲得。サイレントレコーディング機能や、2系統に増設されたマスターボリューム、待望のMIDIにも対応。

MARSHALL DSL40のエフェクトループ&MIDIMARSHALL DSL40のDIアウト

デジタルリバーブ、エフェクトループ搭載

Spec;
真空管:ECC83×4、EL34×2
Speaker :1 × 12” Celestion V-Type
重量:
620W×490H×252Dmm、22.9kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 DSL40 の動画を見てみる

関連リンク

2555X Silver Jubilee ( 100w / 50w )

MARSHALL 2555X Silver Jubilee

マーシャル25周年と自身の音楽キャリア50年を記念して1987年に作られたシルバージュビリーアンプ“2555 Silver Jubilee”がレギュラーラインナップとして登場。

JCM800 2203と2204のマスターボリュームモデルをベースとして開発されたこのモデルは、当時、出力を100wと50wの切り替えが可能な画期的なモデルでした。

スラッシュ (ガンズ・アンド・ローゼス)、ジョン・フルシアンテ (レッド・ホット・チリペッパーズ) など多くのギターヒーローがその魅力に取り付かれ、多くのステージで聴衆を魅了し“2555“を伝説のアンプとして昇華させました。

バックパネルにはエフェクトループ、DIアウトを搭載しています。

2555X Silver Jubileeのバックパネル

オリジナル2555との違い:
・インピーダンスセレクターから、4、8、16Ωに対応の各スピーカージャック搭載に変更
・電圧切り替えスイッチから、各国の適正電圧仕様固定に変更
・ハンドルエンドキャップ:Black⇒SilverMetal
・インプットジャック:Black⇒Chrome
・その他メイン・スタンバイスイッチの若干の外観変更・内部回路の改善

専用のスピーカーキャビネット 2551AV(スラント)/2551BV(ストレート)も発売。

Spec;
チャンネル:2
真空管:ECC83x3、EL34x4
Speaker Outputs: 4/8/16 Ohm
重量 740x315x210、22.1kg
FX Loop、D.I. Output、PENTODE(ハイパワー)/TRIODE(ハーフパワー)スイッチ搭載

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 2555X Silver Jubilee の動画を見てみる

関連リンク

DSL100 ( 100w / 50w )

MARSHALL DSL100

DSL(デュアル・スーパー・リード)シリーズの100wモデル。

チャンネルはクラシックゲイン/ウルトラゲインの2チャンネルにそれぞれクリーン、クランチ/OD1 、OD2の2モードを搭載。

フロントパネルのアウトプットスイッチをStandbyの状態にすればサイレントレコーディングも対応します。

デジタルリバーブ、エフェクトループ、MIDI搭載

Spec;
真空管:ECC83×4、EL34×4
重量:740W×274H×242Dmm、24.2kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 DSL100 の動画を見てみる

関連リンク

JCM800 2203 ( 100w )

MARSHALL JCM800 2203

マーシャルを代表するアンプが1959なら、このJCM800は80年代を代表するアンプと言えるでしょう。

1959や1987などのサウンドを継承しながらも、マスターボリュームが搭載されたことで歪みが得やすく、使い勝手が向上したことで80年代のハード・ロック/ヘヴィー・メタル系ギタリストのほとんどが愛用。

MARSHALL JCM800 2203

ストレートなロックサウンドに今も愛用者の多いアンプです。

エフェクトループ搭載も搭載されています。

Spec;
真空管:ECC83×3、EL34×4
重量:750x315x210、20.5kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 JCM800 の動画を見てみる


JCM900 4100 ( 100w )

MARSHALL JCM900

JCM800の後継モデルJCM900。 シングルチャンネルだったJCM800が2チャンネルになり、それぞれに独立したゲインコントロールとリバーブを搭載。

MARSHALL JCM900 4100

エフェクトループ搭載。

Spec;
真空管:ECC83×3、5881×4
重量:740x310x210、18.8kg

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

posted with カエレバ
YouTube 動画 JCM900 の動画を見てみる


JVM ( 100w / 50w )

MARSHALL 410HMARSHALL 210H

マーシャルの新たなフラッグシップモデルとして発売されたJVMシリーズ。

多チャンネル、リバーブ、2系統のエフェクトループ、レコーディングに便利なエミュレイテッド・ラインアウトや、MIDI端子を装備するなど多機能です。

MARSHALL JVMシリーズの2系統のエフェクトループ

*Serial/Parallel FX LoopはフロントパネルのスイッチまたはフットスイッチでON/OFF可能なエフェクトループです(Serial Loopもスイッチでバイパス可能)。

MARSHALL JVMシリーズのライン/MIDIアウト

*エミュレイテッド・ラインアウトは音を出さないサイレントレコーディングも可能です。

100wモデル:
独立4ch仕様 JVM410、2ch仕様 JVM210

50wモデル:
独立4ch仕様 JVM405、2ch仕様 JVM205

ヘッドとコンボをラインナップ。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
YouTube 動画 JVM の動画を見てみる

関連リンク

✅スピーカー・キャビネット

スピーカーキャビネットの選び方 はこちら

スピーカーキャビネット 一覧

MARSHALL スピーカーキャビネット

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ