TONE CITY FLEXO DRIVE

TONE CITYの歪みエフェクターをまとめて紹介

TONE CITY

良心的価格設定が人気のTONE CTYのオーバードライブ、ディストーション、ファズ、ブースター。

マーシャル系やTS系など人気のペダルが低価格で買えるのは嬉しいですね。

King of Blues


TONE CITY オーバードライブ

Nobelman

TONE CITY Nobelman

Nobels ODR-1タイプ
TONE CITY Nobelmanは、Nobels ODR-1をベースにしたオーバードライブペダルで、オリジナルのサウンドを踏襲しながらも周波数帯域の調整を行い、よりブライトでナチュラルなサウンドを実現します。

Nobels ODR-1
Nobels ODR-1

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Nobelman (動画)


Sweet Cream

TONE CITY Sweet Cream

Mad Professor Honeyタイプ
非常に素直な特性のオーバードライブ。

充分なダイナミクスはドライブアンプでのブーストにも最適です。

TOUCHノブでドライブとクリーンの割合を調整でき、ノブを右に回すと更にドライブさせる事が出来ます。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Sweet Cream (動画)


Bad Horse

TONE CITY Bad Horse

Klon Centaurタイプ
Bad Horseはクリーンブーストとして使用できますが、ゲインノブを上げていくとブルースに最適なクリーミーなオーバードライブサウンドが得られます。

クリーンブーストとして使用した場合はギターとアンプのキャラクターは損なわれません。

ゲルマニウムダイオード及びクリーン/ドライブのミックス回路によってゲインをアップさせた際でもサウンドをクリアに保つことを可能にしています。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Bad Horse (動画)


Dry Martini

TONE CITY Dry Martini

Fulltone OCDタイプ
高出力でボリューム制限がある場合の環境で是非とも使用してもらいたいオーバードライブペダルです。

ギターのキャラクターを保ったままでアンプをフルボリューム状態にしたようなサウンドに近づける事ができます。

よってギターのボリュームノブで全ての音色をコントロールする事ができます。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Dry Martini (動画)


Kaffir Lime

TONE CITY Kaffir Lime

Xotic BBタイプ
プリアンプ/オーバードライブペダルです。

30dbのゲインブーストが可能なスムースでコンプの効いたサウンドです。

アンプのヘッドルームを損ねる事無く、クランチチャンネルでハイゲイン・サウンドを得る事ができます。

トゥルーバイパス

Xotic BBタイプというと、チューブスクリーマー系ですね。

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Kaffir Lime (動画)


Mandragora

TONE CITY Mandragora

Love Pedal Kalaタイプ:
クリアかつハイゲインなオーバードライブペダル。

ハーモニクスを多く含んだサウンドはロック、ブルースに最適です。

プレゼンスコントールを搭載、トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Mandragora (動画)


FLEXO DRIVE

TONE CITY FLEXO DRIVE

FLEXO DRIVEは、VINTAGE、OPEN、WIDEの3つのモードを持つオーバードライブ。

  1. ​VINTAGE
    1990年代のウォームでレトロなオーバードライブモードで、ワイドでリッチなミッドレンジを持っています。
  2. OPEN
    よりクリーンなブーストが効果が得られるモード。
  3. WIDE
    非対称クリッピングのラフでオープンなサウンド。

ブーストスイッチは、レベルを調整し、オーバードライブの前に置くか後に置くかをミニスイッチで選択することができます。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY FLEXO DRIVE (動画)


KING OF BLUES

TONE CITY KING OF BLUES

チューブスクリーマー系ペダルのようなミドルレンジにピークを持つENGINE A、クリーンでフラットな特性のトランスペアレント系ENGINE Bと異なるキャラクターを1台に収めたデュアル・オーバードライブ。

そのハイクオリティなサウンドは使い分け、同時使用どちらもおすすめです。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY KING OF BLUES (動画)


TONE CITY ディストーション

Mickey

TONE CITY Mickey

RATタイプ
Mickeyはオリジナル RATディストーションにフォーカスし、ミニサイズで再現したペダルです。

広いダイナミクスはプレイヤーの表現を余す事なく表現し、MODスイッチによりスムースな歪みからシャープでエッジの効いた歪みまで出力可能です。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Mickey (動画)


Golden Plexi

TONE CITY Golden Plexi

Carl Martin Plexi Toneタイプ
この小さな筐体でクラシックプレキシスタイルのトーンを簡単に作ることができるオーバードライブ。

ダイナミクスは本物のチューブアンプに限りなく近く、サウンドに濁りはありません。

通常のディストーションペダルと異なり、ローゲインなセッティングの際でも、とてもクリアで抜けの良いサウンドです。

低ノイズとワイドなレンジの確保のためにポンプチャージを搭載しています。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Golden Plexi (動画)


Black Tee

TONE CITY Black Tee

Carl Martin AC-Toneタイプ
ブリティッシュACスタイルのディストーション。

とてもクリアでチューブアンプのようなリアルなサウンドです。

低ノイズとワイドなヘッドルーム確保のためにポンプチャージを搭載しています。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Black Tee (動画)


Wild Fire

TONE CITY Wild Fire

Suhr Riotタイプ
小出力なクリーンアンプでハイゲインアンプのようなディストーション・サウンドが欲しい場合にお薦め。

順応性が高いので、ほとんどのアンプとの相性が抜群です。

クリップスイッチにより2種類のクリッピングキャラクターが選択できます。

スイッチが下向きの場合、ブリティッシュスタイルのディストーション・サウンドで、スイッチが上向きの場合ハイゲインチューブアンプのようなサウンドとなります。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Wild Fire (動画)


MODEL M

TONE CITY MODEL M

マーシャルなどブリティッシュスタックアンプタイプのディストーション/プリアンプ。

幅広いダイナミクスを持ちアンプのような使用感が楽しめます。

CRUNCH、HIGH GAINと2種のアンプタイプが切替可能。

STRATでディストーションのON/OFF、BOOSTはブーストツマミで調整したブーストのON/OFFスイッチ。

Mはマーシャルの頭文字でしょうか?

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY MODEL M (動画)


MODEL B

TONE CITY MODEL B

USハイゲインアンプタイプのディストーション/プリアンプ。

キメの細かいスムースな歪みが特長でVINTAGE/MODERN のサウンド切り替えSWを搭載し、クラシックロックからヘヴィロックのサウンドまで幅広くカバーします。

STRATでディストーションのON/OFF、BOOSTはブーストツマミで調整したブーストのON/OFFスイッチ。

Bはメサブギーの頭文字でしょうか?

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY MODEL B (動画)


MODEL E

TONE CITY MODEL E

EUハイゲインアンプタイプのディストーション/プリアンプ。

ヘヴィロックスタイルにマッチする深く厚みのあるディストーション・サウンドを提供します。

MID RANGE SWによりミドルレンジの周波数を切り替える事でタイトなバッキングからファットなソロまで好みのサウンドを作る事ができます。

STRATでディストーションのON/OFF、BOOSTはブーストツマミで調整したブーストのON/OFFスイッチ。

Eはエングルの頭文字でしょうか?

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY MODEL E (動画)


MODEL S

TONE CITY MODEL S

USハイゲインアンプタイプのディストーション/プリアンプ。

80sスタイルにマッチする倍音が多く、ミッドレンジにクセのある歪みが特長でCRUNCH/HI GAIN SWによりヘヴィロックからモダンヘヴィサウンドまでカバーできます。

コントール可能なブーストSWも搭載しています。

Sはソルダーノの頭文字でしょうか?

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY MODEL S (動画)


MODEL V

TONE CITY MODEL V

ブリティッシュコンボアンプタイプのディストーション/プリアンプ。

豊かなミドルレンジと倍音を持ち、アンプのような使用感が楽しめます。

MODEL SWの切り替えでCRUNCH、HIGH GAINと2種のアンプタイプが楽しめます。

調整可能なブーストSWを搭載する事で音量と歪みに更なるバリエーションを加える事ができます。

VはVOXの頭文字でしょうか?

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY MODEL V (動画)


TONE CITY ファズ

Matcha Cream

TONE CITY Matcha Cream

Sovtek Big Muffタイプ
Matcha Creamは、Sovtek Big Muffにフォーカスしたファズペダル。

個性的なファズサウンドで一世を風靡したロシアンファズ回路に改良を重ねて昇華。

その名のとおりクリーミーでコクのあるサウンドは往年のサウンドを彷彿とさせます。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Matcha Cream (動画)


Fuxx Fuzz

TONE CITY Fuxx Fuzz

Fulltone Ultimate Octaveタイプ
ワイルドなファズですが、軋み、曇るようなサウンドではなく、あくまでクリアです。

CRAZYスイッチをONすることにより1オクターブ上の倍音を付加することができます。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY Fuxx Fuzz (動画)


TONE CITY ブースター

All Spark

TONE CITY All Spark

Xotic EP Boosterタイプ
クラスA JFETをデザイン採用。

17dbまでボリュームブーストが可能です。

FATスイッチと BRIGHTスイッチは良いトーンのクリエイトに役立ちます。

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – TONE CITY All Spark (動画)


おすすめ記事

2022年2月21日メーカー別

Posted by Tsune