ELECTRO-HARMONIX

LINEで送る
Pocket

ELECTRO-HARMONIX 一覧

ファズの名機ビックマフをはじめ種類の豊富なエレクトロ・ハーモニクスのオーバードライブ、ディストーション、ファズ、ブースターの紹介。

ELECTRO-HARMONIX 一覧

✔こちらで紹介しているエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビューの参照、Youtube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。


ELECTRO-HARMONIX の歪みペダル 種類別


✅オーバードライブ

HOT WAX

HOT WAX

Hot Wax は、人気の Crayon(クレヨン)と Hot Tubes(ホットチューブス) を1台にまとめたデュアル・オーバードライブ・ペダル。

各セクションを個別で使用することも、両セクションを同時に使用して2つのセクションをスタックしてHot TubesをCrayonでドライブさせることも可能です。

🖥ショップでチェック📲

➡ HOT WAX 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX HOT WAX (動画)
トランスペアレント系オーバードライブ


Crayon

CRAYON

Crayon(クレヨン)は独立したベースとトレブルのコントロールを搭載した、周波数レンジの広い多彩なオーバードライブです。

ミッド帯域に特徴のある 数多のオーバードライブペダルと一線を画した、幅広い音作りを実現しました。粒立ちの荒いクランチサウンド~ディストーションサウンドまで、 単体での使用はもちろん、ブースターとしての使用も可能です。

デザインの違うものがありますが、中身は同じもののようです。

トランスペアレント系オーバードライブ ELECTRO-HARMONIX CRAYONはTS系を超えた?

🖥ショップでチェック📲

➡ CRAYON 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX Crayon (動画)
トランスペアレント系オーバードライブ


East River Drive

East River Drive

イーストリバー・ドライブは、チューブスクリーマーでおなじみのIC JRC4558搭載したオーバードライブペダル。

サウンドを聴くとチューブスクリーマー系オーバードライブと言ってよいでしょう。

ギター本来のトーンを大切にしたままでエッジとゲインを加えます。甘いトーンから枯れたサウンドまで、求めるサウンドをボリュームとドライブで調整でき、どんなにドライブさせてもプレイヤーがコントロールを失うことはありません。

🖥ショップでチェック📲

➡ East River Drive【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX East River Drive (動画)
TS系オーバードライブ特集


Hot Tubes

Hot Tubes

1970年代に人気を博した伝説のCMOS仕様 HOT TUBES/ ホットチューブスが、ダウンサイジングしてリイシュー。

オーバードライブ全開でファズっぽいニュアンスも。ピンスイッチでトーン回路をオフにすることもできます。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ Hot Tubes【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX Hot Tubes (動画)


Soul Food

Soul Food

ソウルフードは、名機ケンタウルスのサウンドをリーズナブルなプライスで再現。

🖥ショップでチェック📲

➡ Soul Food 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX Soul Food (動画)
ケンタウルス系オーバードライブ一覧


Soul POG

名機ケンタウルスのサウンドをリーズナブルなプライスで再現した上記 Soul Foodにオクターブジェネレータをプラス。

それぞれのエフェクトを個別で使うのはもちろん、同時使用、順番の並び替え、FXループを使用して2つのエフェクトの間に他のエフェクターのインサートなどが可能です。

Modeスイッチを搭載し、異なったオクターブサウンドも選択可能。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Electro-Harmonix Soul POG (動画)
ケンタウルス系オーバードライブ一覧


Turnip Greens

Turnip Greens

透明感のあるOverdriveのSoul Food、きらびやかなHoly Grail Maxリバーブがひとつになっています。それらの優れた製品を単に一緒にしただけでなく、より強力なペアとなるような機能が追加されています。

・エフェクトループ搭載(Soul FoodとHoly Grail Maxの間で単体もしくはペダルボードを挿入可能)
・エフェクトオーダー・トグルスイッチ(Soul FoodとHoly Grail Maxの前段/後段の入替が可能)

🖥ショップでチェック📲

➡ Turnip Greens 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube | Turnip Greens (動画)


OD Glove

OD Glove

倍音を含みクリアでリッチなサウンド。きらびやかなクリーン・ブーストから分厚いブラウン・クランチサウンド、そして真空管を歪ませたようなハイゲインまで、OD Gloveは幅広いサウンドに対応しています。

サウンドを細かく作りこめる秘密はトーンシフトとボルテージ切換機能。中域~中高域のトーンを強調できるトーンシフトと、ボルテージ切換は内部のスイッチで動作電圧を9Vから18Vに変更可能で、9Vではタイトなサウンド、18Vではオープンなサウンドとなります。 このOD Gloveならば、オーバードライブとディストーションのどちらでも、強烈な印象を与えるサウンドを生み出せます。 エレハモ版FULLTONEのOCD??

🖥ショップでチェック📲

➡ OD Glove 【サウンドハウス】

posted with カエレバ

Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix OD Glove (動画)


MUFF OVERDRIVE

Muff Overdrive

1969年に誕生したクラシック・オーバードライブMuff Fuzzがコンパクトなペダルに。

サウンドを聴くとオーバードライブというよりはファズそのものですね

🖥ショップでチェック📲

➡ Muff Overdrive【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix MUFF OVERDRIVE (動画)


✅ディストーション

OPERATION OVERLORD

OPERATION OVERLORD

幅広い音色のセッティングが可能で様々な楽器に使用できるステレオ・オーバードライブ・ディストーション

Boost モードはマイルドなディストーションからサチュレーテッドサウンドにブースト、ノーマルモードは真空管アンプのようなレスポンスとトーンを再現する3段の JFET ゲインステージを採用。

インプットレベルは3段階で切り替えが可能で、それぞれの使用する楽器に合わせたレベル設定が可能です。

🖥ショップでチェック📲

➡ OPERATION OVERLORD 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX OPERATION OVERLORD (動画)


EHX Tortion

EHX TortionはElectro-Harmonixのフラッグシップモデルとなるオーバードライブ/ディストーションです。

チューブライクなレスポンスとトーンを持ったサウンドが得られるアナログJFETテクノロジーを採用。BoostスイッチでのNormal/Boostモードの選択に加え、4-way Pre-Gainコントロールで歪みのニュアンスまでも自在にコントロールすることが可能です。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX EHX Tortion (動画)


ENGLISH MUFF’N

60年代の英国アンプのサウンドを再現するチューブ搭載のディストーション・ペダル 。

🖥ショップでチェック📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix ENGLISH MUFF’N (動画)


DOUBLE MUFF

1969年に登場した歴史的ディストーションMuff Fuzz2台が1台になって登場。

シングルモード、ダブルモードの切り替えが可能。Double Muff がコンパクトになった Nano Double Muff も。

🖥ショップでチェック📲

➡ Double Muff 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix DOUBLE MUFF (動画)


METAL MUFF

Metal Muff

メタルマフは、ブースト・スイッチ搭載のメタル・ディストーション。3バンドEQで音作りの幅が広がります。

小さくなったMetal Muff、MICRO METAL MUFFPOCKET METAL MUFFも。

🖥ショップでチェック📲

➡ Metal Muff 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix METAL MUFF (動画)


Germanium 4 Big Muff

Germanium 4 Big Muff

ゲルマニウム・トランジスタを搭載したBig Muff。独立したオーバードライブとディストーションを搭載し、ゲルマニウム独自の歪みが心地よいペダルです。ディストーションとオーバードライブは組み合わせて使用することも可能です。

🖥ショップでチェック📲

➡ Germanium 4 Big Muff 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Germanium 4 Big Muff (動画)


✅ファズ

OCTAVIX

OCTAVIX

Octavixは、ファズサウンドにオクターブアップした音を組み合わせた60sファズ。

“nano”シリーズの小さな筐体に収められ、Volume/Boost/Octaveコントロールを装備。Volumeコントロールで全体の音量、Boostコントロールでファズの量、そしてOctaveコントロールではオクターブアップしたトーンの音量を調節します。

9V、24Vの電圧の選択が可能で、9V時はクラシックでルーズなファズサウンド、24V時ではよりタイトでリッチなオクターブアップのトーンが得られます。

トゥルーバイパス。

🖥ショップでチェック📲

➡ OCTAVIX 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX OCTAVIX (動画)


Op-Amp Big Muff

Op-Amp Big Muff

Smashing PumpkinsのBilly Corgan /ビリー・コーガンの愛用で有名な、1970年台後半のオペアンプ仕様のビッグマフをNanoサイズで再現。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ Op-Amp Big Muff 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX Op-Amp Big Muff (動画)


Cock Fight

Cock Fight

クライング・ワウトーキング・ワウ(周波数調整付き)とクラシック・ファズを一つのペダルに集約。

ファズはオン/オフが可能で、トーンフィルターの前段に配置すればヴィンテージライクなサウンド、 トーンフィルターの後段ならよりモダンなサウンドを生み出します。

バイアスコントロールによりノーマルなファズからクラシックな”電池切れサウンド”まで調整が可能。

エクスプレッション・ペダルを接続すれば、ワウ・ペダルやトーキング・ペダルのようにコントロールが可能です。

ワウペダルの筐体に収められたCock Fight Plus も発売されました

🖥ショップでチェック📲

➡ Cock Fight 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – ELECTRO HARMONIX Cock Fight (動画)


Satisfaction Fuzz

Satisfaction Fuzz

ローリング・ストーンズの名曲「サティスファクション」のファズサウンドを元に開発?。

サウンドもまさにそんな感じの古き良きファズサウンドです。

トゥルーバイパス

🖥ショップでチェック📲

➡ Satisfaction Fuzz 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Satisfaction Fuzz (動画)


BIG MUFF

👍おすすめ!
BIG MUFF

ファズフェイスと並び称される、ファズペダルの定番ビッグマフ。カルロス・サンタナの使用で一躍有名になりました。

BIG MUFFラインナップ:

Big Muff Pi
ジミ・ヘンドリックス、サンタナらの使用で有名なモデルのリイシュー。オリジナルの良さはそのままに、ノイズを抑えることに成功。メイド・イン・ニューヨーク。
Triangle Big Muff Pi
1969年頃のトライアングル・ビックマフと呼ばれたバージョン1のオリジナル回路をコンパクトなNanoサイズで忠実に再現。
Big Muff Pi with Tone Wicker
Big MuffにWickerというスイッチを付け多彩なトーンバリエーションが可能になったモデル。Wicker、TONE共にバイパス可能。
Deluxe Big Muff Pi
従来のBig Muffサウンドはそのままに、BASS BOOST、ATTACK、GATE(ノイズゲート)、MID BOOSTを搭載
Nano Big Muff PI
Big Muffが小さくなって登場。小さくなっても、リッチでクリーミー、サステインが豊かなサウンドは、今までのモデルと全く同じです。
Little Big Muff Pi
コンパクト・サイズのBIG MUFF。サウンドは現行US Big Muffのサウンドとロシア Big Muffの中間のような70sマフサウンド。
Green Russian Big Muff
ビッグマフの中でも特に人気の高い、ロシア製Muffの回路をNanoサイズで復刻。
🖥ショップでチェック📲

➡ BIG MUFF 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix BIG MUFF (動画)


Graphic Fuzz

Graphic Fuzz

グラフィックEQを搭載したファズペダル。ブリブリ、シャリシャリ音作りの幅が得られます。

🖥ショップでチェック📲

➡ Graphic Fuzz 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix Graphic Fuzz (動画)


Screaming Bird

Screaming Bird

60~70年代に流行したトレブルブースター、スクリーミングバード。

🖥ショップでチェック📲

➡ Screaming Bird 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix Screaming Bird (動画)


✅ブースター

LPB-1

LPB-1

1968年に登場したブースターLPB-1をオリジナルと全く同じ回路で復活。

🖥ショップでチェック📲

➡ LPB-1 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – Electro Harmonix LPB-1 (動画)


歪みエフェクター メーカー別


LINEで送る
Pocket