[BOSS HM-2W]BOSS HM-2 Heavy Metalが技 WAZA CRAFTで復活

[BOSS HM-2W] 一時期エリック・クラプトンも使っていたBOSSのディストーションHeavy Metalが技 WAZA CRAFTで復活

BOSS,ディストーション,歪みエフェクター図鑑

全てのつまみを全開にするチェンソートーン?知ってたら売ってなかったかも。新しいBOSS HM-2W良いですね。

全てのつまみを全開にするチェンソートーン?知ってたら売ってなかったかも。BOSS HM-2W良いですね。


BOSS HM-2 Heavy Metalとは

BOSS HM-2 Heavy Metalとは文字通りヘヴィーメタルに特化したエフェクターとして1980年代に発売されたディストーションペダルです。

[BOSS HM-2W]BOSS HM-2 Heavy Metalが技 WAZA CRAFTで復活

当時はNWOBHM(ニューウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィー・メタル)やLAメタルが大好きだったので買いましたが、私の好きなメタルやハードロックの感じとは違ったのでほぼ使わずに売ってしまいました。

 

当時の印象としては、ヘヴィーメタルと言う割には大して歪まなくて、やたら中域がこんもりしたおもちゃのアンプから出た音というイメージで「なんじゃこりゃ」という感じでした😨

 

そんな音を気に入っていたのは意外や意外 エリック・クラプトンで、アルバムで言うとBehind the Sun(1984年)、August(1986年)あたりですかね?で使っていたらしいですよ。もちろんメタルな歪でではありません。

 

それでは新しいBOSS HM-2Wの動画を見てみましょう。

 

BOSS HM-2Wの動画

BOSS HM-2 Waza – SWEDISH CHAINSAW TONE IS BACK!

メタル好きにはたまらないトーンですね。当時はHM-2にこんなに歪むイメージはなかったのですが、動画のタイトルにあるBOSS HM-2の全てのノブを全開にする “チェンソートーン”というセッティングがあったなんて知りませんでしたよ。

全てのつまみを全開にするチェンソートーン?知ってたら売ってなかったかも。BOSS HM-2W良いですね。

この“チェンソートーン”セッティングを知っていたら売らずにもっと使ってたかも😥

 

スタンダードとカスタムの2モード

新しくなったBOSS HM-2WはオリジナルHM-2に忠実なスタンダードモードと、さらに攻撃的で現代的な歪みに対応したカスタムモードを搭載している点も見逃せません。

BOSS HM-2Wはスタンダードとカスタムの2モード

上記動画では4分~がスタンダードモード、5分~がカスタムモードのサウンドになりますが、カスタムモードは低域成分が増えよりワイドレンジになりますね。

 

自宅などの小さなアンプ(音)で弾く時はカスタムモードが良さそうです。6分すぎからはつまみをいじって色々なサウンドを聴くことが出来ますが、やはりすべて全開の“チェンソートーン”が素敵すぎます。

 

この“チェンソートーン”と呼ばれるセッティングは

北欧 スウェーデンのデスメタル・ギタリストの目に留まり、やがてスウェディッシュ・デスメタルの中核を担う機材となりました。

BOSS – HM-2W(メーカーサイト)より~

とありますが、私の大好きなエフェクター「チューブスクリーマー」も私が全く知らなかったセッティングがあったりしますし、ほんと情報収集(情報交換)って大切なんですね。

 

まとめ

自分の機材で“チェンソートーン”セッティングを試してみたくなりました、古いの探そうかしら、値上がりしてたりして。。。。

昔の写真を漁ってみたらありましたよ!懐かしいなぁ。

☑BOSS HM-2Wオリジナル:

BOSS HM-2オリジナル

BOSS HM-2オリジナル(基盤)

 

BOSS HM-2Wはこちらから

[BOSS HM-2W]BOSS HM-2 Heavy Metalが技 WAZA CRAFTで復活

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

☑BOSSのオーバードライブ・ディストーション・ファズはこちらから:


2021年6月19日エフェクター

Posted by Tsune