EARTHQUAKER DEVICES

2019年9月17日オーバードライブ, ディストーション, ファズ, ブースターEARTHQUAKER DEVICES

アメリカのハンドメイドエフェクターブランドEARTHQUAKER DEVICESの歪みエフェクターはすべて手作業で組み上げられた高品位なペダルです。TS系からトランスペアレント系オーバードライブ、マニアックなファズまで。

EARTHQUAKER DEVICESの歪みエフェクター一覧

✔こちらで紹介しているエフェクターは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビュー/口コミの参照、Youtube動画動画サイトによる試聴も出来るようになっています。


✅EARTHQUAKER DEVICES オーバードライブ

Plumes⭐

Plumes

Plumes/プルームスはあの定番の”真空管をスクリーム”させるペダルをに3つのクリッピング回路を選べるようにした3モードTS系オーバードライブ

Mode1:一番強い歪みが得られるモード。クリーンアンプとの使用では定番のブリティッシュアンプのようなサウンドに。
Mode2:クリーンブースター。信号はクリッピングを通らず直接オペアンプに流れます。
Mode3:非対称のシリコンダイオードを使用した歪み。TS系に最も近い歪み。

✍メモ:
チューブスクリーマーよりも芯のあるサウンドに感じます。アンプライクなトランスペアレント系ペダルっぽい雰囲気もあります。

🖥ショップで比較📲

➡ Plumes 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER Plumes (動画)


Palisades⭐

Palisades

TS系オーバードライブの究極がこのPalisades/パリセイズ。Palisades/パリセイズはGain AとGain Bの2チャンネル、6種類のオペアンプの選択と5種類のトーンコントロールで最大で480種類のチューブスクリーマー系サウンドを出力

Gain A:Gain Bより少なめの歪みでオープンコード弾き等に最適です。
Gain B:Gain Aより歪みの量が多くタイトな歪みです。ミュートでリズムを刻む場合や、ギターソロ等に最適です。

Normal/Brightスイッチ:Normal時では暖かく丸みの有る音色で、Bright時では生き生きとした、高音にキレの有る音色。

Bufferスイッチ:バッファー使用時には高音がさらに伸びたタイトな音色で、不使用時には柔らか目で若干落ち着きの有る音色になります。

Bandwidthツマミ1~5:このノブでパリセイズ全体の音色を決定します。1で一番細く、歪みの量も一番低く、5で一番太く、歪みの量も最大になります。

Voiceツマミ1~6:
1. No diodes: 一番音色に色付けがなく、歪みの量も一番低い
2. LED: 軽い歪みで高い音量
3. Mosfet: 軽い歪みでリッチな倍音
4. Asymmetrical Silicon: オリジナルのTS808系
5. Symmetrical Silicon: タイトな歪み
6. Schottky Diodes: 若干ファズに近い音色

✍メモ:
デモ動画を見てもどれも素晴らしいチューブスクリーマー系サウンドなのですが、じっくりイジってみないとよく分かりませんね😅

🖥ショップで比較📲

➡ Palisades 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER Palisades (動画)


Dunes⭐

Dunes/デューンズは人気のチューブスクリーマー系オーバードライブのPalisades(パリセイズ)をコンパクトにまとめたペダル。

808系の回路を元にしたシンプルな3種のGain、Tone、Volume。それらに加えて、パリセイズ同様のNormal/Brightスイッチ、クリッピングのスタイルは当社でお気に入りの3種類の以下を物をチョイス出来ます。

3モードスイッチ:
・MOSFET(タイトなクランチサウンド)
・Silicone(808 系)
・None(通常のクリーンブーストからオペアンプを利用した非常にボリュームの高いブースト)

Bandwidthは2種類(ストックで808系、ベースブーストで分厚くヘヴィー)。

✍メモ:
Palisades/パリセイズはちょっと使いこなせない感じなので私はこれで十分。いなたいTS系サウンドが素敵です。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Dunes (動画)


Bellows

Bellows/ベロウズはノブは2つだけのシンプルなデザインですが、ビンテージのマスターボリューム無しのツイードアンプで得られる様なきめの荒い音からファズのような音色の中間を行き来出来る音作りが可能です。

ドライブ低めの設定ではきめの荒さは残りますが音抜けの良いチューブアンプのボリュームで得られる様な音を、ドライブを少しずつ上げて行きますと最終的には60年代風の音のつぶれたファズの音色までドライブの量で歪みのキャラクターが変化します。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Bellows (動画)


Gray Channel

Gray Channel/グレイチャンネルはシンプルで有りながら,ギターやアンプの性能をそのまま生かせるGreen/Redの2チャンネルオーバードライブ。Green/Redどちらのチャンネルも3つの違うダイオードを選択出来ます。

✅Green Channel:低から中くらいのゲインのオーバードライブ
Green Toggle Switch:
Si/シリコン:ボリュームが有り、若干明るめの音で真空管アンプの様な自然な歪み
Ge/ゲルマニウム:若干柔らかめで暖かい音色。
N:ダイオードクリッピング無し Gainの低い設定でクリーンブーストの様に働き、時計方向で1時を過ぎた辺りから癖の無いオーバードライブの様なディストーションに。

✅Red Channel:高いゲインでコンプ感の有るタイトなオーバードライブ
Red Toggle Switch:
LED:コンプ感が一番少なく癖の無いオーバードライブ
FET:一番コンプ感が有り、歪みの量も最大で、タイトでクランチな歪み
N:ダイオードクリッピング無し。Gainの低い設定でクリーンブーストの様に働き、時計方向で1時を過ぎた辺りから癖の無いオーバードライブの様なディストーションに。

✍メモ:
シンプルな2つのツマミとトグルスイッチの組み合わせが使いやすそうです。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Gray Channel (動画)


Speaker Cranker

Speaker Cranker/スピーカークランカーはオールディスクリート回路のシンプルな、真空管アンプで得られる様な音のオーバードライブ。

✍メモ:
アンプをプッシュするクリーンなブースターからオーバードライブまで、1ノブのシンプルなオーバードライブ。70s Rockな音。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Speaker Cranker (動画)


Westwood⭐

Westwood/ウエストウッドは原音の良さをそのまま歪みに変える、トランスペアレントなオーバードライブ

真空管アンプの様な心地よい、原音を活かした自然な歪みから、スタックアンプを激しくプッシュする事も可能です。

強力なアクティブイコライザーを搭載しており20dBまでのカットとブーストが可能で、シングルコイルギターの余分な高音部分を抑え滑らかな音色にしたり、ハムバッカーギターの高音に広がりや空気感を与えたり、低音の濁りを取りさらに引き締める等の音作りが可能です。

✍メモ:
トランスペアレントなオーバードライブというと、高域が綺麗なアンプでいうとマッチレスやVOXのACシリーズの音を想像してしまうのですが、これはそんな感じの音でとても好き。手持ちのドライブペダルでいうとELECTRO-HARMONIX CRAYONと似ているかな。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Westwood (動画)


✅EARTHQUAKER DEVICES ディストーション

Acapulco Gold⭐

Acapulco Gold Power Amp Distortion

Acapulco Gold/アカプルコゴールドは、ディスクリート回路採用で、ソリッドスステート、チューブなどアンプの種類を選ばずに、70年代の真空管アンプのボリュームを上げた際のパワーチューブで得られる歪みをノブ1つで再現できるエフェクター。

✍メモ:
つまみ半分でもかなり歪みます。荒いファズのようなサウンドから、ギターのボリュームを絞ることでクリーン~クランチまで得られるまさにアンプライクなディストーション。

🖥ショップで比較📲

➡ Acapulco Gold 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Acapulco Gold (動画)


✅EARTHQUAKER DEVICES ファズ

Hoof

Hoof/フゥフはあの緑のロシア製ファズの音色を目指して開発されたものですが、ゲルマニウムとシリコンの良い所を合わせ、ビンテージのファズによく見られる様な温度の差で出る音色の不安定さを克服。

フゥフはファズの量の幅が広く、真空管で得られる様な自然な歪みから、ノブを全開にしてあの有名な緑のマフの音まで再現出来ます!そして、ShiftとToneで中域を思いのままに操作して、ベース等の楽器でも使用出来る様な音作りが可能です。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Hoof (動画)


Hoof Reaper Octave Fuzz

Hoof Reaper Octave Fuzz

ファフリーパーは当社で人気のHoofと廃盤のトーンベンダー系のファズTone Reaperを一つにまとめ、1オクターブ上の音を追加出来るエフェクター。

オクターブ含め全て独立したスイッチでのオン、オフが可能です。

*Octaveは調整するノブ等無く、フットスイッチを押すと1オクターブ上の音が足されます。こちらは回路上二つのファズの後に有り、単独で使用する事も可能。

*Tone Reaper(トーンリーパー)は既に廃盤となっている3ノブのトーンベンダー系のファズ。こちらもゲルマニウムとシリコンのハイブリッドでどの年代のベンダー系のファズの音色も得られます。

✍メモ:
トーンベンダーはジミー・ペイジやジェフ・ベックも愛用したファズとして有名です。やはり素敵な音がしますね。オクターブを個別でON/OFF出来るのは良いです。

おすすめファズ タイプ別

🖥ショップで比較📲

➡ Hoof Reaper Octave Fuzz 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Hoof Reaper Octave Fuzz (動画)


Cloven Hoof⭐

Cloven Hoof/クローベンフゥフは当社で人気のHoofを進化させた改良型のファズペダル。

Hoofで得られる音色の明解さと様々なファズの音色に変化出来る機能はそのままで、ファズの質感を若干増しさらに低音を加え、歪みの量が増えています。

あえてゲルマニウムのトランジスターを使用せず、4つのシリコントランジスターを使用する事によって外気の温度差の影響を受けづらく、さらに歪みの量を増やす事に成功しています。

✍メモ;
ギターのボリュームコントロールにも素直に反応し、Hoofよりも扱いやすそうなファズです。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Cloven Hoof (動画)


Colby Fuzz Sound

Colby Fuzz Sound

アースクエイカーとColby Amplifiersが協力してPark Fuzz Soundのオリジナルのファズ音を忠実に再現し、かつ現代のプレイヤーに対応出来る様に改良。NOSのゲルマニウムトランジスターを使用。

特徴:

  • ノイズ低減の為メタルフィルムの抵抗とキャパシターを使用
  • NOSのゲルマニウムトランジスターのマッチングを一つ一つ手作業 で選定する事によって安定した音色の実現が可能
  • オリジナルより約2倍のファズの量
  • 小さい筐体
  • トゥルーバイパススイッチとLED搭載
  • 通常のパワーサプライで使用可能

🖥ショップで比較📲

➡ Colby Fuzz Sound 【サウンドハウス】

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Colby Fuzz Sound (動画)


Erupter

Erupter/イラプターは2年の歳月を費やして開発した究極のファズです。 怠さとは無縁の締まった大きな低音と、噛みつくようなキレの有る高音、真空管アンプをプッシュするのに十分な出力。さらに楽器のボリュームに敏感に反応し、ボリュームを下げた際にゲインのコントロールを簡単に行え、その際の低音の出方も吟味しました。

✍メモ:
Biasツマミのセンタークリックが最適なファズのバイアス。中央からノブを左に回すとゲートの掛かった様なファズで出力も若干弱まり、中央から右に回すと出力が上がりタイトな音色のファズになります、、、あとはギターのボリュームコントロールでいかに良いポイントを見つけるかですね。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Erupter (動画)


Terminal

Terminal/ターミナルはレアなビンテージのJAX/Shin-ei Fuzzを元に開発された非常に破壊的な音を持つファズペダル。オリジナルの音を踏襲しつつ、非常に効きの良いイコライザーとボリュームコントロールを搭載しいます。

Voiceノブで中域周りと全体のキャラクターをコントロールし、Trebleでキレの有る高音をコントロール。Fuzzの設定次第で、バンド演奏の中でも埋もれないキレの有るファズから、ブツブツ系の潰れている野太いファズまで再現出来ます。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Terminal (動画)


Spires

Spires/スパイアーズはGreenとRed2つのファズを搭載。

Greenチャンネルはビンテージファズ Rosac Nu Fuzzの音を目指すべく何度もテストを重ね、当社オリジナルの回路でほぼ同じ音色を得られる事に成功。オリジナル同様常にゲインの高いファズになりますがトーンの調整によって様々な音色のファズが得られます。

Redチャンネルはシリコンダイオードを使用したFuzz Face系ファズ。シリコンダイオードを使用する事により気温の変化を受けず常に良質なファズを楽しめる事が出来ます。

✍メモ:
Redチャンネルの音が素敵!Greenはいらない😅

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Spires (動画)


Bows⭐

Bows/ボウズは貴重なデッドストックのゲルマニウム黒のOC139を使用した2モード(Full/Treble)のプリアンプ/ブースター。

TrebleでのセッティングではLevelを上げる事によって、60年代のイギリスから発生した、スタックアンプとトレブルブースターで奏でるエレクトリックブルースの様な噛み付きの有る音色に、Fullでのセッティングでは切れの良い音を保ちながらも低音をぐっと持ち上げ音全体を前面に出せ迫力が増します 。

✍メモ:
ブースターということになっていますが、ヴィンテージのゲルマニウムトランジスタを採用ということで、ファズ(トレブルブースター)のカテゴリーに入れました。60年代から70年代初期のロックな音ですね👍

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Bows (動画)


✅EARTHQUAKER DEVICES ブースター

Arrows

Arrows/アロウズはオールディスクリート回路採用のプリアンプ的なブースター。

元は歪み系のエフェクター前に置いて歪みのチャンネルを一つ増やす様な目的で開発されました。音が怠く暗いネックピックアップや、歪み系エフェクター使用時の音の切れを良くする為にも効果的です。ゲインを足す事と同時に低音と中音が締まり、高音にはキレの有る倍音を加える事ができ、ご使用中の真空管使用のアンプにもう一つ押しが欲しい時などにも最適です。

✍メモ:
シンプルな1ノブのプリアンプブースター。これならお気に入りのアンプやエフェクターのサウンドを迷うことなくプッシュできます。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Arrows (動画)


Tone Job

Tone Job/トーンジョブはハイエンドなオーディオグレードのイコライザー/ブースター。

アクティブ回路のTreble、Mid、Bassをコントロール出来、全ての帯域で20dbまでブースト可能。しかもLevelでイコライザーに入る前の信号もさらに最大5倍まで増幅する事が可能です。

18vまでの電源に対応していますので、よりクリアなヘッドルームで使用をご希望の場合はそちらをお勧めします。

✍メモ:
オーディオアンプ的に直感的な操作が魅力的なイコライザー/ブースター。

🖥ショップで比較📲

posted with カエレバ
Youtube 動画 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Tone Job (動画)


特集