ファズフェイス JH-F1レビュー

LINEで送る
Pocket

Fuzz Face ファズフェイス JH-F1レビュー

 

FUZZ ファズと言うと、60~70年代の古い、時代遅れの歪みエフェクターという印象を持ってる方も多いと思いますが、それはファズというエフェクターの一面でしかありません。確かにバリバリと音の割れたような古臭い歪みもファズサウンドの一つではありますが、ギターのボリュームを調整することで、その古臭い歪みがオーバードライブ/ディストーションにもなり、さらにボリュームを絞ると鈴鳴りと呼ばれる艷やかなクリーンサウンドも得られるという魅力的なエフェクターペダルでもあるのです。

ピッキングのタッチに敏感なジャズ/ブルースギタリストをも魅了するファズエフェクター/ファズフェイスの魅力を紹介したいと思います。


ファズはクリーンから激しい歪みま出せる魅力的なペダルである

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ )/ Fuzz Faceはファズの代表的なモデル。

JIM DUNLOP Fuzz Face
JIM DUNLOP ( ジムダンロップ )/ Fuzz Face

ファズを全開にした時のサウンドは強烈で、PUセレクターをフロントにしようが、リアにしようがブーミーでほぼ同じ音、のような暴れ馬的エフェクターで、代表的なサウンドといえばジミ・ヘンドリックスのこの曲

Youtube 動画Purple Haze(動画)

 

そんな暴れ馬的なサウンドのファズ・ペダルですが、ギター側のボリュームを絞ることで、艷やかなオーバードライプから鈴鳴りサウンドと称される極上のクリーンサウンドまで多彩な音の出せるペダルなのです。

 

ファズ=ジミ・ヘンドリックスというほど有名ですが、そのジミのアルバムを聴くとジミは、クリーンなギタリストでもあって、アルバムAre You Experienced?を聴いても、Red HouseRememberHey Joe 、The Wind Cries Maryなど、クリーンな曲が非常に多いです。

 

ジミ・ヘンドリックスがファズの鈴鳴クリーンを使っていたのか、エフェクターを切ったアンプのクリーンサウンドを使っていたのかは不明ですが、動画を見ると、頻繁にギターのボリュームを調整し、歪みと音量をコントロールをしているのが確認できます。

 

ファズの使い方

ファズ本体の設定は、ゲイン、ボリュームはほぼ全開にし、ギターのボリューム10で過激でブーミーなファズサウンドが出るようにしておくことがポイント。

そこからギターのボリュームを少し絞り、歪みの調整をするのが良いと思います(モデリングのファズでは出来ません)。

ギターアンプの設定は(できればチューブアンプの)少し歪みの乗ったクランチセッティングにしておきましょう。

アンプがクリーンだと音の硬い歪みになってしまいますので、クリーンなアンプしか用意できない場合はチューブスクリーマーなどのオーバードライプペダルで軽く歪ませた音に、ファズをかけたほうが良いと思います。

ファズペダルを使い、激しい歪みから柔らかなクリーン~クランチサウンドを出すギタリストとして トミー・ボーリン も必聴です。ファズの使い方の勉強になります。

Youtube 動画Tommy Bolin – YouTube(動画)
Tommy Bolin ( トミー・ボーリン )の機材

 

参考動画

FUZZ FACE ゲルマニウム・ファズの源流【デジマート DEEPER’S VIEW Vol.03】:

https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=uFCs64WJrGg

ファズフェイス/ファズペダルがいかに奥の深いペダルであるのかお分かりいただけたでしょうか。

 

Jimi Hendrix Fuzz Face JH-F1

ジミ・ヘンドリックス・ファズフェイス JH-F1の紹介

ファズフェイス内部:大きな筐体の中身はこんなにシンプル
大きな筐体の内部はこんなにシンプル。

FUZZ FACE JH-F1のトランジスタはシリコンBC108を使用
FUZZ FACE JH-F1はジミ・ヘンドリックスがバンド・オブ・ジプシーズ時代(1970年)に愛用したファズフェイスを再現したペダルで、半導体/トランジスタが初期のゲルマニウムからシリコントランジスタ(BC108)に変更されているのが特徴です。

 

元気でパワフルな音のするファズペダルで、ギターのボリューム全開では非常にブーミーで扱いに困るほどですが、ギターのボリュームを絞るにつれ、扱いやすい艷やかなサウンドに変化します。

 

ゲルマニウムとシリコントランジスタの違い
ゲルマニウムトランジスタは個体差があったり、気温により動作が不安定になり音が変わってしまうという欠点があり、様々な場所でライブを行うジミをかなり困らせていたようです。

その点シリコントランジスタは、耐熱温度180℃(ゲルマニウムの耐熱は約80°C)で壊れにくく、個体差もないので安定したサウンドが得られるようになったようです。

しかし音を追求するギターの世界ではゲルマニウムトランジスタ搭載モデルは未だ人気があり、ゲルマニウムトランジスタのローファイな音が好きという方も多いです。

ゲルマニウムトランジスタ搭載のファズを使う方は、陽の当たる真夏のステージや寒い屋外でステージでの使用はもちろんですが、炎天下の車内からの持ち込みや、真冬の屋外からの持ち込みにも気をつけたほうが良いのかもしれませんね。

シリコントランジスタはゲルマニウムトランジスタに比べ気温の変動に強いのが特徴
シリコントランジスタ(BC108)採用のJH-F1 Fuzz Face

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ )/ JH-F1

JH-F1

🖥ショップで探す📲

■ JH-F1 【サウンドハウス】
◆ JH-F1 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Dunlop JH-F1(動画)

ジムダンロップのファズフェイスでは赤いカラーのものがゲルマニウムトランジスタ搭載モデルです。

 

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ )/ JD-F2

🖥ショップで探す📲

◆ JD-F2 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – Dallas-Arbiter Fuzz Face (動画)

参考動画

こちらの動画ではギターのボリュームを調整し、歪んだファズサウンドからクリーンまで色々なサウンドを出しています。

ゲルマニウムとシリコントランジスタ・ファズの音の比較していて非常に参考になります。シリコンのほうが僅かに元気で現代的な歪みに感じますがいかがでしょうか?

Dunlop Fuzz Face | Germanium vs Silicon, fuzz before/after:

https://www.youtube.com/watch?v=YYDz427MxsI

 

ファズフェイス オススメ

そんな魅力的なファズペダル/ファズフェイスも、筐体が異様に大きかったり、9v電池しか使えないなど、今どきのエフェクターからすると使いづらい面もありましたが、ミニサイズのファズフェイスが発売されたことで、より身近な存在になりました。これならエフェクターボードに入りますからね👍

 

Fuzz Face Miniは全て、トゥルーバイパス、ステータスLED、電池交換が容易なバッテリーボックス、ACアダプターが使えるDC入力装備と小さいだけでなく、使いやすくなっているのもポイントです。

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Fuzz Face Mini

Fuzz Face Mini
Fuzz Face Mini

Fuzz Face Mini

Fuzz Face Mini

ゲルマニウムトランジスタを採用した60年代仕様の、シリコントランジスタ採用の70年代仕様のの他、ジミ・ヘンドリックス・モデル(ブルー)、ジョー・ボナマッサ・モデル(黒)などをラインナップ。

🖥ショップで探す📲

■ Fuzz Face Mini【サウンドハウス】
◆ Fuzz Face Mini 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube – JIM DUNLOP Fuzz Face Mini (動画)

 

その他、エリック・ジョンソン・ファズフェイスや、ジョー・ボナマッサ・ファズフェイスも発売中。

JIM DUNLOP ( ジム・ダンロップ )ファズフェイス 一覧

 

ファズの定番 ビッグマフやトレブルブースターなど:
その他 ファズ 一覧 

 

 

ファズフェイス愛用ギタリスト

ジミ・ヘンドリックススティーヴィー・レイ・ヴォーンエリック・ジョンソントミー・ボーリン、ジョー・ボナマッサ など魅力的なファズサウンドを出しています。

 

ギターのボリュームを絞るので、ボリュームポットは音ヤセの少ないCTSに交換したいところです。

オススメのCTS製コントロール・ポット

 

 

LINEで送る
Pocket

「ファズフェイス JH-F1レビュー」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です