WARM AUDIO Warm Bender

WARM AUDIOの歪みエフェクターをまとめて紹介

WARM AUDIO

WARM AUDIOの歪みエフェクター一覧。

WARM AUDIOは2011年にアメリカはテキサス州で創業された音響メーカーで、エフェクターはもちろん、マイクなどのレコーディング機器も多数販売しています。

WARM AUDIO Warmdrive


WARM AUDIO オーバードライブ

ODD

WARM AUDIO ODD

Warm ODDは、某F社のOCDからインスピレーションを得て制作されたハードクリッピングのオペアンプベースのオーバードライブ。

中央には本家同様のUKサウンドとUSサウンドを切り替えるスイッチ搭載し、クランクされた飽和真空管アンプのすべてのサウンドを提供します。

ODD は TLO82CP オペアンプ、2N7000 トランジスタ、厳選されたコンデンサと抵抗器などのプレミアムコンポーネントを使用したスルーホール構造で構築されています。

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – WARM AUDIO ODD (動画)

Used Fulltone OCD Is Overpriced? Get This Instead! | Warm Audio ODD | Gear Corner:

Tsuneくん

本家とほぼ同じデザインのOCD、、、じゃなかったODD。

久しぶりにOCD弾きたくなったぞ。


Centavo

WARM AUDIO Centavo

Warm Audio Centavoは、ギターエフェクターの中で最も人気のKlon Centaurを正確に再現したペダルです。

特徴

  • オリジナルのKlon Centaurのサーキットを忠実に再現。
  • TL072オペアンプ、1N34Aゲルマニウムダイオード、カーボン抵抗、チャージポンプ電圧レギュレータを含む高性能部品を使用。
  • 9Vバッテリーまたは標準的な9V電源アダプターで駆動。
  • バッファードバイパス
  • リアにMODスイッチを搭載し低音域を付加することが出来ます。

WARM AUDIO Centavoに搭載のMODスイッチは低音域を拡張します

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – WARM AUDIO Centavo (動画)

Best Affordable Klon Clone? Warm Audio Centavo:


Warmdrive

WARM AUDIO Warmdrive

Warmdriveは伝説のオーバードライブ”Zendrive”を再現したペダルです。

Zendrive

”Zendrive”とはこちらも伝説のアンプ”Dumble Overdrive Special”サウンドを再現した”AMP-in-a-Box”ペダルで、Voiceノブまで再現されています。

特徴

  • 伝説のアンプ・トーンで知られる「Zen」オーバードライブを忠実に再現。
  • 2N7000 MOSFET、NE5532 Op-Amp、カーボン抵抗、1N34Aゲルマニウム/ショットキーBAT41ダイオードなど、オリジナルモデルに近い高性能部品を使用。
  • バッファードバイパス。
  • 9Vバッテリーまたは標準的な9V電源アダプターで駆動

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – WARM AUDIO Warmdrive (動画)

Hermida Zendrive vs Warm Audio Warmdrive:


WARM AUDIO ディストーション

 


WARM AUDIO ファズ

Warm Bender

WARM AUDIO Warm Bender

トーンベンダースタイルのファズ
Warm Benderは、ジミー・ペイジやジェフ・ベック、ピート・タウンゼントをはじめ60年代から70年代の英国ギタリストに愛用された”トーンベンダー”を忠実に再現したファズペダルです。

3種類のトランジスタを選択可能
コントロールは、Attack(ゲイン)とLevelに加え、3種類のトランジスタを切り替えるVersionスイッチを中央に搭載。

WARM AUDIO Warm Benderは3種類のトランジスタを選択可能

  • NOS 76 (1X OC76 & 1X SFT337 トランジスタ) は、カット高域、クリアなプレゼンス、そして美しくクリーンアップするドライブを備えた初期のトーンベンダートーンが得られます。
  • NOS 75 (3X OC75 トランジスタ)は、よりタイトなローエンドとトップエンドのレスポンス、スムーズなディストーションサウンドのトーンベンダーMark II スタイルのトーンが得られます。
  • SILICONトランジスタを使用したモードでは、最もディストーションに近いサウンドを出力します。よりスムーズなサスティン、コンプレッション、そしてより多くのコントロールを提供します。

SAGコントロール
トップ側面にはSAGスイッチが搭載されています。SAGとは9Vの電圧を変化させるためのスイッチで、スイッチONで電池が減って電圧が低下した時のファズサウンドを再現することが出来ます。

WARM AUDIO Warm Benderの入出力(SAGスイッチ搭載)

トゥルーバイパス

 

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – WARM AUDIO Warm Bender (動画)

Warm Audio Warm Bender Fuzz Pedal Review:

Tsuneくん

トランジスタを切り替えられるスイッチを搭載したお得なトーンベンダー。やはりトーンベンダーの音は素晴らしいですね。ギターのボリューム1つでクリーンからドライブサウンドまで得られます。


Foxy Tone Box

WARM AUDIO Foxy Tone Box

Foxy Tone Boxはビンテージファズ”Foxx Tone Machine”を忠実に再現した100%アナログのオクターブファズ。

WARM AUDIO Foxy Tone Box

特徴

  • 100%アナログのフルディスクリートシグナルパスを備えるオリジナルの「FOXY」ファズのサーキットを忠実に再現。
  • オリジナルの回路に含まれるフェアチャイルド製NOS 2N3565トランジスタなどのプレミアムコンポーネントを採用。
  • カーボン抵抗、ゲルマニウム1N34Aダイオード、プレミアムフィルムコンデンサ採用
  • トゥルーバイパス
  • OCTAVE SUSTAINスイッチ
  • オレンジのベルベットで覆われたGROOVYヴィンテージ・エンクロージャー
  • 電源:9Vバッテリー / 付属9V DCアダプター (2.1mm、センターマイナス)

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – WARM AUDIO Foxy Tone Box (動画)

Vintage Foxx Tone Machine Fuzz Demo:

FAR OUT! Warm Audio Foxy Tone Box Fuzz!:

Tsuneくん

オリジナルに準じてこちらもベルベットで覆われた筐体なんですね。

オクターブファズというと飛び道具的にしか使い道はないですが、このファズはオクターブをOn/Off出来るのがポイントです。

サウンドもオリジナルのFoxx Tone Machineと非常によく似ていると思います。

”Foxx Tone Machine”を再現したモデルは他にもDANELECTROからも発売されていますのでこちらもどうぞ。


WARM AUDIO ブースター

 


メーカー別

Posted by Tsune