[JHS Pedals PG-14] アンプライクな歪みからファズライクな歪みまで。ポール・ギルバートのシグネチャー・ディストーション

エフェクターJHS Pedals, ディストーション, ポールギルバート, 歪みエフェクター図鑑

ポール・ギルバートの新しいシグネチャー・ディストーション・ペダルがJHS Pedalsから発売されました。


JHS Pedals PG-14

JHS Pedals PG-14

スニーカーの絵👟と日本語で書かれた"ギルバート”(これがシグネチャー??)の文字がかわいいですね😍

まず歪みのベースとなっているのがFET回路で、チューブアンプをプッシュした時のタッチやフィーリング、レスポンスを再現しますとのことで、動画を見ると確かにアンプの歪みに近い感じもします。

それにプラスしてPush/Driveを上げることで荒々しいファズっぽいサウンドも出せてなかなか面白そうなペダルです。


JHS Pedals PG-14の動画

さらにトーンコントロールは、従来のTONEの他にMIDコントロールと、さらにそのMIDの周波数を調整するMid Frequencyツマミがあって、効きはいわゆるメタル系ディストーションに搭載されているパラメトリックイコライザーのように劇的に音が変わる感じではなさそうですが、クラシカルなロックサウンドを作る上ではかなり役立ちそうな機能も持っています。

私は好きですねぇ👍

ただちょっと高いかなぁ😲


JHS Pedals PG-14はこちらから

posted with カエレバ

こちらもどうぞ