NUX TAPE ECHO (NDD-7)

NUX ディレイ

NUX

NUXのディレイ一覧

NUX TAPE ECHO (NDD-7)


NUX

TAPE ECHO NDD-7

NUX TAPE ECHO (NDD-7)

NUX TAPE ECHOは日本製テープエコーであるローランドのSpace Echoへのオマージュとして制作されました。

3つの再生ヘッドを組み合わせることで多彩なテープエコーサウンドを再現します。オリジナルにはないタップテンポスイッチやエクスプレッション・ペダルによるコントロールも可能です。

NUX TAPE ECHO (NDD-7)の入出力

✅主な特徴:

  • ディレイタイムはタップテンポの使用で最長1600ms。
  • ONとTAPフットスイッチを同時に押すことでSOSモード(ルーパー)モードになり、40秒のリアルステレオフレーズループを提供。
  • リバーブ搭載。
  • Tape Echo Editor Softwareを使用してパラメーターやMIDIの割り当ても可能です。
  • 選択しているテープヘッドは右上のディスプレイに表示され一目で確認できます。

NUX TAPE ECHO (NDD-7)のサイドパネル

NUX TAPE ECHO (NDD-7)はディスプレイにより選択しているテープヘッドの動きで確認できます

Left Caption
BOSSのRE-202 Space Echo、RE-2 Space Echoを買うかこのNUXを買うか迷いますね。

🖥購入はこちらから📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – NUX TAPE ECHO NDD-7 (動画)


Atlantic

NUX Atlantic

NUX Atlanticはディレイとリバーブの2in1ペダル。ディレイとリバーブはそれぞれ3種類を搭載し、タップテンポにも対応しています。

✅ディレイタイプ:

  • 70’s(ディレイタム40 ms - 400 ms): 70 年代サウンドの象徴とも言える BBD 素子によるアナログディレイサウンドを再現。
  • 60’s(ディレイタム55 ms - 550 ms): アナログデバイスによって構築されるウォームでダスティーなテープエコーサウンド。
  • 80’s(ディレイタム80 ms - 800 ms): デジタル世代特有のクリアなディレイサウンドです。デジタルコピーされたディレイサウンドはオリジナルサウンドを忠実に再現。

✅リバーブタイプ(スイッチを押し続けるとリバーブに幻想的な効果を付加する"Shimmer"モードになります):

  • SPR: スプリングリバーブユニットによる複雑な残響音を再現。
  • PLA: 金属板を振動させて、その音をピックアップで拾って残響音を作り出すプレートリバーブのシミュレート。
  • HAL: ホールリバーブのシミュレート。リバーブレベルノブでホールサイズを、リバーブディケイノブでホールの壁の数を調整できます。

また、NUX Atlanticは2つのエフェクトの接続を変える内部ルーティングコントロール機能を搭載しています(スイッチは上部側面)。

NUX Atlanticの入出力

シリアル(直列)接続モードでは、深く広がりのあるリバーブサウンドにディレイリピートを加えたり、ドライなディレイサウンドにリバーブサウンドを付加したりすることが可能。また、パラレル(並列)接続モードでは、リバーブとディレイの信号を独立して処理し、ミックスすることができます。

ステレオアウトにも対応しています。

🖥購入はこちらから📲

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – NUX Atlantic (動画)

関連リンク

QR Code | エフェクター大全集

2022年5月15日ディレイ

Posted by Tsune