JIM DUNLOP JHMS3 UNI-VIBE CHORUS/VIBRATO

JIM DUNLOP のトレモロ/ビブラートをまとめて紹介

JIM DUNLOP

ワウ、ファズフェイスなどのエフェクターやギター用パーツやアクセサリーを多数扱うジムダンロップのトレモロ / ビブラート

JIM DUNLOP JD-4S ROTOVIVE


JIM DUNLOP

JD-4S ROTOVIBE

JIM DUNLOP JD-4S ROTOVIVE

RotovibeはJimi Hendrixなど多くのミュージシャンが使用したユニバイブのサウンドをシミュレートするエフェクター。

ビブラートとコーラスのモードを搭載し、ペダルでモジュレーションスピードをコントロール、サイドツマミで深さ(intensity)を調節します。

ビブラートとコーラスは踵側の赤いボタンを押す(キック)することで切り替えます。

JD-4S ROTOVIVEのビブラートとコーラス切り替えは赤いスイッチで行います

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | JD-4S ROTOVIBE (動画)

DUNLOP ROTOVIBE – GEAR UP:

Left Caption
モジュレーションスピードやintensity、ビブラートとコーラスの切り替えなど、すべて足元で操作できるので実用的です。

JHMS3 UNI-VIBE CHORUS/VIBRATO

JIM DUNLOP JHMS3 UNI-VIBE CHORUS/VIBRATO

JHMS3 UNI-VIBE CHORUS/VIBRATOは、ジミが愛用したユニバイブを再現したミニサイズのペダルです。

本体上部のスイッチによってCHORUS/VIBRATOを切替可能です。

JHMSシリーズは他にも歪み系3種をラインナップ。

  1. JHMS1 FUZZ FACE DISTORTION
    ゲルマニウムとシリコントランジスタを上部のスイッチで切替可能なファズフェイス系ファズ。
  2. JHMS2 OCTAVIO FUZZ
    オリジナルのOCTAVIOの回路をアップデート。ファズとアッパーオクターブは本体上部のスイッチで切替可能。ファズはシリコントランジスタを採用。
  3. JHMS4 BAND OF GYPSYS FUZZ
    ジミが70年代に愛用したシリコン・トランジスタ採用のファズフェイス系ファズ(トーンコントロール搭載)。

JIM DUNLOP JHMSシリーズは歪み系もラインナップしています

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | Jim Dunlop JHMS3 (動画)

Left Caption
小さく取り回しが良いのでこのJHMSシリーズでそろえるのもありでしょう!

おすすめ記事