[ストラトキャスター] シンクロナイズドトレモロを2点支持のトレモロようにするスクリュー SCUD SRPOC

2012年12月10日ギターパーツストラトキャスター

SCUD SRPOCとは、6点止めのごく普通のシンクロナイズドトレモロのスクリューをこれに交換することで、2点支持のフローティングトレモロのようにスムーズに動作させ、チューニングを安定させようというギターパーツ(フリーフローティングスクリュー)。

SCUD SRPOC


SCUD SRPOC

SCUD ( スカッド ) / SRPOC(フリーフローティングスクリュー)とは、スクリューの途中に設けられた凹みに、6点止めのごく普通のシンクロナイズド・トレモロをセットすることで、2点支持のトレモロのように動作させようというもの。

シンクロナイズドトレモロ

通常のシンクロナイズドトレモロは6つのスクリュー(ビス)で固定しますが、ボディーとの接点はこの部分。

シンクロナイズドトレモロの接点

このように接地面積が多く、また6つのビスの締め付け具合によってはチューニングが安定しない場合がありますが、

簡単なシンクロナイズドトレモロの調整

このSCUD ( スカッド )の SRPOC(フリーフローティングスクリュー)はスクリューの途中に設けられた凹み部分を接点にすることで、トレモロユニットがよりスムーズに動き、2点支持のトレモロユニットのようにチューニングも安定するのではないかと思います。

2点支持のトレモロユニット(Wilkinson)

6本のスクリューで使用するのが標準ですが、2点や4点で使用すればよりチューニングがさらに安定するように思います(強度の問題もあるかと思いますので自己責任で)。

 

情報が少ないのですが、サウンドハウスなど販売サイトのレビューを読むと、チューニングは安定するようです。

 

シンクロナイズド・トレモロはそのままに、よりチューニングを安定させたい、アームの効きを良くしたいという人には良いかもしれませんね。

これはアイデア賞ものです👍

 

SCUD ( スカッド ) / SRPOCはこちらから

SCUD SRPOC

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ

関連リンク