JHS Pedals からエフェクター 7種 [3 Series]

エフェクターJHS Pedals,エフェクター大全集,オーバードライブ,コンプレッサー,コーラス,ディストーション,ディレイ,ファズ,リバーブ,歪みエフェクター図鑑

3ノブのシンプル操作とコスパに優れた”3 Series”エフェクター7機種がJHS Pedalsから発売されました。

JHS Pedals 3 Seriesが発売


JHS Pedals 3 Seriesのラインナップ

JHS Pedals 3 Seriesのラインナップは、歪み系ではオーバードライブとディストーション、ファズ、その他ペダルとしてはコーラス、コンプレッサー、ディレイ、リバーブの7種類。

JHS Pedalsのエフェクターはだいたい2~3万円台と高額のものが多いですが、この3 Seriesはだいたい14,000円程度なので、かなりお買い求めやすい価格になっています。

また、シンプルな3つのつまみで操作可能というのも良いですね👍

それではまずは歪み系から見てみましょう。

 

JHS Pedals 3 Seriesの動画

ギターはテレキャスターで、2分すぎから Fuzz、Overdrive、Distortionの順で弾いています。

JHS Pedals 3 Series – Fuzz – Overdrive – Distortion:

3 Series Fuzz:

JHS Pedals 3 Series Fuzz

ブリブリ、チリチリと癖がありまくりのファズで、私は無理、、、ですけど、4:40過ぎにギター側のボリュームを絞った音を少しだけ聴けるのですが、その音は結構良いぞ😊

やはりファズはギター側のボリュームありきで使うものですね。

 

3 Series Overdrive:

JHS Pedals 3 Series OverDrive

クランチからミディアムゲインのオーバードライブ。基本は3つのノブで操作するので音作りもしやすそう(Bass、Trebleのつまみは私は苦手です)。

以下の動画はストラトキャスターとレスポールでの動画で、やはりミディアムゲイン程度までしか歪みませんが、クランチサウンドがカッコよすぎますね。

JHS 3 Series: OVERDRIVE:

もちろんアンプの歪みを組み合わせることで様々なジャンルにも対応するでしょう。

3 Series Distortion:

JHS Pedals 3 Series Distortion

テレキャスターでも結構歪みますね。ヴァン・ヘイレン・ライクなブラウンサウンドもこれがあれば楽々作れそう。

以下はSGでの試奏動画ですが、めっちゃカッコいい音!!

JHS 3 Series: DISTORTION:

この中から選べと言われたら、私は3 Series Distortionですかね。

その他の3 Seriesペダルも少しだけ紹介しておきましょう。

 

3 Series DELAY:

JHS Pedals 3 Series Delay

JHS Pedals 3 Series Delay:

デジタルモードとアナログモードを持つシンプルなディレイ。ディレイタイムは80~800ms。

リピートを長く取ってタイムを動かすとシュワシュワと発振も可能です。

*3:40あたりから

 

3 Series CHORUS:

JHS Pedals 3 Series Chorus

JHS 3 Series – Chorus – Demo:

昔ながらのサウンドが素敵なコーラス/ビブラートペダル。

 

3 Series REVERB:

JHS Pedals 3 Series Reverb

JHS Pedals 3 Series Reverb:

リバーブ音の初期反射音のパターンを変更できるPre-Delayスイッチ搭載したシンプルなリバーブ。

 

3 Series COMPRESSOR:

JHS Pedals 3 Series Compressor

JHS 3 Series: COMPRESSOR:

コンプの効きはさほど強くない印象ですが、AttackとSustain全開で、BOSSやMXRのような、いかにもコンプかけてます!的なサウンドも出せるので問題ないでしょう。

 

JHS Pedals 3 Seriesはこちらから

JHS Pedals 3 Seriesはこちらから

posted with カエレバ

関連リンク