[ Fender 68 Custom ]Vintage/Customという2つのチャンネルをもつ新しいフェンダーのシルバーフェイスアンプ

2013年11月15日アンプFENDER, チューブアンプ図鑑

フェンダーアンプのラインナップにシルバーフェイスが加わりました。シルバーフェイスとはコントロールパネルがシルバーになったアンプの通称で、1968年に発売され、ビートルズが使ったアンプとしても有名です。

FENDER ’68 Customシリーズ:
68 Custom Princeton Reverb


FENDER ( フェンダー ) ’68 Customシリーズ

通称ブラックフェイスと呼ばれるフェンダーアンプがシルバーフェイスにモデルチェンジしたのが1968年。

65 PRINCETON REVERB
コントロールパネルが黒い通称”ブラックフェイス”

シルバーフェイスは、それ以前のブラックフェイスに比べ音が硬いとか、歪まないとかあまりよい評判を聞きませんが個人的には非常に好きなアンプ。

昔よく利用していたスタジオに置いてあったので、何度も弾いたことありますがキラキラした高域とぶっとい中低域が印象的なアンプでした。

ブラックフェイスとシルバーフェイスの違いは、同時に弾き比べたことはないのでよく分かりませんが、近年はYouTubeなどで色々な動画が見られる/聴けるので本当にありがたい。

言葉にするならブラックフェイスはツヤツヤ、シルバーフェイスはキラキラという感じですかね??

リバーブのかかりはシルバーフェイスの方がなんとなく好きです。

何よりもビートルズが最後の2枚で使ったアンプがシルバーフェイスですから、聴いてもらえばどんなアンプか分かると思います。

DIG A PONY:

この曲なんかはまさにフェンダー・サウンドですね、良い音してます。

シルバーフェイスの68 Customシリーズは4機種。


FENDER ’68 Custom Princeton Reverb

10インチスピーカー、12wの、’68 Custom Princeton Reverb

68 Custom Princeton Reverb

Spec;
スピーカー:10インチ×1(Celestion TEN 30)
真空管:3 x 12AX7, 1 X 12AT7、2 x 6V6
重量:40.6cm x 50.5cm x 24.13cm、15.7kg

Fender 68 Custom Princeton Reverb Combo Amplifier Demo:

 


FENDER ’68 Custom Deluxe Reverb

12インチスピーカー、22wの、68 Custom Deluxe Reverb。自宅の練習からライブハウスまで使えるお手頃サイズ。

68 Custom Deluxe Reverb

Spec;
スピーカー:12インチ×1(Celestion G12V-70)
真空管:4 x 12AX7, 2 X 12AT7、2 x 6V6
重量:44.5cmx62.2cm x 24.13cm、19.05 kg

Fender 68 Custom Deluxe Reverb Combo Amplifier Demo:


FENDER ’68 Custom Vibrolux Reverb

68 Custom Vibrolux Reverb

Twin Reverb(85w)とDeluxe Reverb(22w)の中間的な立ち位置の35wのアンプ。スピーカーは12インチではく10インチを2発搭載なので、パワフルでありながらも軽いアンプです。

Fender ’68 Custom Vibrolux Reverb Demo:

Spec;
スピーカー:2×10” Celestion TEN 30
真空管:4 x 12AX7, 2 x 12AT7, 2 x 6L6
重量:46.05 cm (H) x 61.93 cm (W) x 24.46 cm (D) 18.96 Kg


FENDER ’68 Custom Twin Reverb

12インチスピーカーを2機搭載した出力85wの、’68 Custom Twin Reverb。クリーンといえばこのアンプです。

68 Custom Twin Reverb

Spec;
スピーカー:12インチ×2(12″ Celestion G12V-70)
真空管:4 x 12AX7, 2 X 12AT7、4 x 6L6
重量:50.46cm x 66.4cm x 21.9cm、29 kg

Fender 68 Custom Twin Reverb Combo Amplifier Demo:


FENDER ’68 Customシリーズの特徴

この68カスタムシリーズは見た目こそ当時のシルバーフェイスを踏襲していますが、オリジナルとはかなり仕様が異っています。

Vintage/Customの2チャンネル

まず目を引くのがVintageCustomという2チャンネル(2つのインプット)を持っているということ(Princeton Reverbを除く)。

68 Customシリーズのコントロールパネル:

Princeton Reverbはシングルチャンネル仕様:

“Custom"チャンネル

’68 Custom Deluxe Reverbと’68 Custom Twin Reverbには、伝統的なシルバーフェイスのトーンを再現した"Vintage"チャンネルと、59Bassmanのトーンスタックを有した"Vintage"チャンネルを搭載。クラシカルなルックスの一方で、使い勝手の良いスペックとなっています。

Silver-Face" ’68 Customシリーズ登場:Fender Official Site Japanより~

59Bassmanというと、ツイード期のベースマンですが、ツヤツヤ、キラキラなブラック/シルバー期に比べると、ジャリっとした太くて荒々しいサウンドが特徴のアンプです。

動画を見た感じでは、59Bassmanの音という感じはしませんが、とてもパワフルで魅力的な音ですね。

Vintage/Customの切り替えは、スイッチではなく、通常のアンプで言う左側のノーマルチャンネル側が"Custom"チャンネルになるので、ケーブルを差し替えるか、足元で操作するにはA/Bセレクターを別途用意する必要があります。

オリジナルにはないVintage/Custom両チャンネルでトレモロとリバーブが使えるというのも素晴らしい点ですね👍

セレッションスピーカー搭載

フェンダーアンプというとJensenEminenceが有名ですが、この68 CustomシリーズにはCelestionスピーカーが搭載されています。

CelestionスピーカーはVOXやMarshallなど英国系のアンプでおなじみのスピーカーですが、このCelestionを搭載することにより、より中域の持ち上がったロックテイストなアンプに仕上がっているとのこと。

整流管はダイオード

ブラックフェイスのリイシューはPrinceton Reverb、Deluxe Reverbなど整流管も真空管(5AR4)が使われていますが、この68シリーズはダイオード整流のようです。チューブアンプとはいえ整流管まで真空管を使用しているアンプは最近は珍しいので特に問題はないと思いますが念の為。


ロックな音も出せるフェンダーアンプ

単なる銀パネのリイシューなら、さほど高価でないオリジナルの銀パネを購入すれば良いと思いますが、フェンダーのサウンドが欲しくて、さらにロックな音も欲しいという贅沢な方にはこのアンプはおすすめですね。

チャンネル・リンクも出来るようです。

詳しくは、

山野楽器、Fender Vintage Series「68 Custom Amplifer」3機種を発表!:

シルバーフェイスのアンプ3種が待望の復刻!Fender ’68 Custom:


FENDER ’68 Customシリーズはこちらから

FENDER 68 Customシリーズ

🖥ショップで見てみる📲

サウンドハウスで探す FENDER 68 Customシリーズ【サウンドハウス】

posted with カエレバ

こちらでも紹介しています