TC ELECTRONIC Flashback Delay & Looper レビュー

LINEで送る
Pocket

TC ELECTRONIC Flashback Delay & Looper

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック )  / Flashback Delay & Looperを購入しました。

Flashback Delay & Looperは、近年のディレイにはあたりまえに搭載されるタップテンポのさらに上を行く、オーディオルーパー機能をもつ高性能ディレイ。

TC ELECTRONIC のディレイ、Flashback Delay & Looper レビュー


今回、ディレイを購入するにあたっての条件として、ディレイ・タイムを足で変更可能なタップテンポ機能の搭載、エフェクトループにも繋ぐので、ローインピーダンスにも対応したモデルであることを条件に探しました。

オーディオルーパー機能

近年のディレイに搭載されるタップテンポは、足でリズムを取ることでディレイタイムの変更が可能で、これは非常に便利ですが、TC ELECTRONIC のFlashback Delay & Looperは、それをさらに上回るオーディオルーパー機能が搭載されています。

オーディオルーパー機能とは、ディレイのON/OFFスイッチを長押しすることで、音声がミュートされ、その間にギターで簡単なリズムを刻むだけで、テンポの設定変更が可能となります。

足よりも細かな動作の出来る手を使えるというのは非常に便利です>この機能があるからTCエレクトロニックのディレイを買ったと言っても過言ではありません👍

さらに細かな符割りはピン・スイッチで選択可能で、通常の4分音符、ヴァン・ヘイレンで一躍有名になった付点八分、1/4+付点八分の選択が可能です。

TC ELECTRONIC Flashback Delay & Looper の符割り

詳しくは下記動画で、

*オーディオ・ルーパー機能の説明は11分10秒から

【試奏動画】tc electronic Flashback Delay & Looper

■ https://www.youtube.com/watch?v=m1pGBX16d_c

素晴らしいですね(^^)。さらに補足すると、ディレイタイムは20ms~7000ms(7秒)、ディレイのモードは10種類(ルーパーを除く)。


各ツマミの説明

Flashback Delay Looper各ツマミの説明

DELAY:
ディレイタイムを20ms~7000ms(7秒)の間で調整します。フットスイッチによるタップテンポ(オーディオルーパー機能)でも調整可。

FEEDBACK:
ディレイ音の反復回数を設定します。

FX LEVEL:
ディレイ音のレベルを調整します。


Flashback Delay & Looper搭載のディレイ

2290 – デジタル・ディレイ

原音に忠実な、ピュアでクリーンなデジタル・ディレイ

ANA- アナログ・ディレイ

デジタルよりナチュラルなサウンドのアナログ・ディレイ

TAPE – テープ

回転ムラまで再現した、テープエコーのサウンドを再現

LOFI – ローファイ

ディレイ成分を意図的に潰したモード

DYN – ダイナミック

名機TC2290のレプリカ。演奏中のディレイは抑えめ、入力が途切れるとディレイの出力が上がるモード。

MOD – モジュレーション

ディレイ音のみにビブラート(コーラス)を施すモード。

P.PONG – ピンポン

ディレイ音を左右にパン

SLAP – スラップ

ダブリングのような効果が得られるモード。

RVS – リバース

ディレイ音をリバース

LOOP – ループ

音を録音し再生するモード。モノラルなら40秒もの録音、オーバーダブが可能。

TONE PRINT – トーン・プリント

プロ・ギタリストが作成したサウンドをPCやiPhone経由でダウンロード出来るモード


使えないものは無いのでは?という位、各モード共に特徴があって素晴らしいのですが、特に気に入ったのは、LOFI ローファイとMOD モジュレーション。

ディレイを買っておきながら言うのもなんですが、私はディレイのしつこい反復音があまり好きではありません😟。

FX LEVELで、ディレイ音のレベルを調整できるのですがちょっとちがう、、、しかしこのLOFI ローファイモードは、ディレイの残響音が程よく潰れてくれるので、音に厚みを持たせつつ、しつこくならないのでとても気持ち良い音が作れます。

手持ちの古いアナログ・ディレイ、BOSS DM-3とほぼ同じサウンドのお気に入りのモードです。

対して、MOD モジュレーションモードは、ディレイ音にコーラス・ペダルのようなうねりを加えるモードで、従来のコーラス+ディレイよりも定位のはっきりとしたサウンドが特徴。

これ一つで、TOTOのアルバム『Turn Back』のようなサウンドも作り出せるのでこちらもいい感じ。

参考;
👉TOTO Turn Back – YouTube


それ以外の機能としては、トゥルーバイパス/バッファードバイパスキルドライ切り替えを内部のディップスイッチで調整出来たり、TONE PRINT トーンプリントといって、プロ・ギタリストが作成したパッチを無償でダウンロードできる出来るのも素晴らしいと思います。

Flashback Delay & Looper トゥルー/バッファードの切り替えsw


TONE PRINT トーンプリント

TC Electronic のTONE PRINT

TONE PRINT トーン・プリントとは著名なプロ・ギタリスト等が作成したサウンドをPCスマートフォン(iPhone/Android対応)経由でダウンロード出来るモード。

Flashback Delay & Looperは1種類のパッチを、後述するFlashback X4は、4種類のパッチを保存可能。

テープエコー系のパッチが素晴らしいです。オススメはこの2つ。

Tape Lead JoePerry:
Tape Lead JoePerry

EP-3 Delay ProGuitar Shop:
EP-3 Delay ProGuitar Shop

*スマホ経由が簡単ですが、USBケーブルを繋ぎ、PCから行うことも可能です。

トーンプリントにも対応

👉TonePrintのアップロード方法 – TonePrint Introduction

iPhone用TonePrintアプリ紹介(日本語字幕付き)

■ https://www.youtube.com/watch?v=kp3XMx66qDQ&feature=player_embedded


トーンプリント用アプリ:


LOOPERモードの使い方

Flashback Delayのルーパー機能はモノラルで最大40秒ステレオで最大20秒の録音が可能なルーパーです(オーバーダブの回数は無制限)。

ルーパーの使い方

ディレイタイプのセレクターでLOOPを選択すると、LEDランプが消灯します。

フットスイッチを踏むとことで録音が開始され、LEDが赤く点滅します。

再度スイッチを踏むと録音が停止され、録音された音が再生されます。再生時はLEDの色がグリーンに変わります。

さらにオーバーダブするには再度フットスイッチを踏みますとグリーンのLEDが点滅します。

以下の手順で録音は無制限に行うことが可能です。

レコーディングを消去するにはスイッチをダブルクリックします。

今どきの高性能なルーパーではありませんが、一人セッションをしたり、自分のプレイチェックにはありがたい機能ですね。

👉その他ルーパーペダル 一覧


これだけの機能を有していながら、値段もさほど高くないのも良いですね。これはオススメ。

TC ELECTRONIC Flashback Delay

Flashback Delay

Flashback Delay & Looperの他、3つのトーンプリントスロットを持つFlashback 2 Delay、ミニサイズのFlashback Mini Delay、12種類のディレイ・タイプを搭載しTonePrintスロットを4つ装備したFlashback X4、独立したディレイエンジンを3基搭載し3種類の異なるディレイを同時に鳴らせるFlashback Triple Delayなどをラインナップ。

🖥ショップで探す📲

Flashback Delay 【サウンドハウス】
Flashback Delay【イシバシ楽器】

Youtube 動画YouTube – TC Electronic Flashback Delay (動画)

TC Electronic  Flashback Delay & Looper (メーカーサイト)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です