1台でどんなファズサウンドも出せるWALRUS AUDIO Eons Five-State Fuzz

WALRUS AUDIO,ファズ

WALRUS AUDIO Eons Five-State Fuzzは5つのファズモードと電圧を3V~18Vの間でコントロールすることでどんなファズサウンドも思いのまま!

WALRUS AUDIO Eons Five-State Fuzz


WALRUS AUDIO Eons Five-State Fuzzとは

面白いファズペダルが登場です。Walrus Audioは2011年米国オクラホマ州で設立されたエフェクターブランドで、今までも様々なペダルが発売されていますが、このEons Five-State Fuzzも非常に面白い。

WALRUS AUDIO Eons Five-State Fuzz

特徴として、5つのファズのモードを持っていることと、電圧を3V~18Vの間でシームレスにコントロール出来る点。

ファズは古くからあるペダルですが、電池の種類やバッテリーの残量(電圧の変化)などによって音が変わるというのは有名な話。それをペダルでコントロールしてしまおうというのですから面白いですね。

 

Eons Five-State Fuzzの5つのモード(動画)

Eons Five-State Fuzzは中央のモードスイッチにより5種類のファズサウンドが選択できます。

  1. シリコンソフトクリッピング:丸みを帯びコンプレスされた伝統的なビッグファズトーン。
  2. シリコンクリッピング+ベースブースト:ローエンドを増強し、コンプレスされたクランチーサウンド。
  3. ゲルマニウムソフトクリッピング:「もしディストーションとファズに子供がいたら?」を再現したダイナミックでクランチーなトーン
  4. LEDクリッピングダイオード:僅かにハイエンドをカットし、ダークでダイナミクスのあるトーン。
  5. LED+シリコンソフトクリッピングダイオード+ハードクリッピングシリコントランジスタ:最も暴れ感のあるモードで強烈なゲインを持ち、コンプレスされたラウドで凶暴なトーン。

と書いても良くわからないでしょうから動画を貼ります(モードの切替は1分45秒過ぎから)。

Walrus Audio Eons Five-State Fuzz Demo:

どれも魅力的なファズサウンドですが動画の印象は、Mode1=往年のファズフェイス風サウンド、2=トニー・アイオミ風トレブルブースター系サウンド、3=ミッドにピークのあるディストーションライクなファズ、4=低域がすごい、5=ビッグマフのようなチリチリとブリブリが混在したファズ。

という感じで、私は1、2,5あたりが好みかな?もちろんモードの選択だけではなく、電圧やトーン、ゲインのコントロールによりさらに幅広いサウンドを作ることも可能です。

電圧が低いとチリチリした音、高いとハリのある音という感じで私は高めのほうが好きですが、これもモードやトーン、ゲインの組み合わせにより変わってくるでしょうね。

 

ちなみにこのファズは18V電源を使用するわけではなく、9Vを内部で昇圧するようです。

※電池は使用不可で、9VDC センターマイナス(アダプター専用)200mA minimumとのこと。

 

まとめ:5つのペダルを買うこと考えるとお得感あり

Eons Five-State Fuzz一台でどんなファズサウンドも出せるので良いですね。価格は高めですが、高品位なファズペダルを5つ買って揃えることを考えるとお得だと思います。

 

同じく電圧を変えられるファズというと、MXR Super Badass Variac Fuzzもそうですが、このEons Five-State Fuzzはさらに5つのモードが搭載されているという点ではさらにお得感があります。

 

Eons Five-State Fuzzはこちらで購入できます

WALRUS AUDIO Eons Five-State Fuzz

イケベ楽器ロゴ イケベ楽器で見る

posted with カエレバ

 

関連リンク

歪み系

Posted by Tsune