FENDER Tone Masterシリーズのラインナップ

デジタルアンプもここまで来たか!フェンダーのトーンマスターシリーズ

FENDER

フェンダーの新しいデジタルアンプ、トーンマスターシリーズの音を聴いてビックリ!デジタルなのに艷やかなブラックフェイスそのまんまの音がしています。これはお気に入りに追加です👍

※Tone Master Deluxe Reverb(22w)、Tone Master Twin Reverb(85w)に加えTone Master Super Reverb(45w)がラインナップに加わりました!

デジタルアンプもここまで来たか!フェンダーのトーンマスターシリーズ FENDER Tone Master Super Reverb(45w)デジタルアンプもここまで来たか!フェンダーのトーンマスターシリーズ FENDER Tone Master Super Reverb(45w)の背面


デジタルアンプなのにチューブアンプの音がするTONE MASTERシリーズ

私はデジタルアンプって全く興味がありません😅。というのもデジタルを含むトランジスタアンプというのは音が固くて弾いていて面白くないんですよね>単に近年のモデルを知らないだけかもしれませんが。

しかし今回フェンダーから発売されたトーンマスターシリーズの音を聴いてビックリ!

まずは動画を。

Tone Master Deluxe Reverb from Fender – In-Depth Demo!:

マーシャル系の歪んだ音は再現できても、フェンダー系のふくよかで艷やかなサウンドというのはなかなか表現するのは難しいのかなと思っていたのですが、デジタルアンプもここまで来ましたか!

クリーン~クランチ・サウンドはフェンダーのブラックフェイスの音そのまんま!という感じで、やるなフェンダー。

歪みサウンドに関して言うと、フェンダーのアンプ(パワー管に6L6や6V6を使ったアンプ)はボリュームを上げて歪ませると高域はジャリジャリ、低域はブーミーで、暴れたサウンドになってしまいがちなのですが、このTone Masterはそこまで暴れた感じにはならずに非常に扱いやすそう👍

逆に言えば歪みはフェンダーサウンドを再現できてないとも言えますが、この歪みは本物のフェンダーの真空管アンプより良いんじゃない??

 


以下の動画は従来のチューブ(65′ Deluxe Reverb)とデジタル(Tone master)のサウンドを比較したものですが、特にクリーン~クランチは違いが全くわかりませんね(°д°;;)。歪みは想像通り少し違いますがこれはどちらが良いかは好みが分かれるところ、、、、ってかどちらも良い。

Fender Tonemaster vs. 65′ Deluxe Reverb – Sounds ONLY:

しかしデジタルでここまでフェンダーのクリーン~クランチのチューブサウンドを再現できてるのは正直驚きです。

 


FENDER Tone Masterシリーズのラインナップは3機種

Tone Master Deluxe Reverb(22w)
FENDER Tone Master Deluxe Reverb(22w)

Tone Master Super Reverb(45w)
FENDER Tone Master Super Reverb(45w)

Tone Master Twin Reverb(85w)
FENDER Tone Master Twin Reverb(85w)

FENDER Tone Masterシリーズのラインナップは12インチスピーカーx1のDeluxe Reverbタイプ(22w)と、10インチスピーカーx4のSuper Reverbタイプ(45w)12インチスピーカーx2のTwin Reverbタイプ(85w)の3機種。

共にチューブを廃しデジタル化したことと、軽量&パワフルなネオジウムマグネット・スピーカーを搭載したことで、重量もオールチューブの約半分という軽量化に成功。

FENDER Tone Masterシリーズに採用された小さくパワフルなネオジウムマグネットのスピーカーユニット

※Super Reverbのみアルニコマグネットのスピーカーを採用

近年のデジタルアンプに搭載されているようなディレイやコーラスなどのエフェクターはありませんが、リバーブとトレモロエフェクトはオリジナルに準じてそのまま搭載されています。

FENDER Tone Masterシリーズに搭載されたリバーブとトレモロ

またリアパネルには出力を切り替え可能なセレクターIR(インパルスレスポンス)キャビネットシミュレーション付バランスXLRライン出力、サイレントレコーディング時に役立つミュートスイッチ、ファームウェアアッデート用USBポートなど、自宅での使用やレコーディングに便利な機能はしっかりと搭載されています。

※USBポートはアウトプットパワー部の下のシャーシ下面にあります。

Tone Master Super Reverb(45w)の出力切り替えとキャビネットシミュレーション付バランスXLRライン出力
写真はTone Master SUPER REVERBのもの
ここ重要!

フェンダーのヴィンテージアンプにはゲインやマスターなど小音量で歪ませるための機能は付いていないので、アッテネーターオーバードライブなどを別途使う必要がありましたが、このTONE MASTERにはアッテネーターを再現した?出力パワーセレクターが搭載されているので、自宅だと音がデカすぎるのではないか?とか小音量では歪まないのではないか?などという心配は無用かと。

*Deluxe Reverbタイプは22w/12w/5w/1w/0.5w/0.2w、Super Reverbタイプは45w/22w/12w/5w/1w/0.5w、Twin Reverbタイプは85w/40w/22w/12w/5w/1wのアッテネートが可能。


見た目もカッコいい!音も素晴らしい!さらに持ち運びも楽々!!とくれば、これは買わないとじゃないですか??

Tsuneくん

アンプ重量を従来のチューブアンプと比較すると、Deluxe Reverbは19.1kgが10.4kg、Super Reverbは29.6kgが16.33kg、Twin Reverbは29kgが15kgと驚異的な軽さを実現しています!

チューブアンプのような定期的なメンテナンスも不要ですし、これは良いですぞ!私も早速お気に入りに追加です😊。

FENDER TONE MASTERシリーズはこちらで購入できます

FENDER TONE MASTER DELUXE REVERB,TONE MASTER TWIN REVERB

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イケベ楽器で見る イケベ楽器で見る

posted with カエレバ
FENDER TONE MASTER – YouTube(動画)

 

関連リンク

QR Code | エレキギター情報 TGR

2021年11月6日アンプ

Posted by Tsune