CUSTOM HSS / HSH FOR STRAT GEN2 Standard

ObsidianWire~HSSやHSHのポットは250kΩ?500kΩ??抵抗値を切り替えてくれるワイヤリングキットで解決です!

テレキャスター,ストラトキャスター,レスポール,ポット,コンデンサ

シングルコイルを使用するギターには250kΩのポットを使用するのが一般的でですが、HSHなどハムバッキング・ピックアップを混ぜて使用するにはどうするか?そんなときはObsidianWireCustom HSSCustom HSHワイヤリングキットで解決です。

ハム使用時には500k、シングルコイル使用時には250kと抵抗値を切り替えてくれるのでそれぞれのPUの理想的なサウンドを出すことができます。

Custom HSS


ObsidianWireのCUSTOM HSS / HSH FOR STRAT GEN2 StandardはSSH/HSHに対応した配線キット

ネットを徘徊していたら、ソルダーレスで配線可能なObsidianWire ( オブシディアンワイヤー )の配線キットを見つけました。

ソルダーレスの配線キットはディマジオなどからも出ているので、特に目新しいこともないのですが、その中ですごいの見つけちゃいました。

 

ハムバッキングとシングルコイルではポットの抵抗値が違う

HSS(ハム・シングル・シングル)やHSH(ハム・シングル・ハム)という配列のストラトキャスターはいろいろな音が出せて便利ですが、悩むのがポットの選択🤔

通常シングルコイルには250kポットを、ハムバッキング・ピックアップには500kポットを使用するのが一般的ですが、ストラトキャスターはボリュームが1つなのでHSSやHSHなどハムとシングルの混ざったものの場合とても悩みます。

ハム優先で500kΩのポットを使うとシングルがキンキンしてしまうし、シングル優先で250kΩだと逆にハムがにこもった音になってしまいます。

その場合どちらの音を優先するかになるのですが、私の場合はHSSの場合はシングル優先で250k、HSHの場合はハム優先で500kを付けています。

ですが、これからはこのObsidianWire ( オブシディアンワイヤー )の配線キットを使えばそんな悩みとはさよなら出来ます👋

 

CUSTOM HSS / HSH FOR STRAT GEN2 Standard

CUSTOM HSS / HSH FOR STRAT GEN2 Standard

CUSTOM HSS / HSH FOR STRAT GEN2 Standardは、SSHとHSHどちらのストラトキャスターにもスイッチで切替可能なキットです。

HSSモード

  1. ブリッジピックアップフルモード(500kΩボリューム)
  2. ミドルとブリッジ(スプリットコイル)のミックス(250kΩボリューム)
  3. ミドルピックアップ(250kΩボリューム)
  4. ネックとミドルのミックス(250kΩボリューム)
  5. ネックピックアップ(250kΩボリューム)

HSSモード

  1. ブリッジピックアップフルモード(500kΩボリューム)
  2. ミドルとブリッジ(スプリットコイル)のミックス(250kΩボリューム)
  3. ミドルピックアップ(250kΩボリューム)
  4. ネック(スプリットコイル)とミドルのミックス(250kΩボリューム)
  5. ネックピックアップフルモード(500kΩボリューム)

コントロールノブ

  • コントロール1:マスターボリューム(ハムバッカーは500k、シングルコイルは250k)
  • コントロール2:トーンコントロール1(ネック・ミドル)250kポット・0.022uf コンデンサー
  • コントロール3:トーンコントロール2(ブリッジ)500kポット・0.022uf コンデンサー

さらに、ボリュームを下げたときにもクリアな音色を保つため、 ObsidianWire Custom Spec Treble Bleed Modも施されています。

これにより、ボリュームを下げてもポットを低域だけが通り、高域のシグナルラインが分かれることで音の濁りを軽減します。

Tsuneくん

すごいですね、このワイヤリングキットを使用すればシングルコイル、ハムバッキングどちらも理想のサウンドを出力することが可能になります👍

※以前はCustom HSS Wiring for Strat(HSSのストラトキャスター用)、Custom HSH Wiring for Strat(HSHのストラトキャスター用)と、2つのモデルがありましたが、スイッチで切り替えできるようになったことで1つに統合されたようです。

 

ObsidianWireのワイヤリングキット取り付け動画

ソルダーレス簡単すぎる😊

How To Install Stratocaster Wiring Upgrade – ObsidianWire Solderless Demo (Fast Version):

https://www.youtube.com/watch?v=6ouu5ehdw9Q

 

ObsidianWire ワイヤリングキットその他ラインナップ

上の2つだけでなく、ObsidianWire ( オブシディアンワイヤー )の配線キットはヴィンテージストラトキャスター用はもちろん、テレキャスター用、レスポール用など様々なタイプがありますので紹介します。

ストラトキャスター用:

Vintage Plus for Strat

Vintage Plus for Strat

Vintage Plus for Stratは、1954年製のストラトキャスターの配線を元にしながらも、扱いやすさを向上させるためにトーン 1は: Middle & Neck Pickup、 トーン 2は Bridge Pickupになっています。

また内部のスイッチでClearとBalanceモードを切替可能で、Clearはボリュームを下げたときにもクリアな音色を保つため、 ObsidianWire Custom Spec Treble Bleed Modが施されます。

これにより、ボリュームを下げてもポットを低域だけが通り、高域のシグナルラインが分かれることで音の濁りを軽減します(ハイパスコンデンサー)。

ToneとVolumeコントロールは独立して動作します。

BalancedモードではTreble Bleed Modをなくし、クラシックなストラトキャスター同様、Volumeを絞るとトーンがわずかにロールオフします(音がこもる)ので、Volumeコントロール1つでクリーンからクランチまでを切り替えることができますが、VolumeとToneコントロールが互いに影響します。

コンポーネンツ・付属品
3×ObsidianWireカスタムCTS 250kポット、スプリットシャフト・24スプライン
1×Oak 5Wayスイッチ
1×スイッチクラフト アウトプット・ジャック
1×ObsidianWireセレクト0.022μF 150シリーズポリエステルフィルムキャパシタ(±5%となるよう手作業で選別)

 


Custom Blender for Strat

Custom Blender for Stratは、3シングルコイルのストラトキャスターにブレンダー回路を搭載したワイヤリングキット。

ブレンダーを戻すと従来のストラトキャスター用回路、回すことで以下のような回路構成に。

ハイパスコンデンサー搭載。

  1. ブリッジ+ネックブレンド
  2. ブリッジ&ミドル+ネックブレンド
  3. ミドル
  4. ネック&ミドル+ブリッジブレンド
  5. ネック+ブリッジブレド

※トーンコントロールはマスターボリューム、マスタートーンになります。


Custom 7 Way for Strat / Gilmour Switch

通常のストラトキャスター回路にギルモアスイッチを搭載。

通常のストラトキャスターの5Wayサウンド、1Vol、2Toneコントロールは全て維持しながらも、第2トーンコントロールを引き上げることで最初の3つの位置(ミドル/ミドル+ブリッジ/ブリッジ)にネックピックアップをミックスすることができます。

Gilmour Switch ON時(Tone2を引き上げ)の5Wayスイッチポジションと役割

  1. ブリッジピックアップにネックピックアップをブレンド
  2. ミドルとブリッジのミックスにネックピックアップをブレンド
  3. ミドルピックアップにネックピックアップをブレンド
  4. ネックとミドルのミックス
  5. ネックピックアップ

Gilmour Switch OFF時の5Wayスイッチポジションと役割

  1. ブリッジピックアップ
  2. ミドルとブリッジのミックス
  3. ミドルピックアップ
  4. ネックとミドルのミックス
  5. ネックピックアップ

基板上にはClear/Balancedスイッチを搭載し、Clearモードではボリュームコントロールの位置にかかわらずクリアなトーンとなり(ハイパスコンデンサー)、Balanceモードはボリュームコントロールを下げるとヴィンテージらしいトップエンドが少しロールオフし(音がこもり)、クリーンとクランチ間をスムースに移行します。

ObsidianWireのClearとBalance切り替えスイッチ


Custom HH for Strat

2つのハムバッキングPU搭載のHHストラトキャスター用ワイヤリングキット。

プッシュプルのポットにより様々なトーンを出力可能。

ハイパスコンデンサー搭載。

 


 

テレキャスター用:

ObsidianWire テレキャスター用

Vintage '3-Way’ for Tele

スタンダードなテレキャスター用のハイクオリティなワイヤリングキット。

ハイクオリティなパーツを使用し、簡単な取付けで、本格的なヴィンテージトーンが手に入ります。

ハイパスコンデンサー搭載。

 


Custom 4-Way for Tele

トラディショナルなテレキャスターのトーンはそのままに、4つ目のスイッチポジションにより、ネック+ブリッジの直列配線(ハムバッキング)が可能に。

ハイパスコンデンサー搭載。

  1. ネック+ブリッジピックアップ(直列)
  2. ネックピックアップ
  3. ネックとブリッジのミックス
  4. ブリッジピックアップ

 


Custom Universal for Tele

Custom Universal for Teleは、スタンダードなテレキャスターの配線のセットアップです。

トラディショナルなシングルコイル×2のセットアップだけでなく、ハムバッカーを使用したセットアップにも対応し、HH、HS、SH、SSの4タイプのピックアップをインテリジェントスイッチングにより切り替え、自動的にコントロールポットの値が切り替えられます。

Custom Universal for Teleのモード切替スイッチ

モード

  1. HH(ハムバッカー×2):
    500kポットと0.022uf コンデンサー
  2. HS(ハムバッカーネック、シングルコイルブリッジ):
    ネックPU選択時は500K、ほかは250kポット
  3. SH(シングルコイルネック、ハムバッカーブリッジ):
    ブリッジPU選択時は500K、ほかは250Kポット
  4. SS(シングルコイル×2):
    250kポットと0.022uf コンデンサー

※ObsidianWire Custom Universal for Tele / SPLIT COILはハムバッカーのコイルタップに対応したモデル。


レスポール用:

Vintage MKII for Les Paul

ObsidianWire Vintage MKII for Les Paul

レスポールなどギブソン系のギターは年代によって配線が異なります。

Vintage MKII for Les Paulは、基板上のスイッチで50sと60sの配線を瞬時に切り替え可能なワイヤリングキットです。

50s配線
Volumeを絞ったときに高域のロールオフを考慮し、暖かなクリーンとリードの間をスムースにコントロールできます。
60s配線
現代の一般的なスタイルで、ボリュームを絞っても明瞭なままで、高域の損失を防ぎます。

▼こちらでも紹介しています。
ストラトキャスターやテレキャスター、レスポールなど主要モデルの配線図

※以前は50sと60s2つのバリエーションモデルが存在していましたが、スイッチで切り替えできるようになったので1つに統合されたようです。
※エピフォン製モデルにご使用いただく場合、USスペック用にボディの穴を広げ、24スプラインノブに合わせる必要があります。メトリックノブでは破損につながる場合があります。その他のレスポールコピーモデルやSG、PRS等、およびレフティモデルには適合していません。

※VINTAGE MKII 'SC’は スプリットコイル(コイルタップ)に対応したモデルです。

 


ベース用:

Traditional Vintage for Jazz Bass

ジャズベース用

Traditional Vintage for Precision Bass

プレシジョンベース用

 

 

まとめ

このようなソルダーレスの配線キットを使うと配線が楽になるのでハンダ作業が苦手な方にもおすすめです。

また、ObsidianWireには様々なモデルがありますし、使われているパーツも高品位なものなので音質アップも期待できます。

 

私は特にストラトキャスター用のHSS、HSHキットが特に魅力を感じました😍

 

ObsidianWire の配線キットはこちらで購入できます

ObsidianWire ストラトキャスター用

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

※ObsidianWire の配線キットはインチサイズのポットを使用しているため、ミリサイズのポットを使用しているモデルの場合、インチサイズ対応のコントロールプレート/ピックガードに交換、もしくは穴を大きく開け直す必要があります。

インチサイズパーツを載せるためにピックガードの加工中

おすすめ記事

2019年8月23日パーツ/アクセサリ

Posted by Tsune