[テレキャスター] PUセレクターに角度がついたプレートGoldo CPT4Cを使えば問題解決

2019年8月23日ギターパーツギター改造ネット, テレキャスター

テレキャスターはストラトキャスターと比べるとやや扱いにくかったりするのですが、原因の一つがこのPUセレクターの角度。

セレクターが弦と平行になっているためにスムーズなPUセレクトにやや難ありといった感じなのですが、このGoldo CPT4Cを使えば問題解決です!

Goldo CPT4C (角度付きプレート)


✅Goldo CPT4C (テレキャスター用コントロールプレート/角度付き)

これってめっちゃ良くないですか?

Goldo CPT4C
Goldo CPT4C (角度付きプレート)
テレキャスターはストラトキャスターと比べるとやや扱いにくかったりするのですが、原因の一つがこのPUセレクターの角度。

テレキャスターは3点のレバースイッチなので、近年の5点のストラトキャスターほどスムーズには動きませんが、ここが斜めになっているだけで使いやすさは格段に向上します。斜めになっていればボリュームとセレクターの間に指を挟むこともありません😅

この角度でどれだけ操作性が上がるかは実際使ってみないと分かりませんが、真っ直ぐな純正より悪くなることはないと思います。

と思ったら、ボリュームとセレクターの間に指を挟む人って多いんですかね??こんなプレートも発売されていました。


✅Goldo CPT2C (テレキャスター用コントロールプレート/スペース確保タイプ)

Goldo CPT2C
Goldo CPT2C (スペース確保タイプ)
こちらは見た目は普通のテレキャスター用コントロールプレートと変わりませんが、セレクターの位置はそのままで、ボリュームをやや後方に下げたもののようですね。

たしかに離れてる、、、。

従来のテレキャスターのPUセレクター
これもかゆいところに手が届く的な、便利なプレートですね。ただ、こちらの場合、内部の配線類に余裕がないと再配線(延長など)が必要になるかもしれませんので購入前に蓋を開けて確認したほうが良いかも。

どちらも良さげです👍

🖥ショップで見てみる📲

▶Goldo CPT4C (角度付きプレート):

posted with カエレバ

▶Goldo CPT2C (スペース確保タイプ):

posted with カエレバ

こちらでも紹介しています