ディストーションの定番!BOSS DS-1レビュー

ディストーションの定番!BOSS DS-1レビュー

BOSS

ディストーションで何がおすすめと聞かれたら私は迷わずBOSSのDS-1と答えます。

癖がなく万能なディストーションです。

BOSS DS-1レビュー


※アフィリエイトプログラムを利用し商品を紹介しています

BOSS DS-1とは

BOSS DS-1

BOSS DS-1とはBOSSが1978年に発売したディストーションで、1977年に発売されたOD-1(後のSD-1)と共に、初期から現在に至るまで非常に人気のあるペダルです。

BOSS OD-1BOSS SD-1 ( Super Over Drive )

オーバードライブは真空管アンプのボリュームを少し上げたときのような、やや飽和したときに得られる柔らかな歪みが特徴ですが、ディストーションはそのボリュームを全開近くまで上げ、さらに過激になったファズのような歪みが特徴です。

 

同じディストーションの仲間にMXRのDistortion+ProcoのRATなどがありますが、それらの歪みはどちらかというと、ファズ寄りの荒々しいディストーションと言った感じで、これはこれで素晴らしいのですが、BOSS DS-1はもう少しマイルドでオーバードライブとファズのちょうど中間に位置するペダルなので癖がなくはじめての方にも非常に使いやすいと思います。

MXR M104 DISTORTION+ProcoのRAT 2 

 

DS-1の歪みと使い方

BOSS DS-1というと、発売がかなり前なので歪みは弱いと思いきや、実はそんなことはなく、クリーンなアンプからでも非常によく歪み、高域から低域までレンジは広い方だと思います。

 

また、ブースターとしてもなかなか優秀で、クリーン~クランチ状態のアンプと組み合わせることで、キラキラした極上のディストーションサウンドを奏でてくれます。

DIST0でLEVELを上げるだけでも意外と良い音するんですよ。

BOSS DS-1はDIST0でも美味しい音がする。

 

BOSS DS-1の愛用者

BOSS DS-1は1970年代後半の発売ということで、1980年代以降の、HR/HM系ではゲイリー・ムーアやジョン・ノーラム(ヨーロッパ)、ジョー・サトリアーニ、スティーヴ・ヴァイ、オルタナ・グランジ系ではカート・コバーン(ニルバーナ)、デイブ・グロール(フー・ファイターズ)等の使用が有名です。

 

BOSS DS-1のサウンド

それではBOSS DS-1のサウンドを聴いてみましょう。

BOSS DS-1 Distortion Pedal Demo by Pete Thorn – Sweetwater Sound:

BOSS DS-1は発売から40年以上経っていますが、クラシカルな歪みから現代でも十分使えるモダンな歪みまで、またファズにもオーバードライブにも寄せられる歪みが素晴らしいですよね。

 

MXR Distortion + vs Boss DS-1 vs Proco Rat II:

こちらはディストーションの代表的なモデル、MXR Distortion+とBoss DS-1、Proco Rat 2の比較動画です。

セッティングによってサウンドは変わりますが特徴は掴みやすいと思います。

Distortion+とRat 2はファズに近い毛羽立つようなサウンドが特徴で、DS-1はややマイルドで万能と言った感じです。

 

まとめ

BOSS DS-1は○○アンプのサウンドを再現したというAIAB系ペダル(Amp In A BOX)系ペダルとは違いますが、お気に入りのギターアンプやAIAB系ペダルにプラスすることで、さらに弾きやすく、また極上にしてくれるディストーションペダルです。

 

オーバードライブではやや歪みが足りない、ファズの個性的な歪みはちょっと、、、という方には最適なペダルだと思います。

価格も安いので是非一度試してみてください。

 

以上、BOSS DS-1レビューでした。

 

BOSS DS-1はこちらで購入できます

BOSS DS-1BOSS DS-1W WAZA CRAFT

オリジナルのDS-1サウンドのサウンドを再現したスタンダード(S)と、DS-1のディストーションサウンドにミッドレンジをプラスしたカスタム(C)の2つのモードを持つDS-1W 技 WAZA CRAFTも発売されました。

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube – BOSS DS-1 (動画)

 

おすすめ記事