HOTONE BINARY EKO

HOTONE のディレイをまとめて紹介

2018年4月22日ディレイ,HOTONE

手のひらサイズのエフェクターHOTONEのディレイ

HOTONE ディレイ


HOTONE

BINARY EKO

HOTONE BINARY EKO

Binary EKOは、XTOMPと同様 ”CDCMモデリングテクノロジー”を採用した、アナログ、テープ、デジタルディレイなど空間系エフェクターを17種類搭載したマルチエフェクターです。

HOTONE BINARY EKO 搭載エフェクターリスト
クリックで詳細

最長4秒のディレイタイムで、アナログやテープディレイでは実現できなかったサウンド、リピート音にLofi、トレモロ、スィープフィルター、リングモジュレーター等の効果が得られるプリセットも搭載しました。

エクスプレッションペダル対応
エクスプレッションペダルを接続すれば、E.LEVEL、A、B、DEPTH、RATEなど、さまざまなコントロールパラメーターをエクスプレッションペダルを使ってリアルタイムで調整できます。

HOTONE BINARY EKOの入出力

ステレオ入出力
ステレオの入出力をサポートしており、立体的な音響効果を実現できます。

タップテンポ対応
タップテンポ機能を備えており、演奏中にリズムに合わせてディレイタイムを調整できます。

ディレイタイム
1000msから4000msまでの広範なディレイタイムの設定が可能です。

USBポート搭載
Binaryシリーズの他の機種と同様に、USBポートが搭載されており、付属のUSBケーブルを使用してプリセットの管理やパラメーター設定をPC上で行うことができます。

また、ファームウェアのアップデートなどもUSB経由で実施できます。

BINARY 専用エディター

10プリセット(2 presets x 5 banks)
エフェクトのプリセットを10個(2つのプリセットが5つのバンクに分かれています)保存・呼び出しできます。

メーカーサイト

 

詳細を見る

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | HOTONE BINARY EKO (動画)

Binary EKO – CDCM Delay Effects Pedal:

Left Caption
空間系に特化したペダルなので、エフェクトループに繋ぎやすいですね👍

ディレイHOTONE

Posted by Tsune