VOX Adio Air GT はギターアンプとしてはもちろんオーディオスピーカーとしても使える、遊べるアンプです

2017年7月26日アンプVOX

久しぶりにトランジスタアンプがほしいと思いました。それが VOX Adio Air GT

VOX Adio Air GT


VOX Adio Air GT

まずは音を聴いてみてください。

VOX / Adio Air GT & Adio Air BS 【デジマート製品レビュー】:

この小ささで出力は50wあって、バスレフ構造なので低域もバッチリ。

私がトランジスタ/ソリッドステート・アンプが嫌いなのは音の硬さなのですが、この動画を見た限りではなかなかいい感じ・・・って私が最近のトランジスタアンプ+モデリングの実力を知らないだけかもしれませんが。

 

コントロールパネルはこんな感じ。

VOX Adio Air GTのコントロールパネル

アンプモデル数はフェンダー系、VOX系、マーシャル系など11種(Tone Room使用時は23)

*Tone RoomとはPCやスマートフォン上で搭載アンプやエフェクターのエディットを行うことが出来るアプリケーション/ソフトウェア。

VOX TONE ROOM

エフェクト数はFX1にコーラスやフェイザー、フランジャー、トレモロのモジュレーション系4種(Tone Room使用時11)、FX2にディレイやリバーブなどの空間系4種(Tone Room使用時8)を搭載。

その他、ユーザープログラム数8(2バンク×4プログラム)、1~4段階のノイズ・リダクション、入出力端子はINPUT端子、CDなどを繋げるAUX IN端子、ヘッドホン端子、USB端子(Type B)搭載。

さらにBluetooth(ブルートゥース)を搭載している点も素晴らしい。

 

Bluetoothスピーカーがちょうど欲しいと思ってた

VOX Adio Air はステレオ対応なので、ギターの練習だけでなくBluetooth(ブルートゥース)で音楽も流せるので、音楽を流しながらギターの練習をしたり、オーディオスピーカーとしても使用可能。

個人的には寝室にBluetoothスピーカーを1個欲しいと思っていたのでこれは良さそう👍

 

USBオーディオ・インターフェイスとしても使える

VOX Adio Air GTは、本体で遊べるのはもちろん、PCに繋いでのレコーディングにも使えるし、良いですよね。

 

お値段は3万円弱。

 

Bluetooth は魅力的ですけど、ギターアンプはいっぱい持ってるので、いらないかぁ~😅

 

VOX Adio Airシリーズはこちらから

*VOX Adio AirのGTはギター用、BSはベース用になります。

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

VOX Adio Air

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ

関連リンク

アンプ

Posted by Tsune