[リアルPAF対決!] DiMarzio PAF 59 vs Seymour Duncan Seth Lover model

2017年9月28日ギターパーツDIMARZIO, SEYMOUR DUNCAN, ギター改造ネット, ピックアップ

1959年製PAFを再現したPUがディマジオから発売。同じくリアルなPAFというとセイモア・ダンカンからも発売されていますがちょっと比較してみましょう。

PAFのマグネットはアルニコ5?それともアルニコ2??ディマジオとダンカン買うならどっち??

[DiMarzio PAF 59]1959年製PAFを再現したPUがディマジオからSeymour Duncan Seth Lover model ( SH-55 )


DiMarzio PAF 59( DP274 / DP275 )

1959年製PAFを再現したPUがディマジオから発売されました。

[DiMarzio PAF 59]1959年製PAFを再現したPUがディマジオから
 

PAFとは、Patent Applied For(特許出願中)の略で、1950年代にGibsonが開発したハムバッキング・ピックアップのこと。

ハイパワーなPUではないですが、どんなジャンルにも合うトーンが人気のPUで、PAF 59は、ヴィンテージPAFのサウンドはもちろん、ワイヤーやマグネットの素材、巻き方にもこだわったPU。

PAFを再現したPUの値段はピンきりで何を選んだら良いのか迷いますが、こちらはお手頃価格です。

ただし、オリジナルPAF同様、ワックス浸透処理はしていないようなのでハウリングにはやや弱いかもしれませんね。

ワックス浸透処理なしのリアルなPAF PUというと、ライバルはセイモア・ダンカンのSeth Lover model ( SH-55 )ですかね。

Seymour Duncan Seth Lover model ( SH-55 )

Seymour Duncan Seth Lover model ( SH-55 )

Seymour Duncan Seth Lover model ( SH-55 )は、ギブソン・オリジナルP.A.F.の開発者であるセス・ラバー氏とセイモア・ダンカンが協力して開発したPUで、オリジナルPAF同様、ニッケルシルバーのプレート、プレーンエナメルワイヤーなど、素材にもこだわり含侵処理もあえて施していませんというこだわりのPU。

このSeth Lover model ( SH-55 )は私のSGに載せていますが、レスポールに載せている57Classic以上にClassic Rockなトーンを持ったPUです👍

SGに載せているSEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) / SH-55 Seth Lover model

データーは以下の通り。


PAF 59 ( DP274 / DP275 ) / Seth Lover model ( SH-55 )比較

✅DiMarzio PAF 59 ( DP274 / DP275 ):

[DiMarzio PAF 59]1959年製PAFを再現したPUがディマジオから

PAF 59(DP274)ネック/フロント用:
直流抵抗値:8.2k
マグネット:アルニコ 5

PAF 59(DP275)ブリッジ/リア用:
直流抵抗値:8.5k
マグネット:アルニコ 5

🖥ショップで見てみる📲

サウンドハウスで探す DIMARZIO PAF 59【サウンドハウス】

posted with カエレバ


✅Seymour Duncan Seth Lover model ( SH-55 ):

Seymour Duncan Seth Lover model ( SH-55 )

直流抵抗値:ネック7.20K、ブリッジ8.10k
マグネット:アルニコ 2

🖥ショップで見てみる📲

サウンドハウスで探す SEYMOUR DUNCAN SETH LOVER MODEL【サウンドハウス】

posted with カエレバ

ピックアップのパワーの目安である直流抵抗値はディマジオのほうが気持ち高め、マグネットはディマジオはアルニコ5、セイモア・ダンカンの方はアルニコ2となっています。

ちなみにギブソンのPAF系ピックアップである57Classic、BURST BUCKERはアルニコ2を採用しています(Burstbucker Proを除く)。


PAFピックアップのマグネットは何が正解なの

ちょっと気になったのでPAFピックアップについて調べてみました。

リットーミュージックから発売のThe Gibsonより~
リットーミュージックから発売のThe Gibsonより~

Seth E.Lover氏インタービュー(p.50)より

PAFピックアップに使われているワイヤーはAGWの#42。

ピックアップのマグネットはアルニコ5が正解。しかし当時は入手しずらく、アルニコ2やアルニコ3も使用した。

アルニコ5は磁力が強く磁力が失われにくい。

ボビンの色は黒が標準で、見えない部分なので(入手しづらい時は)白を使ったこともある。

ピックアップのメタルカバーの素材はジャーマンシルバーを付けることを前提に設計されている。

などなど、なかなか興味深いインタービューが載っていました。

ということで、PAFのマグネットはオリジナリティーを追求するならアルニコ5、しかし○○のレスポールに載っていたのはアルニコ2や3という可能性もあるのでどちらでもOKという感じですかね。


DiMarzio PAF 59 / Seymour Duncan Seth Lover model動画

2つを比較している動画がなかったのが残念ですが、PAFとはこんな感じのPUというのが分かっていただけたらと思います。

カバーの有無の違いはありますが、特にDiMarzio PAF 59の動画が気に入りました。ブルースブレイカーズのクラプトンのフレーズを弾いていますが、ピッキングの食いつきとかトーンが古き良きロックなサウンドで素晴らしい👍

✅DiMarzio PAF 59:

✅Seymour Duncan Seth Lovers Pickups (SH-55):

この動画を見た限りでは、DiMarzio PAF 59( DP274 / DP275 )かなり良いですね💯

こちらもどうぞ