EARTHQUAKER DEVICES Night Wire

EARTHQUAKER DEVICES のトレモロ/ビブラートをまとめて紹介

EARTHQUAKER DEVICES

アメリカのハンドメイドエフェクターブランド EARTHQUAKER DEVICES ( アースクエイカーデバイセス )のトレモロ/ビブラート一覧。

EARTHQUAKER DEVICES Night Wire


EARTHQUAKER DEVICES

Night Wire

EARTHQUAKER DEVICES Night Wire

Night Wire(ナイトワイヤー)は、伝統的なハーモニックトレモロのサウンドを提供しながら、フィルターのセンターポイントを制御できるペダルです。

フィルターのセンターポイントの動きは3つのモードから選択できます。

コントロールノブはDepth、Rate、Level、Frequencyの4つ、中央には2つのトグルスイッチRate(Attack/Manual)とFrequency(LFO/Manual/Attack)があります。

EARTHQUAKER DEVICES Night Wireのコントロール

Rate:このスイッチは、トレモロのスピードをどのようにコントロールするかを設定します。

  • Manual:
    トレモロのスピードはRateコントロールで設定されます。
  • Attack:
    トレモロのスピードは入力信号の強度に応じて変化し、ピッキングの強さに応じてトレモロ速度が変化します。

Frequency:このスイッチは、フィルターがどのように動作するかを設定します。

  • Manual:
    フィルターのセンターポイントはFrequencyコントロールで設定されます。
  • Attack:
    フィルターは入力信号の強弱に応じて変化し、オートワウやエンベロープフィルターのように使用する際に適しています。
  • LFO(Low-Frequency Oscillation, 低周波振動):
    フィルターのセンターフリークエンシーはLFOによって常に動き、フェイズシフターやロータリースピーカーのような効果を得るのに適しています。

 

ショップで検索

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Night Wire (動画)

EarthQuaker Devices Night Wire Dynamic Harmonic Tremolo Demo:

Left Caption
フェンダーアンプに搭載されていたトレモロサウンドを想像していましたが、ジミ・ヘンドリックスやロビン・トロワーでおなじみのユニバイブのような効果もありますね。

The Depths

EARTHQUAKER DEVICES The Depths

The Depthsは、オプティカル式のビブラートエフェクターです。

このエフェクターは通常のビブラートエフェクターで見られるようなボリュームの低下を防ぐためにLevel(レベル)コントロールが搭載されています。

これにより、演奏中に音が埋もれることはほとんどありません。

また、The Depthsは18Vまでの電源に対応しており、よりクリアで広いヘッドルームのトーンを実現できます。

 

ショップで検索

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES The Depths (動画)

EarthQuaker Devices The Depths optical vibe machine:

Left Caption
こちらは通常のトレモロに近いサウンドを持っていますね。

Aqueduct

EARTHQUAKER DEVICES Aqueduct

Aqueductは、RateとDepthのシンプルなコントロールを備えたビブラートペダルですが、中央のノブにより8つの異なる波形が得られるようになっています。

EARTHQUAKER DEVICES Aqueductに搭載の8つのモード

1. Sine(サイン波):
滑らかで落ち着いた波形で、通常のアンプに付属する定番のビブラートサウンドを提供します。

2. Triangle(三角波):
三角波の波形はよりシャープで、ピッチの上下の変化がはっきりと感じられます。

3. Ramp(ランプ波):
Triangleに似ていますが、より複雑な波形で急上昇と急降下を繰り返し、サステインの効果が残ります。

このモードは特にユニークなサウンドを提供します。

4. Square(矩形波):
矩形波の波形は非常にゴツゴツしており、ピッチの変化がオンとオフの状態を交互に切り替えるようなサウンドを生み出します。

ハンマリングの効果を持っています。

5. Random(ランダム):
完全にランダムな波形で、非常に変化に富んだサウンドを提供します。

Depthを調整することで歪んだエフェクトを作成できます。

6. Env D(エンベロープ・デプス):
エンベロープでDepthが制御されるモードで、ピッキングの強さに応じてエフェクトの強さが変化します。

7. Env R(エンベロープ・レート):
エンベロープでRateが制御されるモードで、入力信号(たとえばピックアタック)がLFOのRateを調整します。

ピッキングの強弱に反応します。

8. Env P(エンベロープ・ピッチ):
エンベロープで音程が制御されるモードで、ピッキングの強さによって音程の変化が生じます。

このモードは特にMy Bloody Valentineのようなサウンドを再現したい場合に適しています。

 

ショップで検索

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube – EARTHQUAKER DEVICES Aqueduct (動画)

EarthQuaker Devices Aqueduct Vibrato:


おすすめ記事