[ボリュームペダル] BOSS FV-100のレビューと内部配線交換

2012年1月28日ボリュームペダルBOSS,レビュー

BOSSのボリュームペダル FV-100を手に入れたので内部の確認と、ついでに配線材をBELDEN #8503に交換してみました。

BOSS FV-100


BOSS FV-100

BOSS FV-100とはニール・ショーンやスティーブ・ルカサーも使っている(いた?)というボリュームペダル 。

プラスチック・ボディのBOSS FV-60 ↓と比べると、大きく堅牢なアルミ・ダイキャストのボディーは結構重い・・・。

BOSS FV-60

繋いだだけで音がこもるBOSS FV-60😱を知っているだけに正直期待していなかったのですが、意外?というか音の劣化は感じません。

内部を見てみると、メインの音量をコントロールするポットと、MAX/MINIMUMボリュームをコントロールするポットが2つ付いているだけなので(ポットの質にもよるでしょうが)劣化のしようがないでですね。

*BOSS FV-100にはチューナーアウトが付いたモデルも有るのですが、このFV-100には付いていませんが逆にそれが良いのかも。

[ボリュームペダル] BOSS FV-100の内部配線交換01


配線材をBELDEN #8503に交換

このままでも良いんだけど、暇だったので、内部配線をBELDEN #8503に交換してみました。

[ボリュームペダル] BOSS FV-100の内部配線交換02

BELDEN #8503はギターやエフェクター用に定評の高音質ケーブルです。

BELDEN #8503

BELDEN #8503

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るBELDEN #8503

posted with カエレバ

内部配線を換えてみて・・・音が変わったか?といわれれば変わったし、変わっていないといえば変わっていない・・・そんな感じ・・・元のケーブルの品質も良いものだったのでしょうか?

ワウの内部配線やギターの配線を交換したときは良くなったんですけどね。


[ボリュームペダル] BOSS FV-100で使用されているポット

余談ですが・・・

メインの音量をコントロールするポットを同じ250kΩのSONIC ( ソニック )のフルアップポットに交換しても面白いかもしれません(こういうのって汎用のポットとストロークは同じなのでしょうかね?)。

*フルアップポットとは、フルテン時に回路が完全にバイパスされ音質のロスを回避できるボリューム/トーンポット。

SONICフルアップポット

SONICフルアップポット

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
[ボリュームペダル] BOSS FV-100で使用されているポット01

ポットの頭に筒を被せるだけなので多分使えると思うのですが・・・。

 


BOSS FV-100を使ってみて

音質の劣化はありませんし、堅牢なアルミボディーも気に入りました👍

個人的にはJENのクライベイビー(ワウ・ペダル)に比べ、ストロークが長くてちょっと使い辛いんですけど、その辺は慣れなんでしょうね。

まぁライブなんて久しくやってないのでボリューム・ペダルなんて使わないんですけどね😓

BOSS FV-100は廃盤ですが、後継はFV-500になります。

 


BOSSのボリュームペダルはこちらから

BOSSのボリュームペダル

🖥価格比較 | レビュー・口コミ📲

サウンドハウスで見るサウンドハウスで見る

posted with カエレバ
*エレキギター/ベースなどを直接接続する場合はハイ・インピーダンス・タイプのFV-500H、エフェクターの後や、キーボードなどにはロー・インピーダンス・タイプのFV-500Lを選びましょう


こちらが、ルカサーの動画、今も現役でBOSS FV-100 使っているんですね

*2007年当時の映像です

Steve Lukather shows his Music Man guitars ( Interview from Falling In Between 2007 ):

3分56秒あたりで確認出来ます。

関連リンク