SHINOS Luck 6V C

SHINOS

SHINOS

近年多くのギタリストが続々と乗り換えているSHINOS ( シノズ )の真空管アンプを出力別 ( ワット数別 )に紹介。

ユーザー自身でバイアス調整ができる便利なギターアンプLUCK6Vと、Luck6Vのコンセプトを受け継いだWINシリーズ、小型軽量で便利なROCKETをラインナップ。

Made in japan

SHINOS Luck 6V C


15w / 小型チューブアンプ

 


30w / 中型チューブアンプ

ROCKET ( 30w / 3w /0.3w )

SHINOS ROCKET

SHINOS ROCKET HEAD

SHINOSと元VOXチーフエンジニア李氏のコラボモデルROCKETは、小ぶりなボディーサイズに12インチスピーカーx1を搭載したシングルチャンネルアンプ。

アンプヘッドも登場しました。

SHINOS ROCKETのコントロール

SHINOS ROCKETのバックパネル

✅特徴:

  • パワー管をEL34、6L6を載せ替えてアンプのキャラクターを変えることが出来ます(バイアス調整ポットも搭載)。
  • 背面にはエフェクトループ、出力切り替えスイッチ(30/3/0.3w)、トレモロのコントロール、ヘッドホン端子を搭載。

SHINOS ROCKETバックパネル
SHINOS & L ROCKET TUBE 交換方法の説明

Spec;
スピーカー: Eminence Red White and Blues,1×12″ 8Ω,120W
真空管:3 × ECC83、2 × EL34 or 2 × 6L6GC
チャンネル : 1
コントロール:Gain,Treble,Bass,Reverb,Master Volume
バックパネル:Send, Return,Impedance select 4ohms 8ohms,Tremolo:Speed,Depth
フットスイッチ:Reverb on/off,Tremolo on/off
重量:370(W)×235(D)×465(H)mm、14kg

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 ROCKET の動画を見てみる


100w / 大型チューブアンプ


Luck 6V ( 40w )

SHINOS Luck 6V CSHINOS Luck 6V H

Luck 6Vは張りと艶を併せ持つクランチサウンドと、ブーストスイッチによる2段階増幅回路を通った、芯を残したまま歪ませる極上チューブドライブを生み出します。

SHINOS Luck 6Vのコントロール

また、シングルPUハムバッキングPUのどちらでも最良にマッチングを実現するべくトーンセレクトSWを搭載していますので、ギターの低域のレスポンスに合わせて選択することができます。

アンプのバックパネルにはデジタルメーターとバイアス調整ツマミが搭載され、どなたでも簡単にバイアス調整が可能
メーカーサイト) 。

Luck 6Vのバイアス調整方法
Luck 6Vのバイアス調整方法

  1. Luck 6V背面にあるピンスイッチでPLAYからBIASに切り替え、4つのパワー管のうち1つを選択。
  2. それぞれのパワー管のバイアス値がメーターで確認できます。
  3. Adjust biasつまみを回して4本のパワー管のレベルを合わせて完了。

コンボとヘッドをラインナップ。

Spec;
スピーカー:Celestion Classic Lead 1 x 12″ (コンボのみ)
真空管:3 × ECC83、4 × 6V6、2 × GZ34
チャンネル : 1
コントロール : Volume, Treble, Middle, Bass,Master, tone switch, boost switch
バックパネル : Power Tube Bias Control
フットスイッチ : Boost on/off
エフェクトループ : —
重量:
590(W)×291(D)×518(H)mm、26kg(コンボ)
590(W)×277(D)×277(H)mm(アンプヘッド)

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 Luck 6V の動画を見てみる


Win ( 50w )

SHINOS

Winは、SHINOS AMP のメイン機種「Luck 6V」のコンセプトを受け継ぎ、出力を50wにアップし、クリーン、オーバードライブの2ch、スプリングリバーブ、エフェクトループを搭載したモデル。

SHINOS Winのコントロール

スピーカーユニットには軽量、高耐圧のネオジウムマグネット仕様のJENSEN社製のTornado Neodymium 12インチを搭載し、機動性のあるライブアンプとして活躍してくれるでしょう。

SHINOS WINのバックパネル

Spec;
スピーカー: Jensen Tornado Neodymium1x12″ 4Ω
真空管:5 × ECC83、1 × ECC81、2 × 6L6GC
チャンネル : 2
コントロール : Volume, Treble, Bass Overdrive Channel Controls : Gain, Treble, Middle, Bass, Volume Reverb : Tube driven, 3-Spring pan
フットスイッチ : Included : Controls both channel switching and reverb
重量:450(W)×235(D)×465(H)mm、17kg

🖥価格比較|ユーザーレビュー📲

posted with カエレバ
 Win の動画を見てみる


関連リンク

QR Code | チューブアンプ図鑑

2020年10月16日メーカー別

Posted by Tsune