JIM DUNLOP DVP4 横

JIM DUNLOP のボリュームペダルをまとめて紹介

JIM DUNLOP

ジムダンロップのボリュームペダル

JIM DUNLOP DVP3 横


JIM DUNLOP

DVP4

JIM DUNLOP DVP4JIM DUNLOP DVP4 横

JIM DUNLOP DVP4 は、DVP3をミニサイズにしたボリュームペダルです。

  • ボリュームコントロールにスムースなバンド方式を採用しており、滑らかな操作が可能です。
  • 内部切換えにより、チューナー出力やエクスプレッション用端子として活用できるAUX端子が装備されています。
  • 内部のトリマー(調整つまみ)を使用して、ミニマム設定を調整できます。また、内部のスイッチを使用して、ペダルでの音量増減の方向を逆に設定できます。

JIM DUNLOP DVP4のトリマー&スイッチ

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | JIM DUNLOP DVP4 (動画)

Dunlop DVP4 Volume X Mini Review:


DVP3

JIM DUNLOP DVP3

JIM DUNLOP DVP3 は、ボリュームペダルとしてもエクスプレッションペダルとしても使用できる多目的なペダルです。

  • ボリュームペダルとして使用する際、トルク調整を行うことで、ペダルの踏み心地を調整できます。これにより、自分の好みに合わせた操作感を実珸することができます。
  • エクスプレッションペダルとしても利用可能で、内部のトリマー(調整つまみ)を調整することにより、エクスプレッションの最小設定を調整できます。これはエフェクトのパラメーターをフットコントロールで変化させるのに便利です。
  • DVP3はコンパクトなサイズを持っているため、エフェクターボードに組み込むのに適しています。

JIM DUNLOP DVP3 横

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ
 YouTube | JIM DUNLOP DVP3 (動画)

おすすめ記事

2018年4月25日ボリュームペダル

Posted by Tsune