LINE6 POD Express Guitar

LINE6 のマルチエフェクターをまとめて紹介

LINE6

モデリング技術で評価の高いLINE6のマルチエフェクター

LINE6 HELIX


LINE6

POD Express Guitar

LINE6 POD Express Guitar

POD Express Guitarは、コンパクトで初心者にも扱いやすいマルチエフェクターです。

シンプルな操作性と高品位なサウンドの両立
POD Express Guitarは、直感的に操作できるつまみで初心者にも扱いやすいマルチエフェクターでありながらLINE6のHXプロセッサーファミリーから継承した比類なきサウンドとフィールを実現しています。

7種類のアンプ/キャビネット
アンプ/キャビネットは7種類の中から選択可能です。各モデルのゲインやトーンの設定は「ALT」を押しながら、それぞれ対応するエフェクトノブ(GAIN・MID・BASS・TREBLE)を回します。

LINE6 POD Express Guitarに搭載のアンプモデル

17種類のエフェクターを搭載
エフェクターは、ルーパーを含む17種類のエフェクトが搭載されており、いずれのユニットも3本の単三電池(付属)またはオプションの9V電源アダプターで動作します。

LINE6 POD Express Guitarに搭載のエフェクター

小さくても本格派
POD Express Guitarは、小さなマルチエフェクターですが、ステレオ出力、タップテンポ、チューナー、ノイズゲート、ヘッドフォン出力、リアンプ機能付きUSB-Cオーディオ・インターフェースといった機能も備わっています。

LINE6 POD Express Guitarの入出力LINE6 POD Express Guitarのサイドパネル

エクスプレッションペダルやフットスイッチを接続して、ボリュームやパラメーターのコントロール、最大2台のフットスイッチを追加してプリセットの選択やエフェクトのオン/オフの切り替えが可能です。

POD Express Bassもラインナップ
ベースギター用の、POD Express Bassもラインナップしています。

LINE6 POD Express BASS

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
 YouTube – LINE6 POD Express Guitar (動画)

Line 6 POD Express: Versatile, HX-fueled Tones Meet Pedalboard Convenience:

Left Caption
動画を見ていただければ分かりますが、コンパクトエフェクターや、アンプに内蔵のエフェクターのように簡単に操作できるのが良いですね👍

POD Go

LINE6 POD Go

Line6 POD Goは、PODシリーズの最新モデルで、Helixシリーズのサウンドエンジンを継承し、高性能なアンプ、キャビネット、エフェクトモデルを搭載しています。

高性能サウンド:
Helixシリーズのサウンドエンジンを採用し、クラス最高の性能を実現しています。

アンプ、キャビネット、エフェクトモデルは、リアルなサウンド再現を提供します。

カラーディスプレイ:
4.3インチ(11cm)のカラーLCDディスプレイが搭載されており、直感的でわかりやすいインターフェースを提供します。

これにより、音作りが素早く簡単に行えます。

サードパーティIRサポート:
サードパーティ製インパルス・レスポンス(IR)をロードすることで、無限のキャビネット選択が可能です。

ステレオエフェクトループ:
ステレオエフェクトループが搭載されており、外部エフェクトやプロセッサーを接続できます。

LINE6 LINE6 POD Go入出力

4ケーブルメソッド対応:
アンプにエフェクトループがあれば4ケーブルメソッドを使用して接続することもできます。

オーディオインターフェース:
4イン/4アウトの24ビットオーディオインターフェースが搭載されており、レコーディングとリアンプに対応します。音楽制作や録音作業に便利です。

ワイヤレスオプション:
POD Go Wirelessモデルには、本体にワイヤレスレシーバーが内蔵されており、Relay G10T IIトランスミッターが付属しています。ワイヤレス演奏が可能です。

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
 YouTube – LINE6 POD Go (動画)


HELIX

LINE6 HELIX

LINE6 Helixは、ギタリストやベーシスト向けに設計された高性能なマルチエフェクトプロセッサーで、LINE6の先進的な技術を結集した製品です。

Helixシリーズには、以下の3つのバリエーションがあります。

① Helix Floor:
Helixシリーズのフラッグシップモデルで、パワフルなエンジンと豊富な機能を搭載しています。

ギタリストやベーシストに最高のサウンドエフェクトとアンプモデリングを提供します。

Helix LT:
Helix Floorと同様の高性能エンジンを備えた、より手頃な価格のスタンダードモデルです。

Helix LTは、プロのミュージシャンにもアクセスしやすい価格で、ツアーやスタジオでの使用に適しています。

LINE6 Helix LT

③ Helix Rack:
ラックマウントタイプのHelixモデルで、スタジオ環境やラックユニット内での使用に最適です。

Helix Rackは、エフェクトとアンプモデリングの高品質なサウンドを提供し、プロオーディオシステムに統合するのに便利です。

LINE6 Helix Rack

Helixシリーズの主な特徴と機能:

高品質なアンプモデリング:
Helixは、多くの有名なアンプとキャビネットのモデリングを内蔵しており、リアルなサウンドを再現できます。

豊富なエフェクト:
オーバードライブ、ディストーション、コンプレッサー、ディレイ、リバーブなど、多彩なエフェクトを内蔵しています。

ユーザーカスタマイズ:
ユーザーはエフェクトチェインを自由に編集し、自分のサウンドをカスタマイズできます。

タッチスクリーンディスプレイ:
Helixには直感的なタッチスクリーンディスプレイが備わっており、設定や編集が簡単に行えます。

MIDIコントロール:
MIDI対応により、他のミュージックギアと連携してコントロールできます。

USBオーディオインターフェース:
USB接続を介してコンピューターに接続し、録音やエフェクト処理に使用できます。

耐久性:
ライブパフォーマンスに耐えるための堅牢なデザインと耐久性のある構造を備えています。

LINE6 Helix Floorのバックパネル
LINE6 Helix Floor
LINE6 Helix LTのバックパネル
LINE6 Helix LT
LINE6 Helix Rackのバックパネル
LINE6 Helix Rack

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
メーカーサイト
 YouTube – LINE6 HELIX (動画)


HX STOMP

LINE6 HX STOMP

HX Stompは、LINE6のHelixシリーズから派生したコンパクトなエフェクトプロセッサーで、Helixと同様の高品質なアンプ、キャビネット、エフェクトサウンドを搭載しています。

コンパクトなデザイン:
HX Stompは、ポケットサイズのストンプボックスと同じくらいのコンパクトなサイズで、持ち運びが非常に便利です。ライブパフォーマンスやスタジオ作業に適しています。

多彩なサウンド:
HX Stompは、Helixシリーズのアンプ、キャビネット、エフェクトモデリングを備えており、300種類以上のサウンドから選択できます。

最大6つのエフェクトを同時に使用できます。

外部エクスプレッションペダル対応:
外部のエクスプレッションペダルを接続して、リアルタイムでエフェクトパラメーターを調整することができます。

これにより、演奏中にサウンドを変化させるのが容易です。

LINE6 HX Stompの出入力端子

エフェクトループ:
HX Stompにはエフェクトループが組み込まれており、お気に入りのエフェクターや外部処理装置を接続できます。

フレキシブルなサウンドの構築が可能です。

LINE6 HX Stompの出入力端子(右)

オーディオインターフェース:
USBポートを備えており、コンピューターと接続して録音やエフェクト処理に使用できます。

これにより、ホームレコーディングやプロジェクトスタジオでの作業が簡単に行えます。

MIDI対応:
MIDIコントロールに対応しており、他のMIDI対応機器と連携して制御できます。

ライブパフォーマンスやスタジオセッションでの柔軟な操作が可能です。

LINE6 HX Stompの出入力端子(左)


HX Stompのフットスイッチ数を大幅に拡張した HX Stomp XLが発売されました。

✅HX Stomp XL:

LINE6 HX Stomp XL

LINE6 HX Stomp XLの出入力端子

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

メーカーサイト
 YouTube | LINE 6 HX STOMP (動画)


HX Effects

LINE6 HX Effects

HX Effectsは、LINE6のフラッグシップモデルHelixに搭載の100種類以上のエフェクトに加え、Line 6 Mシリーズ及びストンプボックス・モデラー・ペダルに含まれる定番のエフェクトも搭載した、ペダルボードに簡単にフィットするコンパクトなマルチエフェクト・ペダル。

多彩なエフェクト:
HX Effectsには100種類以上のエフェクトが内蔵されており、Helixシリーズのサウンドエンジンから派生しています。

さらに、Line 6 Mシリーズやストンプボックスモデラーのエフェクトも含まれており、幅広いサウンドを実現できます。

※HX Effectsには、アンプモデルは搭載されていません。

コンパクトなデザイン:
ペダルボードに簡単に組み込むことができるコンパクトなサイズを持っています。

同時使用可能なエフェクト:
最大9種類のエフェクトを同時に使用できます。

これにより、複雑なサウンドの構築が可能です。

外部エクスプレッションペダル対応:
外部のエクスプレッションペダルを接続して、エフェクトパラメーターをリアルタイムで調整できます。

演奏中にサウンドの表現を変化させるのが容易です。

LINE6 LINE6 HX Effects 入出力

エフェクトループ:
HX Effectsにはエフェクトループが搭載されており、外部エフェクトやプロセッサーを接続できます。

サウンドの拡張が可能です。

MIDI対応:
MIDIコントロールに対応しており、他のMIDI対応機器と連携して制御できます。

ライブパフォーマンスでの柔軟な操作が可能です。

 

ショップで検索

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ

メーカーサイト
 YouTube | LINE 6 HX Effects (動画)


HX ONE

LINE6 HX ONE

HX Oneはどんなペダルボードにも組み込めるコンパクトな筐体のステレオ・マルチエフェクターです。

コンパクトエフェクターのような直感的なコントロールに、HXファミリープロセッサーから受け継いだ250種類以上のエフェクトを内蔵し、独自のFluxコントローラー、エクスプレッションペダルもしくは2つのフットスイッチを接続できるEXPペダル端子やMIDI端子を搭載しています。

※HX ONEには、アンプモデルは搭載されていません。

LINE6 HX ONEの入出力

ウルトラコンパクト設計
HX Oneは非常にコンパクトな設計なので、どんなペダルボードにも設置できます。

LINE6 HX ONEはウルトラコンパクト設計

直感的な操作が可能なOLEDディスプレイ
エフェクトの選択はシンプルです。

HOMEボタンを押すと、選択されているエフェクトと3つの主要なパラメータがホーム・ビュー内のOLEDディスプレイに表示されます。

この他、プリセットのセーブ・ロード、コントローラーの設定やデバイス・セッティングなどそれぞれの画面に切り替えられます。

Fluxコントローラー
Fluxコントローラーはフットスイッチを押すことで、複数のエフェクト・パラメータを同時に、予め設定した時間内で変化させられる機能です。

タップテンポにも対応しています。

調節可能なインプットインピーダンス
ペダルのインプットインピーダンスは、接続した楽器のピックアップからの信号の抵抗値で決まり、トーンとフィーリングの双方に大きく影響します。

HX Oneはインプット・インピーダンスが調節可能なので、様々なタイプのピックアップに対応できます。

外部コントロール
エクスプレッションペダル(TSケーブルを使用)を接続すると自動的に適切なパラメータにアサインされます。

また最大2つのフットスイッチ(TRSコネクター搭載のもの)も接続できます。

LINE6 HX ONEのサイドパネルにはエクスプレッションペダル入力を搭載

MIDI機能
HX OneはMIDI INとOUT/THRU端子を備え、プログラム・チェンジ、コントロール・チェンジをはじめ様々なMIDIメッセージを外部機器から受信できます。

LINE6 HX ONEのサイドパネルにはMIDI端子を搭載

バイパスオプション
トゥルーバイパスとバッファードDSPバイパスを選択できます。

トゥルーバイパスはAD/DA変換を行わず、インプットシグナルを直接アウトプットにルーティングすることができます。

USB
USB-Cポートを使ってHX Oneをコンピュータと接続することで、ファームウェアのアップデートや、無償のHX OneライブラリアンAppを使って本体メモリに入っている128プリセットをバックアップおよびリストアができます。

DCパワー
HX Oneは同梱の9V電源のほか、一般的なサードパーティーのエフェクトペダル用電源が使用できるので、ペダルボードへの組み込みが簡単です。

 

ショップで検索

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る
イシバシ楽器ロゴ イシバシ楽器で見る

posted with カエレバ
 YouTube | LINE 6 HX ONE (動画)

Line 6 HX One: 250 Onboard Effects, Limitless Shades of HX Potential:

マルチエフェクター

Posted by エフェクター大全集