CATALINBREAD RAH

ジミーペイジのサウンドを再現するCatalinbread RAH

オーバードライブ,ファズ,ジミーペイジ,CATALINBREAD

レッド・ツェッペリン/ジミーペイジの1970年のROYAL ALBERT HALLでのライブサウンドを再現するペダルCatalinbread RAHが素晴らしすぎます。

CATALINBREAD RAH


Catalinbread RAHとは

CatalinbreadのRAHとはROYAL ALBERT HALLの略で、ROYAL ALBERT HALLとはイギリスのヴィクトリア女王の夫であるアルバート公に捧げられた劇場のこと。

そのROYAL ALBERT HALLで1970年に行われたLed Zeppelin/ジミー・ペイジのギターサウンドを再現したペダルですね。

デモ動画を見てみましょう。

Catalinbread RAH: Led Zeppelin Since I’ve Been Loving You:

Catalinbread RAH: Led Zeppelin We’re Gonna Groove:

うまい人が良い機材を使えば凄いサウンドが出るのは当たり前ですが、音もさることながらジミーペイジのリフはかっこ良すぎでしょ😍

 

1970年当時のジミー・ペイジの機材

ジミー・ペイジといえば1960年代後半はテレキャスターにスプロアンプ+トーンベンダー(ファズ/トレブルブースター)。

1970年代に入るとレスポールにマーシャルアンプ+トーンベンダー(ファズ/トレブルブースター)が有名ですが、Royal Albert Hallでは強く歪むよう改造されたHIWATTアンプとマーシャルキャビネット(+トーンベンダーもかな?)を使用とのことで、このRAHはそんなサウンドがペダル1つで出せるように開発されたエフェクターです。

 

RAHのサウンドは以下の動画が参考になると思います。

Catalinbread RAH: into an AC30:

VOXのクリーンからでも一瞬でジミーペイジ風のサウンドになるのには驚きますね。

▼このペダルの元になったLed Zeppelin Royal Albert Hall(1970年)の動画はこちらから。

 Led Zeppelin Royal Albert Hall – YouTube

フロアにはワウ以外見当たりませんが、音を聴いた感じではおそらくトーンベンダーはONにしてる感じですね(歪みはギターのボリュームでコントロール)。

1976年の『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ The Song Remains the Same(1976年)』になるとファズの歪みというよりはアンプ+ブースター(テープエコー)の歪みに変わります。

 

まとめ

ジミー・ペイジのサウンドを再現するには適度に歪むチューブアンプはもちろんファズを用意する必要がありますが、RAH1台あればクリーンなアンプからでもジミー・ペイジのようなサウンドが再現できるのですから言うことありませんね。

 

お値段はそれなりにしますが、ジミー・ペイジ・ファンだけでなく、60年代後半から70年代のファズライクなサウンドが好きな方にはおすすめだと思います👍

 

 

Catalinbread RAHはこちらで購入できます

CATALINBREAD RAH

 

サウンドハウスで見る サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

Catalinbread RAH – YouTube(動画)

おすすめ記事

2012年10月25日歪み系

Posted by Tsune