Cornell-Romany Plusが修理から戻ってきたので久しぶりに音出し

Cornell-Romany Plusが修理から戻ってきたので久しぶりに音出し

Cornell-Romany Plus,クラスA,シングルエンド

一年ほど前に壊れて、使っていなかったCornell-Romany Plus/コーネル・ロマニー・プラスが修理から戻ってきました。久しぶりに音を出した感想はやはり良い。

Cornell-Romany Plusが修理から戻ってきたので久しぶりに音出し


Cornell-Romany Plusはフェンダー系のキラキラした音が素晴らしい

Cornell-Romany Plusとは英国のアンプメーカーで、デザイナーはデニス・コーネル氏。

アンプは英国製ですが、見た目でもわかるようにRomany Plusはフェンダー系のアンプです。

デニス・コーネル氏とコーネルアンプの詳細はこちらから。

  1. デニスコーネル・インタビュー 1
  2. デニスコーネル・インタビュー 2
  3. デニスコーネル・インタビュー 3

修理内容は、パワーリダクション・スイッチ(アッテネーター)の破損/交換。

Romany PlusのポットはAlpha社製の耐久性のあるものを使っているのですが、出力を下げるパワーリダクション・スイッチと、EQカットのスイッチだけはプラスチック製の柔いものを使っているようで、アンプに座って弾いた際に、体重をかけてしまい壊してしまったのです😭

Romany PlusのポットはAlpha社製

Cornell-Romany Plusのパワーリダクション・スイッチと、EQカットスイッチ1

Cornell-Romany Plusのパワーリダクション・スイッチと、EQカットスイッチ2

久しぶりにCornell-Romany Plus使ってみた感想ですが、柔らかくて艷やかで奥行きのある音にビックリ!!こんなに良い音だったかな??

試しにスピーカーを同じものにして、他のアンプと弾き比べてみましたが、音の柔らかさや、奥行き、ピッキングに対する忠実度がまるで違う・・・・これがクラスAの実力か??

私には全く当てはまりませんが、こういうところが良いチューブアンプを使うとピッキングが上達するという言われなんでしょうね。


コーネル・ロマニー・プラスはとても良いアンプです!

10インチスピーカー搭載のRomany 、12インチスピーカー+リバーブ搭載のRomany PlusはそれぞれRomany 10Romany 12に名称変更されました。

Cornell-Romany の記事一覧


QR Code | チューブアンプ図鑑

2011年4月13日レビュー,小型チューブアンプ

Posted by Tsune