円安で弦の値段が爆上りしてた~2011年当時の弦の安さにびっくり

円安で弦の値段が爆上りしてた~2011年当時の弦の安さにびっくり

,ポット

久しぶりに弦を買おうとしたら円安の影響なのか?弦がめっちゃ高くなっていました。

アーニーボール・スーパースリンキー弦


2011年と比べ弦の値段が倍に

最近はアーニーボールをずっと使っていて、サウンドハウスさんで600円位で買えていたと思うのですが800円に上がっていました。

 

サウンドハウスで見る

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

弦はサウンドハウスさんか、Amazonさん、ポイントが貯まっていれば楽天さんで買うのがほとんどなのですが、なるべく安いのを検索したらダダリオのセットがAmazonにあったのでまとめ買い。

ダダリオEXL120、10セットパック

で、他にも090-046とか、010-046を買いたかったので探したら今度はサウンドハウスに安いセットがあったのでそちらで購入。

アーニーボール・レギュラースリンキー&ダダリオEXL110

※Amazonさんは月額500円のAmazonプライム会員なので送料無料、サウンドハウスさんは2000円以上で送料無料になります。

貧乏人はこうして時間をかけて買うのです_| ̄|○

 

で、久しぶりに我がブログを眺めていると、2011年当時の弦の値段が書いてあったので見てみるとびっくり!弦、めっちゃ安い!!

2011年当時の弦の値段(サウンドハウス)
エレキギター弦おすすめランキング!音、弾き心地、値段で比較してみた。ナンバーワンはこれ! 

2022年10月現在、アーニーボールのスーパースリンキーは同じサウンドハウスさんでみると800円ですが、2011年当時は400円!ダダリオに至っては380円(°д°;;)。

 

2011年というと民主党政権時で1ドル80円台の時代でしたよね??

円ドル相場推移
USドル_円の為替レートの推移(1980~2022年) – 世界経済のネタ帳より

今は1ドル150円台とかなので、倍の値段になっていても不思議ではないか。。。。

 

円安になると海外から見れば日本の製品が安くなり売りやすいので日本経済にとっては良いことのようですが、ギターなど主に米国の製品を買いたいユーザーにとってはなかなかの打撃です_| ̄|○。

ま、景気が良くなり皆の給料が上がれば買えるんですけど、そろそろ落ち着いて欲しいなぁ。

 


で、弦を買うついでに、最近購入したDuo-Sonicと、フライングVのミニギターの改造用にと、CTSのポットをサウンドハウスさんで購入。

CTSのポット250kΩと500kΩ

Duo-Sonicはトルクが軽い方が良いのでへそ付きのヴィンテージタイプ、フライングVはポットが密集していて、軽いと触ってすぐに動いてしまうのでへそなしでトルク重めのをチョイス。

配線材は在庫があるので近いうちに交換しますp(^^)q

 

関連リンク

日記/コラム

Posted by Tsune