レスポールのリフィニッシュ完了!

2012年12月27日ギター, ギターパーツギター改造ネット, レスポール, 塗装

クラック入りまくりの我がGibson LesPaul Reissue(1988年製)の再塗装がついに終了!記念にパチリ📷

Gibson LesPaul Reissue(1988年製)


Gibson LesPaul Reissue(1988年製)の再塗装が終了

リフィニッシュに出していたレスポールが戻って来ました😊

Gibson LesPaul Reissue(1988年製)の再塗装完了

この汚いギターをよくもまぁここまで蘇らせてくれましたという感じ。

ラッカー特有のしっとりとした質感が素晴らしいGibson LesPaul Reissue(1988年製)

リフィニッシュしたGibson LesPaul Reissue(1988年製)1

色も指定通りに、綺麗に仕上げてくれました。特にアコースティックギターのようなバック/サイドの塗装が気に入りました。ネックの感触もしっとりと手に馴染み素晴らしい出来だと思います。

リフィニッシュしたGibson LesPaul Reissue(1988年製)ネック裏

やはりプロは違いますね👍

ペグはコンバージョン・ブッシングを使ってロトマチックからクルーソンに交換し、LesPaul Modelのデカールはもちろん、(無くなるのを覚悟していた)ネック裏のシリアルもしっかりと貼っていただきました。

リフィニッシュしたGibson LesPaul Reissue(1988年製)ヘッド

ちょっとフォントが違いますけどね。
リフィニッシュしたGibson LesPaul Reissue(1988年製)ヘッド裏

ちなみに前のペグはこれ。

Gibson LesPaul Reissue(1988年製)のペグはロトマチックを採用

ロトマチックペグとクルーソンペグでは取り付け穴の径が違うので通常は取り付けできないのですが、コンバージョンブッシングを使えば交換可能です。

ロトマチックをクルーソンタイプのペグに交換できるコンバージョンブッシング

正直、レスポールはあまり弾いていなかったのですが、見た目が気に入ったので今まで以上に弾く回数も増えるかと思います。


今回お願いしたショップは、群馬県で個人でやられているエム・プレッドというショップ。

理由は、料金がお手頃だったというのと、ブログを見て非常に良さそうだったから。

ギターセミオーダー製作、エイジド加工、オリジナルギターパーツ販売の有限会社エム・プレッド

また何かありましたらよろしくお願いしまーす。

リフィニッシュしたGibson LesPaul Reissue(1988年製)2

ちなみに前のカラーはこんな感じ。これはこれで素晴らしいのですがよく見るとひどいのでリフィニッシュは正解👍

Gibson LesPaul Reissue(1988年製)再塗装前の写真1

ピカピカのラッカー塗装ですが、今後どのように経年変化していくのか非常に楽しみです。

はじめから読む

レスポールのリフィニッシュは終わりましたが本番はこれから!

綺麗になったGibson LesPaul Reissue(1988年製)をさらにヴィンテージの1959年製のバーストレスポールに近づけるべく色々やっていますのでよろしければ。

続きはこちら